[CML 027054] 10月17日(木)第2回記者会見のお知らせ

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2013年 10月 14日 (月) 10:46:19 JST


**********************************
10月17日(木)第2回記者会見のお知らせ
**********************************

メディアの皆さま
ジャーナリストの皆さま
市民のみなさま

「甲状腺検査結果資料の誤りについて11の具体的質問」に対する回答が、
福島県県民健康管理課長から届きましたので、 

その詳細を皆様にお伝えするために、
下記のとおり第2回記者会見を開くことにいたしました。
おしらせ申し上げます。

「放射線被ばくを学習する会」
http://www57.atwiki.jp/20030810/
共同代表 温品、 田島
hamasa7491 at hotmail.com
080-6642-2864

記

<経過>
●8月20日 第12回福島県県民健康管理調査検討委員会 データの誤りと無断改変
●8月29日付 「甲状腺検査結果資料の誤りについての要望書」
●9月12日付 福島県県民健康管理課からの第1次回答
●9月24日付 公開質問状「甲状腺検査結果資料の誤りについて11の具体的な質問」
●9月25日付 第1回記者会見
●10月10日付 県民健康管理課からの第2次回答 


8月20日に開かれた第12回の福島県県民健康管理調査検討委員会では、福島の
子どもたちの甲状腺がんについて、発症数の大幅増加が報告されました。穿刺細
胞診による「がん」もしくは「がん疑い」は、44名にのぼりました。

この発表の陰で、去る6月5日の第11回検討委員会で承認された資料が、検討委員会
ではなんの説明もなく事務局の手で改変されました。委員会が蚊帳の外にされた状況
は今に至っています。

小児甲状腺がん発症者の男女構成比や年齢分布は、一連の甲状腺がん発症が
放射線由来であるか、あるいはチェルノブイリ型の小児甲状腺がんであるか、これらを
見極める重要なデータです。私たちはこの一年間、神経をつかって注視してきました。

<概要>
(短縮)http://p.tl/R0fu

公開質問状に対する回答の内容と、私どもの見解について、
下記のとおり記者会見を開きます。
ふるってご参加くださるようお願い申し上げます。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    「福島県甲状腺検査結果資料の誤りについて」第2回記者会見

        10月17日(木)18:30~20:30(18:00開場)
        場所 パルシステム(東京都新宿区大久保2丁目2-6)2階会議室
     ⇒地図(短縮)http://p.tl/Yz19
        主催 放射線被ばくを学習する会
        連絡先anti-hibaku at ab.auone-net.jp
        田島 080-6642-2864

    <内容>
    1 グラフ改変と公開質問状提出までの経緯 

    2 公開質問状への回答
    3 データ改変に関してなお残る不可解さ
    4 情報の透明性を求めて~私たちの要望~ 

    5 新設される「甲状腺検査評価部会」について
    6 質疑応答
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

<ご参考>
記者会見0925配布資料(短縮)http://p.tl/ORUV
記者会見0925ビデオ(短縮)http://p.tl/N6Nd


以上です





CML メーリングリストの案内