[CML 027070] 「マスコミに載らない海外記事」のブログ主宰者の「日本の主権は侵害されるべきではない」(Author:Eve Human)記事附記としてのコメント記事

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2013年 10月 15日 (火) 11:20:35 JST


「マスコミに載らない海外記事」のブログ主宰者の2013年10月14日付けの下記のコメント記事(「日本の主権は侵害されるべきで
はない」下段コメント)がなかなか読ませます。評価を同じくしない人もいるでしょうから、少なくとも私にとっては、と注しておきます。

そういう次第で、以下、同コメント記事をご紹介させていただこうと思います。なお、記事中に単に注とあるのは引用者注のことです。
いわずもがなの注も含むことはご容赦ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日本の主権は侵害されるべきではない(マスコミに載らない海外記事 2013年10月14日)
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-7028.html

【ブログ主宰者コメント欄】

郵政破壊を始め、今日のTPPのめり込み準備を推進した元総理(注:小泉純一郎)が、小選挙区制を導入して今日の悲惨な状況を
もたらした元総理(注:細川護熙)と、反原発構想を推進している、という記事?*。悪い冗談。マイナスとマイナスをかけるとプラス
になるのは数学の話。トンデモとトンデモをかければ、ますますトンデモない代物が出現するだろう。

      *引用者注:下記のような記事を指しているのでしょう。
      「小泉元首相、「脱原発」新党構想 安倍首相に圧力 細川氏と連絡取り合い協力も」(zakzak 2013.10.12)
      http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131012/plt1310120720000-n1.htm

異神の怪(注:維新の会)やら、やつらの党(注:みんなの党)といった、エセ野党が馬脚を表して不振なので、またあらたなオレオレ
詐欺・エセ野党をでっち上げようというのだろうか? また、それにまんまと載せられるのだろうか?今の大本営広報部(注:日本の
マスメディア)を駆使すれば何でもあり?

日本がもしも独立国家であったなら、下記部分(注:本文記事を指す)は、実現可能だろう。

      アメリカは世界中で最大の債務国だが、日本は中国につぐ、二番目の債権国だ。日本では、アメリカ国債の約6%を日本
      銀行が保有している。こうした債権を現金化し、その金を使えば、対策にどれほど天文学的な経費がかかろうとも、必ず
      足りるに違いない。

昔「米国債を売りたいという誘惑にかられた事がある」と発言した首相(注:橋本龍太郎)がいた。

今は債権を現金化するどころか、TPPで、経済特区で、秘密保全法で、壊憲で、永久に身ぐるみ全てはがされ、砲弾の餌食まで献
上しようと、日々邁進する体たらく。

そもそも属国ゆえに、原発再稼働・輸出も、宗主国の原子力ムラに命じられているのだろう。やがて宗主国核廃棄物も全て受け入
れることになるだろう。

不沈空母、核汚染タコ部屋不沈空母に進化する。

ということで、残念ながら、筆者(注:本文記事の筆者)の正論、現実から外れているように思える。

大本営広報部、反原発運動に2000人集まったことは書くが、TPPや、それを先取りする国家丸ごと売り渡し策推進については絶対
に触れない。

TPPや、それを先取りする国家丸ごと売り渡し策についてほとんど触れず、反原発を言う政治家ならやつらの党でも支持してしまう
緑茶会などという代物がまぎれこむ反原発運動に、うさん臭さを感じるのが僻みであれば嬉しい。

国家丸ごと永久タコ部屋化する悪辣な権力者の具体策を説明してくださっている記事、読むだけで怒り心頭となること確実。

街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋 2013年10月13日 (日)
TPP先取りの「産業競争力」という名の猛毒矢 問題は解雇特区だけではない
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/10/post-777d.html

      *引用者注:(↑)本日から国会。その国会論議の理解のためにも必読の記事といってよいように思います。
      参考:「臨時国会、「安倍カラー」前面 「特定秘密保護法案」「解雇特区」十分議論されるか 」(HUFF POST 10月15日)
      http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/14/rinji-kokkai_n_4098890.html?utm_hp_ref=japan

麻生副総理のナチス発言、実際に起きていることを、ただ表現したに過ぎない。

知らないうちに茹で上げられ、完全なファシズム体制の中で暮らすようになるのも遠いことではない。いや、もうそういう生活だ。大
本営広報に関する限り。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内