[CML 026864] 【報告】第896日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 10月 2日 (水) 07:02:13 JST


青柳行信です。 10月2日。

本日、10月2日(水)福岡地方裁判所
● 原発労働者梅田裁判第7回口頭弁論(301号大法廷)● 
  〇門前集会9:30〜 
 詳細→http://tinyurl.com/ms3uvu8

● 「さよなら原発!福岡」例会 10月2日(水)18時30分〜
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
     福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
      地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

【転送・転載大歓迎】
   ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第856日目報告☆
      呼びかけ人賛同者9月30日迄3007名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆盗人に追銭をやるアベノミクス 復興法人税前倒し廃止
    (左門 10・2−432) 
※朝日、10月1日は「被災地、忘れられたか」とあるが、
安倍晋三にはアベノミクスにとってのパフォーマンス以外はない。
被災地も国民の賃金アップも元々考えに御座無く候なのだ。 

★ 福岡の北岡逸人 さんから:
29日の韓日脱核交流会に参加しました。
韓国の原発現地や予定地に大都市で活動していらっしゃる皆様と、
佐賀や福岡に日本各地で活動されている皆様と熱のこもった交流会になりました。
 私は11時半くらいに帰りましたが、皆さんは遅くまで交流されていた様です。
 たくさんの生の貴重なお話しを聞けました。
個人的には「韓国では私たちは(脱核運動で)非国民扱いされている」といった発言や、
古里原発1号の老朽化の酷さが衝撃的でした(以下リンクなど参照)。
http://japan.hani.co.kr/arti/column/12008.html
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=43154
 それで今、私はこの脱核アジア平和のための日韓市民による西日本ツアーに、
飛び入り参加して松山に来ています。

★ ギャー さんから:
「福島が血を流している」詩を送ります。
これを運命と受け入れて 
闘ってやる 
福島の原発も 
広島の原爆も 
福岡の出発 
構造をいくら解説しても 
解決はしない 
「おれは加担していなかった」と 
誰かのせいにしても 
解決はしない 
福島が血を流している 現在(いま) 
大量の血を流し 
のたうち苦しんでいる どんなにみんなが 
好き勝手なことをのたまい 
てんでのことを行おうとも
おれはケツを持つ 
ケツを持つ者のつながりだけが 
あたらしい世界として 未来に生き残る
 *なんか、詩と言うよりも決意表明みたいですね(笑)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日、ついに消費税増税の閣議決定がなされ、「『経済再生なくして復興なし』=菅官房長官、優先順位を逆転?」という見出しもあり、政府がお金優先の公式決定をしたことを伝
えています。被災地の知事らの反応として、・・・「復興阻害」などの言葉も見えます、一方では、国民から根強い疑問が呈されている「復興法人税廃止」の決定は12月に結論
と、批判をかわすために先送りしたようです。
また、昨日次のようなお報せが届き驚く、「西日本新聞経済電子版(qBiz)は本日10月1日で創刊1周年。コンテンツ、デザイン、機能をリニューアルしました! 新たなコ
ラムニストに、真部利応氏(前九州電力社長、九州通信ネットワーク会長)、・・・・・・方々が随時加わります。」
・・・・なんということでしょう、この時期にこんな人を起用して、きょう以後、紙面を監視することにします。

さて、今朝も福島第1原発での初歩的なミス等の驚きのできごとから始めます。
1.「汚染水4トンあふれる=福島第1、移送先誤る?−東電」時事通信10/0200:25 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100100497
記事「・・・・1日、福島第1原発で貯蔵タンク群を囲うせき内の雨水を移送中、一時貯蔵用の小型タンクから水があふれ、周囲の土壌に染み込んだと発表した。あふれた水は4ト
ン程度で、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり390ベクレル含まれていた。この小型タンクに移す予定はなかったといい、移送先を誤った可
能性がある。・・・東電によると、4号機南西側にある容量12トンの小型タンクで午前11時50分ごろ、水があふれているのを巡回中の協力企業の作業員が発見。約20分後に
移送を停止した。・・・東電は、せき内の水を別のタンク群のせきに移す計画だったが、ホースをつないだ先が小型タンクになっていた。移送作業は1人で行っていた。・・・
・」
2.「窒素発生装置停止=作業ミス原因−福島第1」時事通信 10/0113:30
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100100509
記事「・・・・・1日、福島第1原発1〜3号機の原子炉内に窒素を注入する装置で、作業員が誤って停止ボタンを押したため、稼働していた2系統のうち1系統が停止したと発表
した。残る1系統で必要な窒素量は確保できており、周囲の放射線量などに異常は確認されていないという。・・・東電によると、同日午前10時45分ごろ、1〜3号機の水素爆
発を防ぐため、原子炉に窒素を注入して水素濃度を下げる装置が停止しているのを確認した。同日午後に再起動する予定。・・・東電は窒素注入装置2系統を使用し、午前5時時点
で1時間当たり計約60立方メートルを注入していた。東電は1系統だけでも最大で120立方メートルを注入できると説明している。」
・・ほんとうに毎日毎日、こうした事故が繰り返される、取り返しのつかない大事故が起きる予感がします。
3.『セシウム濃度」3倍以上に 第1原発5、6号機港湾外」福島民友(10/01 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1001/news11.html
記事(福島)県は30日、東京電力福島第1原発港湾内の5、6号機の取水口近くに設置した水中カーテン『シルトフェンス』が破断した問題を受け、緊急実施した海水の放射性物
質検査結果を発表、外洋(港湾外)にある放水口付近で採取した海水から1リットル当たり1.62ベクレルの放射性セシウムが検出された。・・県は発生翌日の27日に海水を採
取。同じ場所で19日に採取した海水の放射性セシウム濃度は同0.48ベクレルで、3倍以上に上昇した。・・・・・・・」
・・・・・確実に外洋にもれています。

次の記事が、おどろきの現場を伝えます、
4.「汚染水タンクずさん作業 ガムテープでふた、隙間充?材流れる 福島第1原発 元作業員が本紙に証言」しんぶん赤旗10月1日1面トップ
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-01/2013100101_01_1.html
長文記事「放射能汚染の拡大を制御できない非常事態にある東京電力福島第1原子力発電所事故。その原発で汚染水の貯蔵タンクの組み立て、補修にかかわった元作業員が本紙の取
材に応じ、東電、元請けなどによるずさんで無責任な「収束・廃炉」作業の生々しい実態を証言しました。・・・男性(40代)は沖縄県出身。2012年7月から12月まで福島
第1原発でタンク組み立て作業につきました。あっせんしたのは沖縄県内の建設会社。実態は工事現場に作業員を送る『人夫出し』。東電の3次下請けで、元請けはゼネコンの大成
建設です。・・・・・」
・・・長文ですが、原発労働の実態も伝える記事です、是非検索して一読ください。
規制委でも、
5.「汚染水漏えいの東電調査 規制委が疑問視」福島民報10/01 11:10
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013100111242
記事「・・・・底板の隙間が原因の可能性が高いとする東電の調査結果は疑わしいとして「原因不明と言わざるを得ない」との見解を示した。・・・・・原子力規制委は、東電の調
査結果に対し、隙間の大きさが当初の想定より小さく大量の汚染水が漏れたことに疑問が残ると指摘。・・・・・・・」

その東電が再稼動への動きをされに進めています、
6.「地元窓口の組織設置へ=柏崎刈羽原発の市村訪問−東電社長」時事通信10/0117:37
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100100831
記事「・・・・広瀬直己社長は1日午後、東電柏崎刈羽原発が立地する新潟県柏崎市、刈羽村を相次いで訪問し、会田洋市長と品田宏夫村長と個別に会談した。広瀬社長は同原発
6、7号機の再稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請したことを報告。原発の立地自治体との協議、調整や住民への説明などを担当する窓口組織を新たに設置する考えを
伝えた。」

政府は、
7.「原発政策を維持=菅官房長官」時事通信10/0112:00 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100100419
記事「菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で、小泉純一郎元首相が『脱原発』を訴えていることについて、『エネルギーの安定供給、コスト低減という観点を含めながら責任ある
政策を構築していくことが政府としては極めて大事だ』と述べ、安倍政権として原発を維持する立場に変わりがないことを強調した。・・・菅長官は『原発問題はさまざまな意見が
ある』とした上で、『総合的なエネルギー政策を推進していくのが国民の負託を受けている私たち政権の役割だ』と語った。」
次の発言を受けてのコメントです、
7‘.「小泉元首相が『脱原発』主張=安倍政権に決断促す」時事通信10/0119:43 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100100979
記事「・・・1日、名古屋市で講演し、日本のエネルギー政策について『私は原発ゼロを主張している。(原発事故を引き起こした)東日本大震災をチャンスと捉えるべきだ。原発
ゼロの循環型社会をつくる契機となる』と述べ、「脱原発」を訴えた。・・小泉氏は『原発ほど費用がかかるものはない。事故を起こしたら影響は計り知れない。廃炉も40〜50
年かかる』と指摘。『原発をゼロにしても日本は十分やっていける。早い方がいい』と、安倍政権に脱原発の早期決断を促した。」

8.「環境相、原発ゼロ前提で議論を 温暖化対策目標で」共同通信(10月 1日)
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/10/post-8368.html
記事「石原伸晃環境相は1日の閣議後の会見で、日本の新しい温室効果ガス削減目標は、総発電量に占める原発の比率をゼロとすることを前提に議論を進めるべきだとの考えを示し
た。・・・ただ、原発比率の具体的な数字や、削減目標そのものの数値はまだ閣僚間で確定していないとしている。・・・・将来が見通せない原発の比率を仮定して議論することに
経済産業省が反対している。」
・・・・原発派CO2がゼロというのは大変な誤解です。
9.「原発廃炉、積立期間を延長 経産省が会計規則変更」共同通信(10月 1日)
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/10/post-8359.html
記事「経済産業省は1日、電力会社が原発の廃炉をしやすくするため、省令を改正し電気事業の会計規則を変更した。現在、運転終了時までとしている廃炉引当金の積立期間を最大
10年間延長し、その費用を電気料金で回収できるようにする。政府が東電に廃炉を要請している福島第1原発5、6号機が最初の対象になる見込み。・・・これまでの規則では、
運転終了時に廃炉引当金の積立額が足りなければ、電力会社は損失として不足額を一括計上しなければならなかった。変更で引当金不足による巨額の財務負担を減らし、電力会社が
当初の想定と異なる時期の廃炉を決断できるようにする。」

規制委は、
10.「川内原発、暫定施設が高性能? 規制委側が疑問視」共同通信(10月 1日)
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/10/post-8369.html
記事「原子力規制委員会は1日、九電川内原発1、2号機(鹿児島県)の新規制基準への適合性を審査する会合を開いた。事故時の対応拠点となる緊急時対策所の被ばく防護に関
し、九電は2015年度完成の本格的な対策所より、それまで使う暫定的施設の方が優れているとの評価結果を提示。規制委側は『新しく造る方の性能が悪くていいのか』と疑問視
した。・・・・・・・」

被災地フクシマ、
11.「家屋の賠償、最大3倍に=原発事故で見直し案−紛争審」時事通信10/0117:54 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100100854
記事「・・・・不動産の賠償指針では、家屋の補償は築年数が長いほど低く算定される。最も低いのは木造家屋で築48年超の場合で、新築時点の価値の2割と規定されている。審
査会は、これを6割まで引き上げる原案を示した。避難者の多くが都市部に移転しており、不動産価格が高い避難先での住宅取得などが難しい現状を踏まえた。
 また、避難指示を解除した後の住民の精神的損害に対する賠償(慰謝料)について、審査会は『周到な準備を進めた上で1年間支払うのが妥当』(能見善久会長)との方針を示し
た。現行の賠償指針は、避難指示が解除されるまでの期間で、事故から最長6年。その後は方針が示されていない。」
・・・・昨日あった記事の概要ですね、打ち切りも想定−これは被災者は到底納得しかねるのではないでしょうか。
12.「浪江町の津波遺族、和解成立=東電が2.9億円支払い−紛争センター」時事通信10/0117:09
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100100780
記事全文「東日本大震災の津波で親族を亡くした福島県浪江町遺族会の374人が、東京電力福島第1原発事故で捜索や遺体の収容が遅れ精神的苦痛を受けたとして、原子力損害賠
償紛争解決センターに申し立てた和解仲介申し立ては1日、東電側が慰謝料など総額約2億9000万円を支払うことで和解が成立した。・・・弁護団によると、173人の犠牲者
1人ごとに、血縁関係などに応じて20〜60万円の慰謝料が支払われる。・・・また、和解契約書に謝罪は含まれなかったが、東電側答弁書に記載された事故に対するおわびを、
センター側が和解案提示理由書に引用する形で決着した。」
・・・東電は、謝罪を拒否している、なんということでしょう。
13.「双葉町が埼玉支所移転 避難所残る高校から」共同通信(10月 1日)
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/10/post-8361.html
記事「・・・・・同校には最後の避難所があり、現在も約90人が生活。町は避難所を閉鎖する方針で、先に埼玉支所を移転させ、避難者の住居探しの支援を続ける。・・・・・」
14.「双葉郡中高一貫校構想 就学希望者わずか3%」河北新報(10/1 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/10/20131001t61011.htm
記事「福島第1原発事故で全町避難する福島県富岡町の小中学生のうち、同町など同県双葉郡8町村でつくる中高一貫校への就学希望者が3%にすぎないことが町のアンケートで分
かった。・・・町への帰還意思を尋ねる質問では『帰らない』との答えが小学校高学年で20%、中学で26%だった。『今の生活が良い』という理由が目立った。・・・・」
15.「ADR案上回る額で和解 避難一家と東電、静岡地裁」共同通信(10月 1日)
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/10/post-8365.html
記事「福島県南相馬市から静岡県伊豆の国市に避難した一家が、精神的苦痛や経済的負担を強いられたとして東電に約3千万円の損害賠償を求めた訴訟で、裁判外紛争解決手続き
(ADR)の和解案を上回る額での和解が静岡地裁(村野裕二裁判長)で成立していたことが1日、分かった。和解は9月30日付。・・・東電が損害賠償金を支払う内容で和解が
成立したが、具体的な金額は双方とも明らかにしていない。原告側代理人の増田健二弁護士は、ADRの和解案を上回る額で裁判が和解したのは全国初としている。」
16.「全漁連、韓国に禁輸措置撤回要請 8県の水産物」共同通信(10月 1日)
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/10/post-8362.html
記事「・・・・全漁連によると、韓国側は要請に対し『客観的な立場で科学的に(安全が)証明できれば、早く解決できるだろう』と応じた。岸会長は要請の後、記者団に『漁業者
の実情を韓国政府に伝えた。今後も要請を続けたい』と話した。・・・・」
・・・・・国に向かって言うべきです。
17.「1日の県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の放射線量測定値・放射性物質検査結果」福島民報10月2日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・・基準超、測定・・、人為的ミスで異常値・・・、などの文言がみえます。

原発立地地域、
18.「下北半島、地下調査方法再考を 反核団体、規制委に要請書」河北新報(10/1 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/index_k02.htm
きじ「・・・・要請書で原告団は、今回の独自調査自体は『極めて有意義』と評価した上で、内容が不十分と指摘した。半島に立地する原子力施設の稼働に向けた適合審査との直接
的な関連を否定する原子力規制庁の姿勢を批判し、『調査結果は審査に反映すべきだ』と主張した。・・・・・・・」
19.「もんじゅの斎藤新所長が就任 『再発防止策進める」」西日本(10月01日 11時39分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/43188
記事「・・・・高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の所長に1日付で就任した斎藤伸三氏(72)・・・」
・・・・・・・72歳。

電力会社は、(数日前に同様の記事がありました)
20.「電力9社、今冬も安定供給確保=全原発停止でも」時事通信」10/0117:49 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013100100846
記事「沖縄電力を除く電力9社は1日、今冬の電力需給の見通しを経済産業省に報告した。国内の原発50基が全て停止した状態が続いても、各社は火力発電所の定期検査を春以降
に繰り延べたり、他の電力会社から融通を受けたりして供給力を確保。需給の余裕を示す予備率は、全社が安定供給に最低限必要とされる3%以上になる。
 企業や家庭の節電効果を慎重に見積もり、寒さが厳しいことを想定したケースであっても、予備率が最も低い関西、九州両電力で、2月に3.0%を確保。最も高い東京電力では
同月、10.2%となる。」
・・・・・“使え、使え”と、無駄な電気を使わされてきた国民の努力の結果です、それにしても東電は余裕があります、原発再稼動なんてもってのほかです。

今届いた西日本新聞朝刊紙面では、1面トップは消費税増税の記事、
2面に、囲み記事として、7‘.の記事、
3面に、18.の類似記事、
21.「九電 他電力から融通確保 需給にめど 冬の電力不足なし」
13面にも、
21’.「九電 火力 今冬もフル稼働 故障起きれば需給不安も」
ネットでは、
21” .「九電、冬の電力ぎりぎりセーフ 供給余力3%確保」10月02日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/24531/1/
記事「・・・・ただ、九電が見込む供給力には、電力市場からの調達分を一切含んでいない。九電はこの夏の節電要請期間中、市場から最大で124万キロワットを購入した実績が
ある。割高になる可能性はあるものの、市場調達による供給力上積みの手段は残されている。」
・・いやいや、十分に余裕があります。
6面、
22.「聞き書きシリーズ 原爆を背負って “仙ちゃんの死” 被団協谷口さん」
26面には、
23.「復興法人税廃止に懸念 9000億円減収 被災地『予算不足招く』」
28面には、
24.「生活ぐらり 弱者悲鳴 ・・・被災地、不安と失望 『ないがしろにしている』」
その下方に、15.の類似記事、
25.「津波犠牲者 捜索遅れ 東電が遺族側に賠償 和解が成立」
今朝の紙面は以上です。

★ 国際環境NGO FoE Japanの満田 さんから:
深刻な状況が続く汚染水対策について、院内集会および政府交渉を行います。
いわきから漁業者の方が参加され、現地の状況についてお話しされます。
また、原発立地の伊方、新潟、浜岡、玄海から市民が参加します。
ぜひご参加ください。
-------------------------------------------------
福島原発の汚染水対策について院内集会・署名提出と政府交渉
http://www.foejapan.org/energy/evt/131002.html
------------------------------------------------
□10月2日(水)13:00〜16:30
□参議院議員会館 講堂
 12:30〜 ロビーにて通行証を配布します
 13:00〜14:30 院内集会
 15:00〜16:30 署名一次提出・政府交渉
□交渉相手:原子力規制庁/経済産業省

□各地より
いわきから…いわき市漁業組合の所属の漁師さん
原発立地自治体から…
   【伊方】 大野恭子さん
     【新潟】 金子貞男さん
     【浜岡】 鈴木卓馬さん
     【玄海】 荒川謙一さん
□呼びかけ:グリーン・アクション/国際環境NGO FoE Japan/グリーンピース
ジャパン/おおい原発止めよう裁判の会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪
の会(美浜の会)/原子力規制を監視する市民の会/福島老朽原発を考える会
(フクロウの会)/ピースボート/NNAA(No Nukes Asia Actions)/ノーニュー
クス・アジアフォーラム・ジャパン
□問合せ:090-8116-7155 阪上(原子力規制を監視する市民の会)まで

★ 木村(雅)さんから:
(経産省前テントひろばからの案内)
本日、10月2日(水) 東電解体!東電本店合同抗議
     汚染水を止めろ!柏崎刈羽原発再稼動するな!
18:30〜20:00  東電本社前
(JR新橋駅から徒歩5分、地下鉄内幸町から4分、経産省前テントひろばから7分)

今こそ東電解体を迫る闘いのうねりを!
呼びかけ団体:
経産省前テントひろば、首都圏反原発連合、たんぽぽ舎、東電株主代表訴訟
 
 東電は非常事態にあるフクイチの放射能汚染水海洋流出に全力で立ち向かうより、企業としての延命のためにあろうことか柏崎刈羽原発再稼動に向けて突進している。まったく許
し得ないことです。 
 世界の前に大ウソをついた安倍政権の汚染水対策は実効性のない、ただ東電の延命に手助けするだけのものなのか。
 この国の全力をあげた汚染水対策を進めさせるためにも、そして原発再稼動をさせないためにも、今、東電解体を迫る大きな闘いが必要とされています。
 本日、10月2日(水)の東電本店合同抗議の行動は益々重要性を増しています。是非、この行動にご参加下さい。
※なるべく東電への抗議、反原発・脱原発というテーマに関する旗やのぼり、バナー、プラカード等でご参加ください。 

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

● 原発労働者梅田裁判第7回口頭弁論 301号大法廷)● 
  ■日時:10月2日(水)■場所:福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1−1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会9:30〜   〇入廷行進9:45〜
    〇裁判開始10:00(口頭弁論・意見陳述)
   〇報告集会10:30 福岡市立中央市民センター ホール
  福岡市中央区赤坂2丁目5−8 tel092−714−5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

● 「さよなら原発!福岡」例会 10月2日(水)18時30分〜
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
     福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
      地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 10月3日(木)13時半〜17時 第2回公判(検察側証人尋問)
 6/25に不当逮捕され、7/17に起訴された福岡の原発事故避難者kさん
11月22日に判決予定。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
11月10日(日) 舞鶴公園(福岡市中央区城内1)
10:00- ライブetc.
12:45- 本集会
15:00- デモ・パレード出発
  ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
呼びかけ個人・団体登録。メッセージ。賛同カンパ。Tシャツ注文。

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
        青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内