[CML 026932] 【報告】第901日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 10月 7日 (月) 07:49:32 JST


青柳行信です。 10月7日。

★新メールアドレス 登録よろしくお願いします。
aoyagi at tent-hiroba.jp

【転送・転載大歓迎】
   ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第901日目報告☆
      呼びかけ人賛同者10月6日迄3016名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
900日なんですね。しみじみと感じました。
毎日、毎日、くらいニュースが多いです。
汚染水は漏れる、消費税は上がる、TPPは秘密交渉、
秘密や機密は漏らしちゃいけない、等々。
 そんな中で、消費税増税反対に 5000人もの人々が集まって
反対の声を上げたり、職場では、劣悪な労働条件を改善したり、
原発反対では、10月から11月にかけて日本全国で大きな集会とデモが
準備されています。
 一つ一つ、反撃して、右翼的な流れを押し返しましょう。
あんくるトム工房
傾いた汚染水タンク   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2659
韓国のこと     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2658

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「将来を考えろ」といふ忠告は子孫のでもなく地球のでもなく
     (10・7−437)
※自民党若手議員が核燃批判の質問をしたのに対する先輩議員の忠告。
この一世紀余り、中央・地方、官・民を問わず、
この「忠告」なるものが国を誤ってこの危機を招来したのだから、
自民党の若手議員たちよ、良心と理性に従って言動するように期待します。

★ 奥道直子(在ドイツ)さんから:
10月4日付け文中の数字訂正をいたします。
ドイツの「連帯付加税率」は、現在5,5%です。一時期7,5%でした。

★ NHK「原発テロ〜電源が標的? そのとき何が・・・」
 10月7日(月)PM 10:00〜10:50
      http://tinyurl.com/pxxhcgz

★ 神谷杖治 さんから:
本日の夜中の0:40から40分、NHK総合で「原発新基準規制の行方」で、
規制委と九電との姿勢の違いが見えるという番組があります。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は福島第1原発からの発表は見当たりません。フクシマ・原発をキーにネットにあった記事を並べてみます。
1.「汚染水漏れ『苦い教訓』=安倍首相 」時事通信10/0612:37
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100600070
記事「・・・・・6日、京都市で開かれた「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム」の年次総会であいさつし、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題に関し『わが国が学
ばざるを得ない苦い教訓だ』と述べた。その上で『私どもは技術における自前主義の病弊からもはや脱した。(問題解決に向けて)世界中からあたうる限り最も先進的な知見を吸収
しなくてはならない』と強調した。・・・・・・・」
・・・・・「学ばざるを得ない」、この言い回し、変です。できていないことに反省もない。
2.「東電分社化を検討=自民・塩崎氏」時事通信10/0611:45 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100600070
記事全文「自民党の塩崎恭久政調会長代理は6日のフジテレビの番組で、東京電力福島第1原発の廃炉や汚染水漏れ対策に関し、『福島第1原発を全部扱う会社と、それ以外の東電
とに分けた方がいいという考えを今議論している』と述べ、東電を分社化し、専門の別会社を設立する案を党内で検討していることを明らかにした。」
・・・・・・福島第一だけ、他の原発は残して再稼動?、注視しましょう。
3.「『収束』宣言の妥当性検証=民主・馬淵氏」時事通信 10/0610:41
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100600042
記事「民主党の馬淵澄夫選対委員長は6日、フジテレビの番組で、2011年12月に当時の野田内閣が出した東京電力福島第1原発事故の収束宣言について『あのときどういう状
況で判断したのか、民主党としてしっかり検証し、間違いであれば間違いだとしっかりおわびする』と述べた。・・・同党は現在、福島第1原発の汚染水漏れ問題をめぐり、政権を
担当していた当時の対応を検証する作業を進めている。」
・・・・収束なんかしていないでしょう。

被災地フクシマ、
4..「6日の県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の放射線量測定値」福島民報10月7日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
5.「遺族、震災関連死の不認定で南相馬市を提訴 福島地裁」河北新報(10/6 06:10) 
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/10/20131006t63013.htm
記事「福島県南相馬市で震災関連死の認定を受けることができなかった50代男性の遺族が、不認定の取り消しと認定を求める訴えを福島地裁に起こしたことが5日、分かっ
た。・・・市によると、男性は福島第1原発事故後に県外に避難し、1年後の2012年3月に心臓疾患で死亡した。避難生活に伴うストレスが原因だとして男性の母親が震災関連
死の申請をしたが、市は不認定とした。不服申し立てについても市はことし3月に棄却した。・・・市は『診療履歴などから男性は震災関連死には当たらないと判断した。弁護士と
相談し、対応を考える』と説明する。・・・市の震災関連死者は9月18日現在436人と被災地で最も多い。」
6.「食の風評払拭 推進本部 県やJAなど連携し設立」福島民報10/06 12:08
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/10/post_8316.html
記事「(福島)県産農林水産物の風評払拭(ふっしょく)に向け、県やJA福島中央会、県消費者団体連絡協議会など関係団体は5日、「ふくしまから はじめよう。『食』と『ふ
るさと』新生運動推進本部」を設立した。生産、商工、消費者など各団体が連携し、県産農林水産物の風評払拭に向けたさまざまな取り組みを進める。・・・・約40人が参加し
た。・・・・」
7.「県内12年度の市町村税収5年ぶり増 震災前には遠く」福島民友(10/06 08:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1006/news1.html
記事「2012(平成24)年度の県内市町村の税収は、前年度を20億8000万円上回る2387億2000万円(速報値)となり、5年ぶりに増加に転じたことが5日、県な
どのまとめで分かった。好調な企業活動や設備投資を背景に税収は回復基調にあるものの、震災前の10年度と比べれば減収額は173億円に上る。・・・・・・・」

8.「富岡町長が原発事故の収束要望 根本復興相と会談(10/06 08:43)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013100611348
記事「根本匠復興相(衆院本県2区)は5日、郡山市の富岡町郡山事務所で宮本皓一町長と会談した。宮本町長は東京電力福島第一原発事故の収束や長期避難で荒廃した家屋の解体
除染などを求めた。・・・・会談は冒頭以外非公開で行われた。」
9.「富岡町全域でごみ回収開始 旧警戒区域、5市町村目」福島民友(10/06 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1006/news6.html
記事「環境省福島環境再生事務所は5日、富岡町全域でごみの回収を始めた。旧警戒区域でごみ回収が行われるのは5市町村目。・・・同町は全域が避難指示区域で、放射性物質汚
染対処特措法に基づく対策地域となっていることに伴う措置。避難者による自宅の片付けなどで生じたごみを収集し、同町毛萱地区に設けた仮置き場に保管。今後、町内に建設予定
の焼却施設で処分する予定。・・・・・・・・・」
・・・・・富岡町−福一から南、20キロ圏内。
10.「【地震・津波の災害公営住宅】 家賃の地域格差懸念 一部市町、独自に減額方針 国に支援求める声」10/06 11:24
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/10/post_8315.html
記事「・・・・・・・地震・津波被災者向けの災害公営住宅の11市町の整備計画は【表】の通り。既に相馬市で入居が始まっている。家賃は従来の公営住宅と同じで、立地場所や
面積、入居者の収入で決まる。このほか、原発事故避難者向けに3700戸の建設計画がある。・・・・・・東日本大震災の地震・津波被災者向けの災害公営住宅入居者への家賃支
援で、市町間格差が生じる懸念が出ている。現在、住宅を建設する11市町のうち、5市町が独自に家賃を減額する方向で調整している。国が低所得者に対し家賃支援するのを受
け、その対象から外れる世帯の不平等感を解消するためだが、市町間の対応がばらつく結果になりかねない。さらに、独自の支援は財政を圧迫する。関係市町村からは国に手厚い
支援を求める声が上がっている。」
11.「復興住宅『入居しない』34.8% 浪江町の住民調査」福島民友(10/06 10:20) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1006/news10.html
記事「復興庁は5日までに、東京電力福島第1原発事故に伴い全町避難が続いている浪江町の世帯主を対象にした住民意向調査の結果を発表した。建設を進めている復興公営住宅に
ついて『入居を希望しない』と回答したのは34.8%で、『入居を希望する』と回答した28.0%を6.8ポイント上回った。また、『現時点では判断できない』との回答も
36.1%になった。・・・調査は同町の9656世帯を対象に8月9〜23日に実施、6132世帯から回答があった。回答率は63.5%。・・・・・・・9月に調査結果が公
表された富岡町と同様に若年層の世帯主ほど入居を希望しない傾向が浮き彫りになった。・・・・」
栃木県、
12.「日光市、放射性濃度低減で焼却灰の処分場への搬出検討」下野新聞10月6日朝刊
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20131005/1372801
記事「【日光】市クリーンセンターなどで保管している飛灰(焼却灰)の放射性濃度が基準値を下回る状態が続いていることから、市は2年ぶりとなる搬出に向けて群馬県内の民間
最終処分場側と早ければ今月内にも協議を進める方針を決めた。・・・7〜8月の飛灰の放射性濃度は前年同月に比べほぼ半減し、搬出できる4千ベクレル以下で推移している。し
かし搬出が再開されても、これまでに発生した8千ベクレル超の指定廃棄物を含む計約2千トンの飛灰は保管を継続しなければならず・・・・・・1キロ当たり8千ベクレル超の飛
灰は指定廃棄物として国が最終処分し、8千ベクレル以下は市が処分する。市クリーンセンター施設内と平ケ崎ストックヤード内の保管用テント計3棟にある飛灰は、指定廃棄
物約556トン、8千ベクレル以下約1419トンの計約1975トン(8月末現在)。」
新潟県、
13.「避難者が日本海クルーズ楽しむ 福島からの215人、新潟」共同通信10月6日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/10/post-8395.html
記事「・・・・第9管区海上保安本部(新潟)は6日、東日本大震災で福島県から新潟県に避難している約215人を巡視船『えちご』の体験航海に招待した。被災者を元気づけよ
うと2011年に始めた企画で、今年で3回目。青々と広がる日本海のクルーズを約3時間楽しんだ。・・・」

いま届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、福一の汚染水の至近の2ヶ月を伝える囲み記事、見出しは、、
19.「福島第1原発 継ぎはぎ対応後手 汚染水対策ミス続発 現場負担増す一方」
その下に、2.と3.をあわせた類似の囲み記事、見出しは、
20.「『廃炉機構』の設立提案 東電から事故分野分離 自民・塩崎氏」
6面、
21.「聞き書きシリーズ 原爆を背負って“出会いに はげまされ” 被団協谷口さん」
14.15面は全面見開きで、
22.「日本の中小企業」、その中の記事の文中に、
記事「・・・・福島第一原発による警戒区域・計画的避難区域に本社のあった企業の事業再開状況は、2011年6月で50.1%、12年2月70.1%、今年2月でも
72.8%と7割が再開している一方で、3割は依然休業・廃業状態にあります。」
今朝の紙面は、以上です。

★ 佐藤大介 さんから:
 <西日本原発地域日韓市民ツアー、終了>
 (福岡、玄海、伊方、松山、祝島、広島、福井、神戸で交流)
玄海交流会(佐賀テレビ・ニュース)
  http://youtu.be/KS8guqS823g

<関西集会(IWJ録画)>
http://www.ustream.tv/recorded/39510502

「大変恵まれた集会となりました。約70名近くの参加者で
韓国からの活動家と友好と連帯の時間が流れました」(弓場)

<「原発輸出の問題を考える」集会>
10月19日(土)14:00〜16:30
信濃町教会(JR信濃町駅から徒歩2分)
アピール(予定):渡辺信夫(「原発メーカー訴訟」の会 会長)、島昭宏
弁護士(「原発メーカー訴訟」弁護団代表)、河合弘之弁護士(脱原発弁
護団全国連絡会会長)、山本太郎(参議院議員)、鈴木真奈美、満田夏花、
アイリーン・美緒子・スミス、佐藤大介

 <原発メーカー訴訟、原告・サポーター募集中!>
 原発メーカー訴訟の会では、2013年11月を目標に、福島第一の
原子炉メーカー3社(日立・東芝・GE)を相手取った訴訟を、東京
地裁で起こす計画です。

2011年3月11日に発生した福島第1原発の水素爆発を伴う巨大事
故は、かつて我々が経験したことがない規模で放射線被害を拡大さ
せ、世界中の人々を震撼させました。そして現在、東京電力に対し
数多くの損害賠償請求訴訟が提起されています。

しかし、自動車の排気ガスによる喘息被害に対して、運転手や所
有者以上にメーカーが賠償責任を問われるように、原発事故被害に
ついては、電力会社だけではなく、原子炉メーカーも当然に責任を
追及されるべきです。

ところが、メーカーはこれまでほとんど非難の対象とさえされて
いません。その原因は、原子力損害賠償法が電力会社のみに責任を
集中させる制度を採用しているためです。
しかも、原子炉メーカーは、これをいいことに、今では海外への
輸出によってさらなる利益拡大を図っています。

 責任集中制度はまさに原子力産業保護を優先する不合理な構造を
作り出しているのです。ここには、いかなる正義も存在しません。
私たちはこのような極めて不合理な原子力産業保護構造の修正を迫
るために、本訴訟を提起することとしました。

(この裁判がきっかけとなり、世界中が動き、原発メーカーの責任を
問うことになるでしょう)

弁護団:島昭宏、小野寺利孝、吉田理人、片口浩子、吉田悌一郎、
鳥飼康二、櫻井宏平、谷田和一郎、伊倉秀知、河合弘之、海渡雄一、
只野靖、福田健治、奥山倫行、笠原一浩、小林哲也、木村夏美、林良太

原告・サポーター申し込み書はこちら
http://ermite.just-size.net/makersosho/company.html

★ 大分のさと さんから:
<転送します>
 汚染水告発の告発人の募集と福島原発告訴団報告会中継のURL

 4日にメールでお知らせしました福島原発告訴団報告会はUSTREAM:Kanagawa-tvで中継されます。
  http://www.ustream.tv/channel/kanagawa-tv

 そして今、福島原発告訴団報告会は汚染水告発の告発人を募集しています。
今からでも汚染水告発に参加できます。

 私は福島原発告訴団に入っていますので、福島原発告訴団から、「検察審再会申し立てに参加」と「汚染水漏出事件の告発へ参加を」という呼びかけが届きました。
汚染水漏出事件の告発人には今からでも参加できますので(締切は11月11日で参加費1000円)そのことを含めてブログを書きましたので読んでください。
http://blogs.yahoo.co.jp/mknony0623/18276893.html      

 告訴団弁護人からの抗議声明も届き、そこには
 「告訴団は、政府関係者も多く告発しているが、菅首相ら政治家はひとりとして告訴していないことを明記しておく。
検察当局により、福島県民が菅首相らを告訴しているという、不正確な報道へのミスリードには目に余るものがある。
報道機関は正確な報道をこころがけてもらいたい。」

とあります。詳しくはブログを見てください。被告訴・被告発人の目録も載せてあります。
 どうして福島検察審査会ではなく、東京検察審査会に申し立てをしなければならなかったか、についても書いてあります。
 福島の原発事故で苦しんでいる人たちがたくさんいるのに政府もマスコミも福島は安全だ、原発事故はなかったかのようにしようとしています。

大江健三郎さんもさよなら原発の集会では「原発事故をなきものにしようとするものとは戦う」と言っています。松本和美

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
        事務局会議
日 時:10月22日(火)18:00〜
場 所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)会議室
 福岡市博多区博多駅前1-19-3 博多小松ビル2F
     TEL092-483-0431 
 地図: http://tinyurl.com/nyhy6go

■ 「さよなら原発!福岡」例会 10月30日(水)18時30分〜
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
     福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
      地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
11月10日(日) 舞鶴公園(福岡市中央区城内1)
10:00- ライブetc.
12:45- 本集会
15:00- デモ・パレード出発
  ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
呼びかけ個人・団体登録。メッセージ。賛同カンパ。Tシャツ注文。

● 原発労働者梅田裁判第8回口頭弁論 (301号大法廷)● 
 12月18日(水)午後1時30分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1−1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会1:00〜   〇入廷行進1:15〜
    〇裁判開始1:30(口頭弁論)
   〇報告集会2:00 福岡市立中央市民センター ホール
  福岡市中央区赤坂2丁目5−8 tel092−714−5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第7回口頭弁論期日 12月20日(金)14:00 佐賀地裁
        午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
     原告総数 原告総数   6859名(10/2現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
        青柳 行信
電話:080-6420-6211
aoyagi at tent-hiroba.jp
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内