[CML 027007] 「ブラック国家ニッポン」だって?

hinokihara hinokihara at mis.janis.or.jp
2013年 10月 11日 (金) 08:17:13 JST


 奴隷は喜んで英語を使ってしまう。それだけでも腹立たしいのに・・・・・・。 

 『週刊金曜日』の最新号を見て呆れた。表紙には「ブラック国家ニッポン」とある。日本はいつから黒人国家となったのだ?今では米国で黒人などにもっとも好まれる呼称がブラックというから、この知識もなく、「ブラック・イズ・ビューティフル(黒は美しい)」運動も知らない、半世紀も歴史の進歩に遅れた愚者のみが、悪を含意して「ブラック」を多用するのだろう。そうやって黒人への差別や偏見がへばりついた白人英語「black」に近づくのだから、日本人の名誉白人化としては完璧だ。このバナナ人がTPPで難解英語で翻弄されるのだから、英語帝国主義者も高笑いだろう。この際だ、「幸せな奴隷」(支配言語である英語に支配されていると気づかない人間)のまま、『White Love』(白人の愛)だの、『CAN YOU CELEBRATE?』(どんちゃん騒ぎができますか?)とか歌って、強欲企業独裁の下でアッケラカーと生きていこう。


CML メーリングリストの案内