[CML 027004] 再稼働反対!東電解体!10・11官邸前抗議行動

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2013年 10月 11日 (金) 01:32:11 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

当日のお知らせとなり恐縮ですが、再稼働阻止全国ネットワークの呼びか
けによる官邸前抗議を行います。ぜひご参加ください。

---------------------------------------------------

本日、10月11日(金) 午後6:30~8:00 

再稼働反対!東電解体! 10・11官邸前抗議行動
安倍の大ウソを許さない!汚染水の海洋流出を止めよ!

 東電福島原発事故の事故被害者の救済・援護も全く不十分なまま、フク
イチは放射能汚染水がじゃじゃ漏れで対策できず、被曝労働を無理強いし
ながら、廃炉への道も頓挫している。
  にもかかわらず、安倍政権は「コントロール」「ブロック」の嘘でオリ
ンピックを招致し、世界の原子力マフィアの策謀に従って事故被害を過小
評価してきている。
 一方、電力4社が7月に再稼働申請を出し、あろうことか東電まで先日
柏崎刈羽の再稼働申請を出し、今や5電力会社14基の再稼働が審査され
ている。今、私達が安倍政権に強く抗議する時だ。
10・11官邸前抗議行動に多数の参加を!

◆再稼働反対!東電解体! 10・11官邸前抗議行動
 安倍の大ウソを許さない!汚染水の海洋流出を止めよ!

日時:10月11日(金)18時半~20時
場所:首相官邸前(国会議事堂前駅) 
主催:再稼働阻止全国ネットワーク
    http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/
問合せ:070-6650-5549(再稼働阻止全国ネットワーク)

○東電福島原発事故の状況は「コントロール」されていない、拡大している
 2011年3月11日以降、東電福島第一原発事故は収束したこともコ
ントロールできたこともない。
  大量の汚染水流出問題はレベル3の非常事態となり、事故は「レベル7
+3」に拡大した。東電福島第一原発は、核燃料の状態も分からず、高濃
度汚染され、労働者に高い被曝を強いて使い捨てにしており、全体のリス
クの説明も明らかにされず、廃炉への道筋が全く見えていない。

○汚染水は港湾内に「ブロック」されていない
 放射能汚染水は海洋に垂れ流し状態であることは、海洋の放射能測定や
魚介類の調査で明らかである。港湾内にブロックされていない。毎日次々
に明らかにされる報道は、海に流れ込む大量の高濃度汚染水=毒の水が、
東日本の漁民を恐怖に陥れているのみならず、全地球的問題として海外メ
ディアも注視している。一刻の猶予もならない現在の日本の最大問題なのだ。

○電力会社は再稼働ラッシュ
 このような状況下、各電力会社は新規制基準施行直後から原発12基を
再稼働申請した。福島原発事故の責任を負う東電は、国から事故収束のた
めに多額の支援を受けながら、一方で無責任にも柏崎刈羽原発2基の再稼
働申請をした。株主・メガバンクに責任を取らせて、東電は今すぐに破綻
させるべきだ。

○規制委は汚染水問題に責任を負え
  規制委は、以上の東電福島原発事故の状況を一年間放置し、汚染水の海
洋投棄を容認し、安倍「嘘」発言を誘発・容認してきた。今も「環境に有
意な影響があるような汚染はまだ生じていない」と、大海の希釈と海洋食
物連鎖を無視した非科学的な説明によって、民衆を騙そうとしている。

○規制委は再稼働適合審査を中止して、汚染水対策・廃炉に注力せよ!
  汚染水問題が非常事態となっている今も、規制委はその対策よりも再稼
働推進のために適合審査を優先し、毎週3回も審査会合を開催している。
更に柏崎刈羽の審査も担当チームを決めていつでも開始できる構えだ。
  事故が拡大している中で何が再稼働審査だ! 今はそのすべての人員と
エネルギーを汚染水対策と事故収束に向けるべきだ! 現場にはりつくべ
きだ!

10・11官邸前抗議行動に多数の参加を! 



CML メーリングリストの案内