[CML 027116] ドキメンタリー映画「いのちを楽しむ」ビデオプレス:名古屋シネマスコーレ 連日10.30に上映

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2013年 10月 17日 (木) 17:10:34 JST


M.nakata です
重複お許しください

松原明さんビデオ制作者
(「人らしく生きる」すばらしい国労物語の映画で、感動的な制作をされた制作者、
元国労の方。現在東京・ビデオプレス所属)
ホームページにて、映像などご紹介。名古屋でも9月に続き、上映あります。お薦めです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.inochiyoko.com/

あなたのところでも自主上映会を! 10月1日にDVD発売開始
 DVD販売・レンタル要項はこちらをご覧ください。 

10月26日(土)?11月1日(金)名古屋シネマスコーレ 連日10.30上映
11月19日(火)13.30/18.30 さいたま上映会 彩の国さいたま芸術劇場
10月26日(土)?11月1日(金)11月19日(火)13.30/18.30 さいたま上映会 彩の国さいたま芸術劇場
 詳細はこちら。 

★『東京新聞』『中日新聞』が紹介記事(2013.10.17)。現物はこちら。 

 がんになっても自然に自由に! 


40歳で乳がんを発症した渡辺容子さんは、『患者よ、がんと闘うな』の著者・近藤誠医師を主治医に、自然に自由に、仲間とともに生きてゆく。彼女の「最期の2年間」に、映像制作グループ「ビデオプレス」(松原明・佐々木有美)が寄り添った<いのち見つめる>ドキュメンタリー。医療の発展が私たちにもたらすものとは、そして「自分らしく生きる」とは――― 

この作品は、2010年?2012年までの渡辺容子さんの「生き方・死に方」を記録したもの。試写会では、大きな感動を呼び、2013年6月渋谷シアター・イメージフォーラムでの公開が決定した。 

2013年/日本/ドキュメンタリー/102分/カラー/4:3/DV-CAM 制作著作:ビデオプレス 取材・構成:松原明 佐々木有美 宣伝協力:ウッキー・プロダクション(猿田) デザイン:渡辺純 ◎文科省選定(青年向き・成人向き)◎日本映画ペンクラブ推薦 

 →劇場HP 渋谷シアター・イメージフォーラム 大阪シネ・ヌーヴォX 神戸・元町映画館 京都みなみ会館 あいち国際女性映画祭 

 →渡辺容子のブログ「暗川」(医療情報など豊富)


★『大往生したけりゃ医療とかかわるな』の中村仁一さんはじめ、推薦コメントが寄せられています。こちら。★また劇場で観た方からメールで感想が届いています。こちら。

********************************************************************************


CML メーリングリストの案内