[CML 026948] 【ご案内】「それでもボクはやってしまう・・・」〜犯罪連鎖を断ち切る社会復帰支援のあり方〜

Ryosuke MATSUURA cpr at dolphin.ocn.ne.jp
2013年 10月 7日 (月) 17:58:55 JST


みなさま

 お世話になっております。監獄人権センター事務局の松浦です。
以下の通り、受刑者の社会復帰をテーマとしたシンポジウムを開催します。
ご関心のある方々にご案内頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。


***
<転送歓迎>
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【シンポジウム】

     「それでもボクはやってしまう・・・」
   〜犯罪連鎖を断ち切る社会復帰支援のあり方〜 

11月23日(土)午後2時〜4時
@国立オリンピック記念青少年総合センター
主催:NPO法人監獄人権センター
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 生活に困って万引などで逮捕された高齢者や知的障がい者を、
福祉の支援につなぎ、立ち直りを図る試みが続けられ、犯罪者
の社会復帰をめぐる討論が活発化しています。

 日本の刑務所の一部では、2005年の監獄法改正以降、薬
物犯罪からの立ち直りのための自助グループのプログラムを取
り入れたり、刑務所の中で盲導犬を訓練するプログラムなど、
これまでなかったような処遇が行われるようになりました。
また、障がいを持つ人の処遇を刑務所ではなく福祉施設で担お
うとするトレンドが始まっています。東京地検では社会復帰支
援室が設けられ、社会福祉士が働くようになりました。犯罪を
犯した人が再び罪を犯すことなく社会に復帰し、地域社会に貢
献することは、社会全体に利益をもたらすことです。

 しかし、この様な進んだ処遇は、初犯で模範的とされるよう
な人に限られ、累犯受刑者や満期釈放になるような受刑者はな
かなか対象となりません。全体として犯罪を減らしていくため
には、社会復帰がより困難な人にこそ手を差し伸べる政策が求
められているのではないでしょうか。援助を受けられず、犯罪
を繰り返すなら、必要なのは刑罰ではなく社会で生きて行くた
めの支援なのです。

 今回のセミナーでは、受刑者の更生支援、社会福祉に取組ま
れているパネリストをお迎えし、どうしても犯罪を繰り返して
しまう受刑者に、どのような処遇と支援が有効なのかに焦点を
当てて考えてみたいと思います。

--------------------------------------------------------
■日 時:2013年11月23日(土)14時〜16時(開場:13:30)

■場 所:国立オリンピック記念青少年総合センター
     国際交流棟2階第1ミーティングルーム
     (東京都渋谷区代々木神園町3-1)

     周辺地図→ http://bit.ly/15QJick
     ※小田急線「参宮橋」駅徒歩7分
      千代田線「代々木公園」駅徒歩10分

■参加費:1000円(会員、学生/25歳以下:500円)
          ※事前申込制
      お申込みはこちら→http://bit.ly/1871T2e
--------------------------------------------------------

■内容
 ●パネルディスカッション
 「犯罪連鎖を断ち切る社会復帰支援のあり方」

 ○岡本茂樹さん(立命館大学産業社会学部教授)
 ○松友了さん
  (一般社団法人社会支援ネット・早稲田すぱいく 社会福祉士)
 ○海渡雄一(進行役/監獄人権センター代表)

■出演者プロフィール

○岡本茂樹さん
立命館大学産業社会学部教授。
著書『反省させると犯罪者になります』(新潮新書、2013年)
日本ロールレタリング学会理事長。中高の英語教員を務めた後、武
庫川女子大学大学院臨床教育学研究科博士課程修了。臨床教育学博
士。熊本刑務所篤志面接委員(2006年3月〜)、京都刑務所篤志面接
委員(2009年4月〜)。日本矯正教育学会、日本司法福祉学会等に
所属。

○松友了さん
社会福祉士/保護司。公益社団法人 東京社会福祉士会・理事/司法
福祉副委員長。関西福祉大学・客員教授(司法福祉論)、早稲田大
学・非常勤講師(権利擁護と成年後見制度)。
一般社団法人 社会支援ネット●早稲田すぱいく・理事。
2013年1月より東京地方検察庁・社会福祉アドバイザー。日本司法福
祉学会、日本犯罪社会学会等に所属。

■お申込み
ご参加をご希望の方は、下記「主催・お問合せ」まで、
1)氏名、2)お住まいの都道府県、3)年齢(学生/25歳以下の方のみ)
をご連絡下さい。

お申込みはWEBからも可能です→http://bit.ly/1871T2e

■主催・お問合せ:NPO法人監獄人権センター
 e-mail:cpr at cpr.jca.apc.org
 Tel&Fax: 03-5379-5055
 WEB:http://www.cpr.jca.apc.org

--------------------------------------------------------









-- 
***********************************
特定非営利活動法人 監獄人権センター
事務局 松浦亮輔

Email : cpr at dolphin.ocn.ne.jp
Tel&Fax: 03-5379-5055
URL:http://www.cpr.jca.apc.org

監獄人権センターは会費及びご寄付により
活動していますが、財政は厳しい状況が続
いています。
監獄人権センターの活動をご支援ください。
           http://bit.ly/13SqJC9
***********************************



CML メーリングリストの案内