[CML 027065] 10/15 秘密保護法案に反対する院内集会へ!

kojis at agate.plala.or.jp kojis at agate.plala.or.jp
2013年 10月 14日 (月) 23:56:24 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。 
[転送・転載歓迎/重複失礼] 
 
いよいよ10月15日から臨時国会が始まります。多くの歴史的悪法の成立が 
目論まれていますが、中でも「秘密保護法案」は、ジャーナリストや平和 
・脱原発・反TPPなど多くの市民活動を標的とする絶対に成立させてはいけ 
ないものです。開会日の15日に以下の院内集会が開かれます。ぜひご参加 
ください! 
 
なお、集会はIWJのチャンネル5でUstream中継されます。 
→ http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5 
 
【見ましたか?!】 
<9万件を超えたパブコメ結果の報告がA4用紙わずか1枚半。ふざけるな!> 
「特定秘密の保護に関する法律案概要」に対する意見募集結果(10/4) 
→ http://bit.ly/17Bpfgz 
「詳細な報告の公開を」の声を→内閣官房内閣情報調査室03−5253−2111 
 
【大緊急:公明党議員への働きかけを!】 
<議員連絡先一覧> 
http://datsugenpatsu.sblo.jp/article/77668177.html 
 
 ============================ 
市民の生命と安全を脅かす秘密保護法案に反対する院内集会 
============================ 
 
とき 10月15日(火)午後4時30分〜6時 
ところ 衆議院第1議員会館・多目的ホール(国会議事堂前駅、永田町駅) 
 
<基調報告> 
「市民の生命と安全を脅かす秘密保護法案−厳罰化と処罰の早期化−」 
海渡雄一さん(日弁連秘密保全法案対策本部 委員) 
 
<特別報告> 
「歴史の闇に消される秘密文書」 
三木由希子さん(情報公開クリアリングハウス 理事長) 
 
<発言> 
国会議員 
日弁連 
アムネスティ・インターナショナル日本 
日本ペンクラブ言論表現委員会 
新聞労連 
ほか 
 
<共催> 
盗聴法に反対する市民連絡会 090-2669-4219(久保) 
東京共同法律事務所(海渡雄一・中川亮) 03-3341-3133 
日本国民救援会 03-5842-5842 
反住基ネット連絡会 090-2302-4908(白石) 
許すな!憲法改悪・市民連絡会 03-3221-4668 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
いま、市民の生命と安全を脅かすような情報が主権者である市民の目から 
隠されてしまう危険な法案が臨時国会に提出されようとしています。それが 
「秘密保護法案」です。中曽根政権が1980年代に制定しようとした「スパイ 
防止法」=「国家秘密法」を「特定秘密保護法」と名前をかえ、適用範囲も 
拡大して制定しようとしています。 
 
同法は、政府・官僚が重要とする外交、防衛、安全脅威活動(スパイ活動)・ 
テロ活動の防止(=有識者会議では「公共の安全と規律秩序の維持」とされて 
いたもの)にかかわる情報を「特定秘密」とし、これらの情報を公務員などが 
もらしたり、記者などが取材しようとすれば最高懲役10年の厳罰が科されます。 
さらに、既遂に至らない未遂、教唆、共謀、煽動など非常に早い段階から処罰 
可能としています。国家公務員法の秘密漏洩の処罰とは全く質的に異なる弾圧 
法規だと言えます。 
 
何を「秘密」とするかは行政機関の恣意的判断で決められ、判断が正しくなさ 
れているかどうかをチェツクする第三者機関はありません。外交、防衛、テロ 
活動の防止などは市民の生活に広範にかかわることがらであり、どのような情報 
が「特定秘密」とされてしまうか、主権者である市民には皆目見当がつきません。 
 
福島原発事故における情報隠しをみれば、原発情報などは、まずテロ対策の防 
止などを理由に広範に「秘密」とされるでしょう。再処理などプルトニウム関連 
の情報は軍事機密とされるでしょうし、原発の安全性に関するやりとりや原発輸 
出にかんすることなどは外交上の秘密とされるでしょう。アメリカでは1961年に 
B52から広島型原爆の260倍ににあたる水素爆弾が地上に落下し大惨事寸前の事故 
をおこしたことがずっと「秘密」とされてきたことが、最近情報公開で明らかに 
なりました。アメリカの市民は危険極まりない「核」の上で生活をしてきたので 
す。 
 
しかも同法は、安倍政権がめざす国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案と 
一体のものとされています。日本版NSCは、アメリカとの軍事機密や武器開発に 
関する情報の共有化を前提としていることを考えれば、日本をアメリカの戦争準 
備に組み込んでいく危うい法案です。 
 
「秘密保護法案」は、市民の知る権利、報道の自由、表現の自由を侵害し、市 
民の生命と安全そして平和を脅かす違憲の法案です。国会上程を許さず、廃案を 
強く求めましょう。 



CML メーリングリストの案内