[CML 026916] 週刊モーニングに「福島第一原子力発電所案内記 いちえふ」と、汚染水、無主物のことなど

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 10月 5日 (土) 19:01:13 JST


週刊モーニングに「福島第一原子力発電所案内記 いちえふ」と、汚染水、無主物のことなど


転送・転載歓迎
重複すみません。


京都の菊池です。


下記のように

福島第一原子力発電所案内記
東京電力福島第一原子力発電所の収束作業について描いた漫画が
発表された。
ことを教えていただきました。

その作品を読んでいろいろな思いがわきました。

読んで真っ先に思ったのは、
原子力発電所内での作業においての、
放射能防御、放射性物質の取り扱い

について、また改めて知れば、知るほど、


一方、自らの原子力発電所から流出拡散させた、放射性物質を
無主物と主張したり、

(関連
ブログ
みんな楽しくHappy口がいい♪

「無主物」を考え出した東京電力の超エリート弁護団判明!

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1260.html
を参照ください)


汚染水を海へ流出への態度など

(※汚染水問題、放射能汚染への対応、測定、研究、発信などについての大切な番組が全国放送されました。

NHK教育
ETV特集
「海の放射能に立ち向かった日本人〜ビキ
ニ事件と俊鶻丸(しゅんこつまる)〜」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2013/0928.html
(関連して
番組に登場する
岡野眞治さん、樋口敏弘さん、青山道夫さん
についても検索してみてください)

関連

[CML 026759] 海洋放射能汚染を暴いた日本人
2013年 9月 25日 (水) 17:36:24 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-September/026695.html

岩波新書(青版)『死の灰と闘う科学者』三宅泰雄/著
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000000694191&Action_id=121&Sza_id=E1

NHK【ETV特集】海の放射能に立ち向かった日本人 〜ビキニ事件と俊鶻丸
〜:ロボット人間の散歩道:So-netブログ
http://robotic-person.blog.so-net.ne.jp/2013-09-29

また、

劇場映画 「X年後」公式サイト
http://x311.info/

も参照ください)


原発内の
法律に定められていることは、
罰せられないようにとりあえず守るが、

そうでないことは、
自らの責任ではない、放射性物質による被害者への補償もしない
と

原子力発電所内にある場合は一応厳重管理、放射能防御している
放射性物質
を
流出、ばらまいたことへの
東京電力、国
の対応の

あまりの無責任さ、被害をさらに深くしてしまうこと
を

この漫画を読む中で
改めて思いました。



※
件名:講談社発行の週刊モーニングに「福島第一原子力発電所案内記 いちえふ」が掲載されています。
送信日時2013/10/03 22:46
ML.NO[kdml:7267]

http://www.freeml.com/kdml/7267?sid=4ed2d1290405bc4aa9aa98dd84fa95ba


奈良の浦辻です。
反原発については色々触れていても、マンガ媒体はこのメーリングリストではフォローされていないと思うので、一応メールします。
今日3日発売の週刊モーニングの10月17号で、上記のマンガが掲載されています。
収束作業で働いていた作者・竜田一人氏が描いた37ページの作品。
反原発運動には冷ややかなスタンスのようですが、収束作業の描写は有無を言わさない現実味があります。
見ておくべき作品だと思います。





別件ですが、

昨日10/4金曜日は

興味をひく番組がありました。

NHK番組表
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/index.cgi
より


NHK総合にて

10/4金曜日
午後2時05分から午後2時55分(放送時間50分間) 
情報まるごと
▽捨てられないふるさと 福島のいま描く演劇

この見出しを見ただけでも、いろいろな思いがわいてきます。


9月に東京公演も行われた

原発事故で家族離散の実話もとに作られた演劇「東の風が吹くとき」

についての放送でした。

紹介を読むだけでもさらにいろいろ思いが出てきます。

検索してみると
次のような紹介がありました。

東京新聞
9月26日の記事
【東京】
原発事故で家族離散の実話もとに 演劇「東の風が吹くとき」豊島で28、29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20130926/CK2013092602000115.html 


リージョナル・シアター2013
いわき演劇の会+いわきアリオス共同企画
いわき演劇の会+いわきアリオス共同企画「東の風が吹くとき」
http://iwaki-alios.jp/cd/app/index.cgi?C=event&H=PAGE&dataID=01135


ホーム - 「東の風が吹くとき」いわき公演/東京公演 east-wind

http://east-wind.jimdo.com/


『東の風がふくとき』〜いわきから東京へ〜 : TSUMUGU-PROJECT

http://tsumugupjt.exblog.jp/18445734



午後7時30分から午後7時55分(放送時間25分間)
かんさい熱視線「“もんじゅ継続”の行方」
※10/7月曜日午前に再放送予定。

(NHK 大阪放送局 | 番組情報 | かんさい熱視線
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/nessisen/
[かんさい熱視線]の番組ページ - TVトピック検索
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/201/25397/1.html

を参照ください。)

高速増殖炉をあきらめたドイツ、
安全性の議論が行われ、高速増殖炉を作りながら稼働させず中止したドイツの取材が
心を引きつけました。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内