[CML 027953] 12/1(日)民主主義社会に「秘密保護法」はいらない!!@連合会館(東京・御茶ノ水)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 11月 29日 (金) 23:35:13 JST


紅林進です。

12月1日(日)に東京・お茶の水の連合会館(旧総評会館)で開催される
下記緊急集会のご案内を転載させていただきます。
 
(以下、転送・転載歓迎)

★★★緊急集会!!★★★

民主主義社会に「秘密保護法」はいらない!!

 何が秘密かも、秘密!?
 いま、私たちの民主主義と自由は、大きな危機に直面しています。
憲法で禁じられているはずの軍事力強化、私たちの暮らしをまるごと
多国籍企業に明け渡すTPPの推進、福島の被害を考えれば言い出
すことさえできないはずの原発再稼動と輸出、そして、憲法の改悪。

 こうした「危険すぎる政策」を強行しようとする安倍政権は、特定
秘密保護法によって、私たちから情報を奪おうとしています。情報
こそ民主主義になくてはならないものです。私たちは主権者として、
政府が何をしようとしているか、私たちの税金が何に使われている
かを知る権利と責任があります。

「何が秘密かも、秘密。」という秘密保護法は、民主社会を死に至
らせる最悪の法律です。人権の尊重に裏付けされた公正な社会、
市民の連帯による参加型の民主主義社会をつくっていくために、
私たち主権者もまた、ともに考え、ともに動き出すときです。ぜひ
お集まりください。

【プログラム】 司会:木内みどり(女優)
○あいさつ 実行委員長 ?宇都宮健児(弁護士・反貧困ネットワーク代表)
○問題提起
 ・秘密保護法:田島泰彦(上智大学教授・監視社会を拒否する会共同代表)
 ・原発:海渡雄一(弁護士・脱原発法制定全国 ネットワーク事務局長)
 ・解釈改憲:高田健(許すな!憲法改悪・市民連絡会)
 ・メディア:東海林智(毎日新聞記者・元新聞労連委員長)
 ・TPP:内田聖子(PARC事務局長・STOP TPP!! 市民アクション)
 ・市民活動:満田夏花(FoE Japan理事・原子力規制を監視する市民の会)
○ディスカッション

【日時】2013年12月1日(日) 18:30〜20:30(開場18:15)
【会場】連合会館2階 大会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
    T)03-3253-1771
    地図http://rengokaikan.jp/access/
    
【参加費】500円 ※申込不要

【主催・呼びかけ】「民主主義社会に秘密保護法はいらない!」実行委員会 
           T)03-3571-6051(東京市民法律事務所内)
           プレス問い合わせ担当:安藤、佐藤(090-4669-2341)


CML メーリングリストの案内