[CML 027123] 【報告】第912日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2013年 10月 18日 (金) 07:36:33 JST


青柳行信です。10月18日。

明日、■ 11.10九州沖縄集会 情宣の統一行動■
 10月19日(日)17時から18時 
  福岡市天神コア前で街頭情宣とチラシ配布。
    呼びかけ:「さよなら原発!福岡」

【転送・転載大歓迎】
     ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第912日目報告☆
        呼びかけ人賛同者10月17日迄3033名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月17日4名。
  黒木淑子 橋本あき 野中宏樹 匿名者1名
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
先日来の皆様のメールで、私がずーーと知りたかったことが
判りました。 水素 トリチウム(三重水素)がなぜ最近になって
増え続けているのかということです。
溶けた核燃料が コンクリートと化学反応を起こしているのだそうです。
危険な状況をはらんでいますね。
あんくるトム工房
水素の発生   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2673

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆エネルギー基本計画分科会 原発維持へ衣替えする
     (左門 10・18−448)
※18日、朝日新聞。この分科会会長は、新日鉄住金相談役。
豊田正和・新日本エネルギー経済研究所理事長は、
「一定の規模を維持するための原発の新増設が可能となるメッセージを、
今回の基本計画に明確に盛り込んでいただきたい」と念を押す。
たまたま、入力ミスしたら「未来終末」が出てきた。
彼らには、小泉氏のまともな考えも「耄碌」なのだろう。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝はさらに気温が下がっています、20℃を切っています。
昨日、米国の放射性物質漏れ事故を起こして廃炉に絡んで、その事故の原因と
なった日本のメーカーに対して4000億円の要求をされている、という報道があり
ます、重大事故にならなくてもこの始末、それでも原発輸出をするるめる政府や
メーカー、とんでもないです。

さて、今朝も福島第一事故現場を伝える記事から始めます。
先ほどの最新記事から
1.「井戸から40万ベクレル 福島第一原発、前日比1万倍」朝日デジタル10
月18日3時8分
http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201310180001.html?ref=com_top6_1st
記事「・・・・福島第一原発で8月に発覚した高濃度汚染水が300トンがタン
クから漏れた事故で、東電は18日、そのタンクから10〜20メートル北に
掘った観測井戸で、17日に採取した水から放射性ストロンチウムなどベータ線
を出す物質が1リットルあたり40万ベクレル検出されたと発表した。前日の
16日午前の採取では同61ベクレルで、1万倍近くに急上昇しており、これま
でで最高という・・・・・・・・・」
1’.「排水溝からは3万4千ベクレル 福島第一、台風の影響か」朝日デジタ
ル10月18日3時8分
http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201310180002.html
記事「東京電力は18日、福島第一原発の敷地内を通る排水溝の水から、放射性
ストロンチウムなどベータ線を出す物質が2万8千〜3万4千ベクレル検出され
たと発表した。排水溝ではこれまでで最高値。台風26号の大雨で地表の放射性
物質が流れ込んだことや、8月に発覚した300トンの高濃度汚染水漏れなど過
去の汚染水漏れの影響などもあるとみられる。・・・・・・・・・・」
昨夜までの記事、
2.「汚染地下水あふれる=タンクから、海に流出なし−福島第1」時事通信
10/1713:08
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013101700247
記事「東京電力は17日、福島第1原発2号機タービン建屋海側にある仮設タン
クから、放射性物質に汚染された地下水があふれたと発表した。あふれた水はタ
ンクを囲むせき内にとどまっており、海や周辺土壌への流出はないとい
う。・・・・・1、2号機の護岸近くでは、汚染地下水の海への流出を防ぐため
地下水をくみ上げている。くみ上げられた地下水は仮設タンクで土砂などを取り
除き、ポンプで別のタンクに移してから2号機タービン建屋に移送している。こ
のポンプが止まったため水があふれたといい、東電が原因を調べている。」
2’.「漏電で発電機が停止=汚染地下水のタンク−福島第1」時事通信10/1720:30
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013101700907
記事「・・・・・・・・地下水が仮設タンクからあふれた問題で、東電は17
日、タンクから水を送り出すポンプに電源を供給するディーゼル発電機が停止し
たことが原因と発表した。同じ発電機につないでいた予備ポンプの漏電を検知
し、自動的に送電が止まったという。」
3.「海寄り側溝で1400ベクレル=台風が影響、過去最高値−福島第1」時
事通信10/1712:44
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013101700228
記事「東京電力は17日、福島第1原発の海に近い側溝で16日に採取した水か
ら、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質を1リットル当たり1400
ベクレル検出したと発表した。水を採取したのは海から約300メートルの地点
で、この地点の測定値としては最も高い。側溝を流れた水が海に流出した可能性
もあるという。同じ地点で前日に採取した水の測定値は同19ベクレルだった。
東電は地中に染み込んでいた放射性物質が台風26号の大雨によって側溝に流れ
込んだとみている。」
・・・・・・地中に染み込んでいたものが・・・・事故現場はとんでもない汚染
地帯。
4.「大雨対策 吹き飛ぶ 福島第一 台風でまたも危機」東京新聞(2013年10
月17日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013101702100004.html
記事「台風26号が接近した東京電力福島第一原発では十六日、これまでの大雨
を踏まえて準備した対策が機能せず、またもぎりぎりの対応を迫られた。事前に
定めた排水手順も守れず、現状の設備の限界がはっきりし、追加の対策が急がれ
ている。・・・・・・・・・」
・・・・・・以下、台風当日の実態を伝えています。 

被災地からは、
5.「(福島)県や首長ら不満の声 第一原発せきの雨水排出」福島民報10/17
11:30
http://www.minpo.jp/news/detail/2013101711551
記事「台風26号による降雨で東京電力が福島第一原発の地上タンク群に設けた
せきの雨水を緊急措置で排水したことについて、県や原発立地町長らからは確実
な管理対策を求める意見や、不満の声が上がった。・・・・・・・『海への排出
は納得できない』・・・・・」
・・・・・・声を伝えています。

その東電、昨日も類似記事がありましたが、
6.「東電賠償 競争入札や不動産売却 努力不足」東京新聞10月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013101702100003.html
記事「・・・・・・・また、完全子会社の『テプコインターナショナル』が海外
投資の配当で得た二億ドル(二百億円)の利益をはじめとした、多額の資金を内
部留保として蓄積しており、この資金を生かす必要があると指摘した。」
・・・・・・・いろんなところに隠し財産があるようです。
そして、支払いを渋る、
7.「東電賠償金、請求から支払いまで1年超が120件」福島民友((10/17 10:10)
http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news10.html
記事「会計検査院が16日公表した東京電力の検査では、被災者が損害賠償を請
求してから賠償金が支払われるまでに1年以上かかった請求が、2011(平成
23)年4月から今年3月末までに120件あったことが分かった。総額は3億
4000万円に上り、最長では497日もの期間を要していた。検査院は審査期
間が長期化した場合、被災者の経済的負担が増える可能性があるとして東電に改
善を求めた。・・・・・賠償請求では、請求内容の誤りの訂正や賠償請求の裏付
けなどに一定の時間を要しているが、一部被災者から賠償金の支払いが遅れる
ケースが指摘されていた。・・・・検査院によると、損害賠償の請求から支払い
までの平均日数は35・1日で、避難や帰宅費用や一時立ち入り費用などの賠
償では支払いまでの平均が40日を超えていた。」
・・・・・・・とんでもない。

国会周辺の動き、
8.「安倍首相『汚染水、安易に放出せず』=原発再稼働、安全最優先−衆院本
会議 」時事通信10/1720:48
記事全文「安倍晋三首相は17日午後、衆院本会議での代表質問で、東京電力福
島第1原発の汚染水漏れについて『トラブルが続いていることは大変遺憾だ』と
指摘するとともに『汚染水の増加防止、汚染源の除去、タンク増設による汚染水
管理などの手当てを講じ、海への安易な放出は行わない』と述べ、対策に万全を
期する考えを強調した。共産党の志位和夫委員長への答弁。・・・・首相はま
た、原発再稼働について『安全が最優先だ。世界で最も厳しい規制基準を満たさ
ない限り再稼働はない』と言明。みんなの党の渡辺喜美代表は、小泉純一郎元首
相の発言に触れて『脱原発』の推進を求めたが、首相は『国民生活や経済活動に
支障がないよう、安定供給やコスト低減の観点も含め、国として責任あるエネ
ルギー政策を構築する』と否定的な見解を示した。・・・・渡辺氏は東電の破綻
処理も求めたが、首相は関係企業との取引債権の支払いや電力供給が滞る危険性
を指摘、『民間企業として損害賠償、廃炉、汚染水対策、電力安定供給を確実に
実施すべきだ』と述べ、応じなかった。」
・・・・・「安易に放出しない」?言い換えれば、「やむなく放出もありうる」
ということ。
9.「『廃炉機構』設置を提言へ=民主 」時事通信10/1721:15
記事全文「民主党の東京電力福島第1原発対策本部(本部長・大畠章宏幹事長)
は17日の会合で、原発の汚染水対策や廃炉に専門的に当たる新組織『廃炉機
構』(仮称)の設置を政府に提言する方針を決めた。機構は国と東電が共同で出
資し、福島第1以外の原発の廃炉も担う。」
10.「脱原発、小泉氏との連携期待=志位氏 」時事通信10/1718:06
記事全文「共産党の志位和夫委員長は17日の記者会見で、小泉純一郎元首相が
原発ゼロを主張していることについて、『理が通っている。私たちとも接点はあ
る。原発ゼロの一点でどんな立場の人とも大いに協力を図っていく』と述べ、脱
原発に絞っての連携に期待を示した。」

韓国からも指摘され続ける、
11.「汚染水漏れ防止の抜本対策を=日本水産物規制問題−韓国外務省」時事
通信10/1720:17
記事全文「【ソウル時事】韓国外務省報道官は17日の定例記者会見で、日本政
府が世界貿易機関(WTO)の委員会で、東京電力福島第1原発の汚染水漏れを
理由とした韓国の日本産水産物の輸入禁止措置撤回を求めたことについて、
『(韓国は同委で)食品安全と関連した十分な情報公開と、汚染水漏れがこれ以
上発生しないよう根本的な対策を実施することが重要だと強調した』と説明した。」
・・・・正論の一方で、この国、原発大国でなおかつ事故多発、自国内への飛び
火を警戒の意味合いも強いか?

被災地フクシマ、
12.「17日の県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の放射線量測定
値・観光地での放射線モニタリング調査結果・放射性物質の検査結果(農業生産
物等)」福島民報10月18日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:毎日同じURLで紙面が更新されます。
13.「原発事故関連死 遺族、来月にも東電提訴 避難中不明女性に「失踪宣
告」 双葉病院賠償訴訟」福島民報10/17 11:11
記事全文「東京電力福島第一原発事故に伴い、双葉病院からの避難途中に行方不
明になった認知症の女性=当時(88)=に対し、家裁相馬支部は16日までに
失踪宣告をして、民法上、女性は死亡扱いとなった。女性の遺族は『死亡は原発
事故と因果関係がある』として、11月中にも東電を相手取り約3300万円の
損害賠償を求めて東京地裁に提訴する。同病院からの避難をめぐる提訴は7件
目。女性の遺族は昨年11月、同家裁に失踪宣告を申し立てていた。申立書によ
ると、女性は一昨年3月14日午後を最後に行方不明になり、同月15、16の
両日に自衛隊が捜索しても発見できず、1年以上が経過したとしている。同家裁
は、女性は重度の認知症で原発事故により全住民が避難した地域を徘徊(はい
かい)した結果、死亡したとするのが相当と認定した。」
14.「がんリスク測定時期尚早 国際研究機関部長が講演(」福島民報10/17 11:30
http://www.minpo.jp/news/detail/2013101711549
記事「・・・・・・・シュッツ氏は放射線と甲状腺がんとの関係について『放射
線ががんのリスク要因であることは確立されている』と述べた。一方で『(東京
電力福島第一原発)事故後2年半の現在、事故と関連したがんのリスクを測定す
るには時期尚早』とした。 ・・・・・チェルノブイリと福島の原発事故による
甲状腺がんのリスク評価を行う際、『実際に拡散した放射性物質の量に基づいて
行うべき』と述べた。・・・・・・・・・」
15.「避難区域の小高で寺院全焼 住職ら避難中で留守」福島民友(10/17
09:25)
http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news3.html
記事「・・・・・同寺は100年以上の歴史を持ち、夏は盆踊りなどでにぎわう
など交流の場だった。・・・・同寺の檀家(だんか)で、自宅に一時帰宅してい
た女性(72)は『炎を見て駆け付けた。震災前は毎年お参りに行っていた場
所。残念でならない』と話した。」
・・・・・・・・住職ら避難中で留守・・・大事な資産が消失、原発事故さえな
ければ・・・。

規制委、
16.「高浜原発を現地調査=規制委、津波対策など確認−福井」時事通信
10/1719:12
記事全文「原子力規制委員会は17日、再稼働の前提となる安全審査が行われて
いる関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)を現地調査し、津波対策など
を確認した。18日は、敷地内の破砕帯(断層)調査現場などを視察する。」

原発立地自治体、
17.「愛媛県が伊方原発視察 事故時の対応確認」共同通信 (2013年10月17日)
http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/10/post-8465.html
記事「四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の安全性を審議する愛媛県の専門部会
の委員が17日、四国電が早期再稼働を目指す3号機を視察した。再稼働要件を
厳しくした新規制基準の施行後では初めてとなる。この日は、専門部会を構成す
る学識者8人・・・・・」

原発関連施設、
18.「来年4月にも原型炉材料開発試験」東奥日報10月17日
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2013/20131018000934.asp
記事「日本原子力研究開発機構は17日、国際熱核融合実験炉(ITER)の関連研究
で、液体金属『リチウム鉛』を使った、核融合原型炉の新たな材料開発試験を六
ケ所村にある国際核融合エネルギー研究センターで2014年4月にも開始すること
を明らかにした。・・・」
・・・・・・以下、会員限定記事。

海外、
19.「三菱重に4000億円請求=国際仲裁申し立て−原発事故で米電力」時
事通信10/1710:31
記事全文「【ニューヨーク時事】放射性物質漏れ事故を起こして廃炉となった米
カリフォルニア州の原子力発電所をめぐり、この原発を所有する電力大手サザ
ン・カリフォルニア・エジソン社(SCE)は16日、事故の原因となった蒸気
発生器の製造元の三菱重工業に対し、40億ドル(約4000億円)の損害賠償
を求めて国際商業会議所(ICC)の国際仲裁裁判所に仲裁を申し立て
た。・・・・・・契約上の三菱重の賠償限度額は1億3700万ドルだが、
SCEは、三菱重が速やかな修理を怠るなどの契約違反を犯したとして全損害の
賠償を請求する。原発事故の責任を設備メーカーに対して無制限に求めるのは異
例。三菱重は契約上の義務は果たしたとして争う構えだ。」

九州、
昨日、他紙でもあった記事、
20.「原発再稼働の審査資料 12月の完了目指す」佐賀新聞10月17日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2566095.article.html
記事「原発再稼働に向け、新規制基準への適合性審査を申請している九州電力な
ど電力4社は16日、審査資料提出のスケジュールを公表した。九電は玄海3、
4号機(東松浦郡玄海町)と川内1、2号機(鹿児島県)のうち、川内が先行す
る見込みで、12月中旬までの完了を目指す。・・・・・九電の中村明上席執行
役員は『川内を優先するというよりも、玄海もほぼ同じように進めていくつもり
だ。できるだけ前倒ししたい』と述べた。」

今届いた西日本新聞では、
2面下方に小さく、
21.「韓国水産物禁輸 WTOで『懸念』表明 日本政府」
13面経済欄、
22.「のり面で太陽光発電 佐賀県が全国初、事業者を募集」10月18日 03時
00分 更新
http://qbiz.jp/article/25522/1/ (有料設定)
記事「佐賀県は、県が管理する有明海沿岸道路ののり面を太陽光発電に取り組む
事業者に無償で貸し出す。4月の道路法施行令改正で、道路管理者が許可すれば
民間事業者も道路やのり面で発電できるようになったことから、敷地を有効活用
する。県によると、こうした取り組みは都道府県では全国初という。・・・・の
り面は除草で年間400万円の維持管理費がかかるが、事業者に管理してもらう
ことでコストが削減される。古川康知事は『再生可能エネルギーを推進しなが
ら、維持管理費を減らせる』と期待している。・・・・・・・」
・・・・・・・・佐賀県知事はソーラー発電に御執心の様子。
31面福岡ワイド面、
23.「原発訓練24日実施 福岡市」
・・・・・・市西部に到達したと想定し住民役00人が参加するそうです。
今朝も紙面はこれだけです。

★ 木村(雅)さんから:
 「再稼働より汚染水対策!」10・23規制委員会前抗議行動
日時:10月23日(水)12時〜13時
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
(http://www.nsr.go.jp/nra/map.html)
 港区六本木1丁目9番9号 TEL:03-3581-3352(規制庁)
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分、日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
主催:再稼働阻止全国ネットワーク  協力:原子力規制を監視する市民の会
問合せ:再稼働阻止全国ネットワーク070-6650-5549

東電福島原発事故の状況は「コントロール」されていない、拡大している
 2011年3月11日以降、東電福島第一原発事故は収束したこともコント
ロールできたこともない。大量の汚染水流出問題はレベル3の非常事態となり、
事故は「レベル7+3」に拡大した。東電福島第一原発は、核燃料の状態も分か
らず、高濃度汚染され、労働者に高い被曝を強いて使い捨てにしており、全体の
リスクの説明も明らかにされず、廃炉への道筋が全く見えていない。

汚染水は港湾内に「ブロック」されていない
 放射能汚染水は海洋に垂れ流し状態であることは、海洋の放射能測定や魚介類
の調査で明らかである。港湾内にブロックされていない。毎日次々に明らかにさ
れる報道は、海に流れ込む大量の高濃度汚染水=毒の水が、東日本の漁民を恐怖
に陥れているのみならず、全地球的問題として海外メディアも注視している。一
刻の猶予もならない現在の日本の最大問題なのだ。

電力会社は再稼働ラッシュ
 このような状況下、各電力会社は新規制基準施行直後から原発12基を再稼働
申請した。福島原発事故の責任を負う東電は、国から事故収束のために多額の支
援を受けながら、一方で無責任にも柏崎刈羽原発2基の再稼働申請をした。今す
ぐにでも東電は破綻させるべきだ。

規制委は汚染水問題に責任を負え!安倍の大ウソへの加担を許さない!
 規制委は、以上の東電福島原発事故の状況を一年間放置し、汚染水の海洋投棄
を容認し、安倍「嘘」発言を誘発・容認してきた。今も「環境に有意な影響があ
るような汚染はまだ生じていない」と、大海の希釈と海洋食物連鎖を無視した非
科学的な説明によって、民衆を騙そうとしている。

規制委は再稼働適合審査を中止して、汚染水対策・廃炉に注力せよ!
 汚染水問題が非常事態となっている今も、規制委はその対策よりも再稼動推進
のために適合審査を優先し、毎週3回も審査会合を開催し、電力会社の尻叩きさ
えしている。
事故が拡大している中で何が再稼働審査だ! 
事故が拡大している中で何が原子力総合防災訓練だ! 
今はそのすべての人員とエネルギーを汚染水対策と事故収束に向けるべきだ! 
現場にはりつくべきだ!
再稼動に向けた現地調査に行かずに、フクチの現場にはりつくべきだ!

★ 中田 さんから:
泉田知事「再稼働する可能性はゼロ」「日本の民主主義の熟成度が試される」
( 脱原発の日のブログ)  
   <本音を語る。(BS朝日)=放送された内容が( 脱原発の日のブログ)さ
んで、まとめられ紹介されています。
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11636226190.html
 【結論】 全く、再稼働に値するような、状況にはなっていない。 番組中で
は、前福島県佐藤栄佐久知事のように、 泉田知事が「消される」可能性につい
ても言及された。 【結論の、結論】 今回の、柏崎刈羽の再稼働問題は、 「日
本の民主主義の熟成度が試される」 これが、泉田知事の、結論である。 写真:
「現在の基準、体制では、住民の命は守れない」.
https://fbcdn-sphotos-e-a.akamaihd.net/hphotos-ak-prn2/1375044_532696520157291_305460864_n.jpg


★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
メールサービス 2013年10月17日 第388号
--------------
反原発行動
--------------
★全国原発関連デモ開催情報
http://www47.atwiki.jp/demomatome/

■定例金曜日「大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」18:00〜20:00
1018 再稼働反対!首相官邸前抗議!
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=3737

■定例金曜日「六本木規制庁前抗議行動」 19:00-20:00
10/18(金)規制庁前抗議
http://www.kiseikanshishimin.net/%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%
B7%E3%83%A7%E3%83%B3/#001

■「終焉に向かう原子力」第16回
福島原発事故いまだ収束せず全原発と再処理工場を即時廃止しよう
わたしたちとわたしたちの子孫のために
田中三彦氏、後藤政志氏、
2013年11月16日(土) 18:00〜21:30 (開場17:40)
場所: 横浜市開港記念会館
(JR関内駅、地下鉄関内駅、みなとみらい線日本大通り駅)
参加費: 1000円 (高校生以下無料) 先着順480名・予約不要
http://shuennimukau.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
-------
 署名
-------
■原発事故子ども・被災者支援法の幅広い適用と早期実施、賠償の時効問題の抜
本的な解決を求める請願署名
(直筆署名)一次集約10月末、二次集約11月末
http://www.foejapan.org/energy/action/130827.html

■福島第一原発汚染水漏洩・流出事故についての緊急国際署名
二次集約10/10(木)、三次集約10/31(木)
http://2011shinsai.info/node/4682

■子どもの緊急避難を求める署名のお願い
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/
----------------
原発関連情報
---------------
■「子ども・被災者支援法」基本方針の閣議決定、メディアはどう伝えたか?
政府説明をうのみにせずに、独自取材で報道した毎日新聞、東京新聞、NHK(一
部ニュース)
「避難の権利」ブログ(2013年10月17日 (木)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/nhk-122e.html

■被災者支援法 基本方針を閣議決定 「対象切り捨てやめて」
東京新聞(2013年10月11日 夕刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013101102000248.html

■「県民健康管理調査の闇」ダイジェスト
福島原発事故 県民健康管理調査の闇 (岩波新書) [新書] 日野 行介 (著)
とある原発の溶融貫通(メルトスルー) 10月9日
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7354877.html

■石原環境相:県立医大視察 県内甲状腺がん症例、「被ばく影響なし」全面支持
/福島 毎日新聞(2013年09月29日 地方版)
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20130929ddlk07040041000c.html

■「世間が汚染水問題に注目してる間に静かに着々と確実に物事を進めてるんだ
ね。:ハッピー氏」 晴耕雨読(10/6)
http://sun.ap.teacup.com/souun/12232.html

■【人生を徹底的に破壊される、あなたはその苦しみを想像することが出来ます
か?】
ダミール・サルゴジュ / ロイター通信 / アメリカNBCニュース 10月3日
星の金貨プロジェクト(2013年10月6日)
http://kobajun.chips.jp/?p=14251

■ヨウ素100万Bq/kgを超えていたフクシマ葉物野菜−311直後の放射能汚染実
態(院長の独り言10/1)
http://onodekita.sblo.jp/article/77087148.html

■「新○県知事、逮捕」 現職官僚・告発小説のリアル
田中龍作ジャーナル(2013年9月28日)
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/795.html

★ 木村幸雄 さんから:
 <ジュゴンの生きる辺野古の海>
突然ですが、Change.orgをご存知ですか?
Change.orgは「変えたい」気持ちを形にする、ソーシャルプラットフォームです。
先ほど、 「私たちの宝、ジュゴンの生きる辺野古の海の埋め立てを承認しない
でください」というキャンペーンに署名しました。
一緒にこのキャンペーンを応援していただけますか?
以下のキャンペーンのリンクからネット上で署名ができる仕組みになっています。
http://www.change.org/ja/キャンペーン/私たちの宝-ジュゴンの生きる辺野古
の海の埋め立てを承認しないでください?share_id=nYfewOEQRW&
utm_campaign=signature_receipt&utm_medium=email&utm_source=share_petition

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 11.10九州沖縄集会 宣伝の統一行動  集会やあらゆる機会に宣伝しま 
しょう。
「さよなら原発!福岡」として
 10月19日(日)17時から18時 天神コア前で街頭宣伝とチラシ配布。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
          事務局会議
日 時:10月22日(火)18:00〜
場 所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)会議室
 福岡市博多区博多駅前1-19-3 博多小松ビル2F
       TEL092-483-0431 
 地図: http://tinyurl.com/nyhy6go

■ 「さよなら原発!福岡」例会 10月30日(水)18時30分〜
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
       福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
        地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
11月10日(日) 舞鶴公園(福岡市中央区城内1)
10:00- ライブetc.
12:45- 本集会
15:00- デモ・パレード出発
    ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
呼びかけ個人・団体登録。メッセージ。賛同カンパ。Tシャツ注文。

● 原発労働者梅田裁判第8回口頭弁論 (301号大法廷)●
 12月18日(水)午後1時30分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1−1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会1:00〜   〇入廷行進1:15〜
    〇裁判開始1:30(口頭弁論)
   〇報告集会2:00 福岡市立中央市民センター ホール
  福岡市中央区赤坂2丁目5−8 tel092−714−5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第7回口頭弁論期日 12月20日(金)14:00 佐賀地裁
          午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
       原告総数 原告総数   6897名(10/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
aoyagi at tent-hiroba.jp
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



















CML メーリングリストの案内