[CML 027947] 慰安婦問題、インドネシアの女性証言 「日本軍のテントに連行された」

BARA harumi-s at mars.dti.ne.jp
2013年 11月 29日 (金) 15:21:55 JST


新聞記事
2013.11.28
朝日新聞・朝刊
http://digital.asahi.com/articles/TKY201311270675.html?ref=pcviewer

慰安婦問題、インドネシアの女性証言 「日本軍のテントに連行された」

慰安婦問題は日韓間だけの問題ではない。
日本政府が約20年前、東南アジアへの波及を防ぐ外交を水面下で進めていた
ことを朝日新聞は報じた。
1942年に日本が占領したインドネシアには、現在も「旧日本軍から性暴力を
受けた」「慰安婦だった」と証言する女性がいる。
被害状況さえ解明されないまま置き去りにされた彼女たちに会いに行った今夏の
取材を報告する。

 赤道直下に浮かぶインドネシア・スラウェシ島には元慰安婦の支援団体がある。
これまで団体が聞き取りをしていない人を紹介してほしいと依頼した。

 最初に会ったのは島南西部のシンジャイ県に住むベッチェさん。
築数十年の高床式の家を訪ねた。
80代半ばで曲がった腰にサロンと呼ばれる布を巻いている。
未婚で親戚一家の元に身を寄せている。

 記者は「当時、日本兵に何か怖いことをされたのですか」と切り出した。
インドネシアは地域によって言語が異なる。
日本語からインドネシア語、そして地域語へ、2回の通訳を経て質問は届く。
彼女はつぶやくように話し始めた。

 「あの時、私は10代半ばでした。ある暑い日の夕方、2人の男が家で
料理をしていた私を無理やり外に引っ張り出しました」

 男たちはインドネシア語ではない言葉を話し、銃を持っていた。それを見て
ベッチェさんは日本兵だと思ったという。
10分ほどで彼女の目は涙であふれた。

 「娘を連れて行かないでくれ」と叫ぶ父親の目前でベッチェさんはトラックの
荷台に押し込まれた。
他にも同年代の女性が乗っていたという。
着いた場所には「日本軍のテントが張ってあった」。
そのうちの一つに連れて行かれ、複数の男に犯されたと語った。

 当時、その場所に出入りしていたというインドネシア人男性・ハムザさんに
話を聞くことができた。
「日本軍が三つテントを張って7人の女性を閉じ込めていた。
そこで彼女(ベッチェさん)を見た。
連行したのは地域を管理していた日本兵だ」。
当時、若い女性が日本兵の慰安婦にされることが地域で恐れられていたという。

 ベッチェさんは約3カ月後に解放された。
だが、家族から「汚い人間は必要ない」と家を追われた。
裸足で丸2日歩いた末、知人の住む村で畑仕事を手伝いながら生き延びた
という。
「これまで何もしてくれなかったインドネシア政府に腹が立つ」。
取材を終えた時、紅潮した顔が涙でくしゃくしゃになっていた。

 ■「大きな建物 たくさんの小部屋」

 取材班は、女性たちが被害を受けたと証言する現場を探した。

 島南西部のピンラン県に住むイパティマンさんの証言は詳細だ。
当時、働いていた製糸工場内で小銃を持つ男に腕をつかまれた。
インドネシア人の顔つきではなく日本兵だと思った。
トラックで15分ほど走った所にあるマリンプン地区に連れていかれたという。

 「大きな木造の建物に入れられました。
廊下を隔ててたくさんの小さな部屋がありました」。
そこに日本兵が次々にやって来て辱めたという。
「大声で叫びました。怖くて涙が止まりませんでした」。
3カ月後に解放されて間もなく、戦争は終わったという。

 取材班は彼女の家から10キロほどのマリンプン地区に入った。
古くから近くに住むタヒルさんという男性が広大な牧草地に案内し、
「昔、ここにはたくさんの日本兵がいた。大きな基地だった」と話した。
建物跡は見つからなかったが、日本軍がいたという裏付けになる証言だ。

 イパティマンさんは自らが働いていた工場を営む日本企業を正確に
覚えていた。
今もある大手企業だ。

 取材班は彼女の証言を頼りに、工場があったとみられるピンラン県
パチョゲン地区の住宅街の一角に向かった。
民家ばかりで工場を思わせる痕跡はない。
近くに住むイカラウさんという女性に出会った。

 イカラウさんは、こちらが教えていないのに、イパティマンさんの証言と
同じ日本の企業名を言い、「日本軍がいた当時、ここに工場があった」と
話した。さらに「母親からは『工場に近づいてはいけない。
日本人の嫁にさせられる』と言われた。みんな恐れていた」と続けた。

 取材班は当時の資料にもあたった。スラウェシ島は当時、「セレベス島」と
呼ばれた。
終戦後、旧日本軍がオランダ軍の求めに応じて作成した「南部セレベス
売淫施設(慰安所)調書」には「ピンラン分県ピンラン町」に慰安所があった
とある。
それがイパティマンさんの言う場所かは不明だ。
大手企業に取材すると、スラウェシ島に工場があったとの記録は残っているが、
それがパチョゲン地区なのかは「確認のしようがない」とのことだった。

 ■「全土300人以上」の記録も

 日本はインドネシアとの個別の平和条約(58年発効)に基づき約2億
2千万ドル(約803億円)を賠償し、戦後処理の一環として約1億8千万ドル
(約637億円)の経済協力などを実施した。
慰安婦問題の償い事業のため、日本政府の主導で95年に設立された
「女性のためのアジア平和国民基金」(アジア女性基金)も償い金として
3億7千万円を支援。
インドネシア社会省は高齢者福祉施設69カ所の建設や修繕費に充てた。

 基金の記録によると、スラウェシ島の21カ所を含め、インドネシア全土
には少なくとも40カ所弱の慰安所があり、300人以上の慰安婦がいた。
これらの数字は「南部セレベス売淫施設(慰安所)調書」などに基づくものだ。

 基金は調査報告書でインドネシアには中国、朝鮮、台湾出身の慰安婦も
いたが、「多くは村落社会から募集された」と指摘。
軍が管理した慰安所以外に「特定の部隊が独自に女性を集めて自分たち
だけが利用した私設の慰安所のようなところ」もあったとした。

 93年に現地調査した日本弁護士連合会は女性8人から「慰安婦にされた」
との証言を得た。
その報告書に「慰安所が各地に設けられ、若い女性が性的関係を強要された」
とまとめた。

 ■内容は克明、答えに矛盾なし

 取材班は今年7月、スラウェシ島に約2週間滞在し、元慰安婦や
目撃者と名乗る約20人と会った。
インドネシアには多様な地域語があり、多くの場合、日本語から
インドネシア語、そして地域語に2度の通訳を介して話を聞いた。
取材を拒む人や、記事にしない条件で話す人もいた。

 彼女たちの証言を完全に裏付ける資料は見つからなかったが、
内容は克明で信用できた。
連行の様子や閉じ込められた部屋の特徴、どんな辱めを受けたか、
解放後どうやって帰宅したか、どれも具体的だった。

 金銭を受け取ったか、どうして逃げなかったのかという話し
づらいことも聞いた。
金銭を受けたという人はおらず、見張りや仕返しが怖くて逃げられ
なかったという答えが相次いだ。
同じことを角度を変えて何度か聞き直しても答えに矛盾はなかった。
70年たった今も彼女たちは苦しみ続けていた。

 (鬼原民幸、板橋洋佳)

 <報道の経緯>

 朝日新聞は90年代の慰安婦問題に関する数千枚の外交文書を
情報公開で入手し、当時の政府高官らの証言とあわせ、慰安婦
問題の拡大を防ごうとした日本外交の裏側を10月13日付朝刊で
詳報した。
日本政府が当時、韓国で大きくなった慰安婦問題が他国に波及
するのを恐れ、東南アジアで聞き取り調査をしなくて済むよう動いて
いたという内容。

 ■日本兵から性被害を受けたという女性たちの主な証言

【名前】 証言内容

【テンバ】 自宅から連行。昼は紡績工場で強制労働、夜は
宿舎から出られず。
特定の日本兵が毎週のように部屋へ。
4カ月後に解放。家族に打ち明けてこなかった。

【イタン】 市場から複数の女性とともに連行。
3畳ほどの部屋で3カ月間、何人もの日本兵の相手に。
自殺も考えた。
今も寝る前や食事の時に記憶がよみがえる。

【チェンボ】 道端で物売り中、常連の日本兵によって連行。
3カ月の監禁後、その日本兵と結婚し妊娠。終戦で離別して
から連絡が取れず、1人で子どもを育てる。

【ミナ】 畑の帰りに父親の目の前で連行。
1年以上、毎日複数の日本兵に辱められる。
誰も避妊せず2回妊娠し、流産した。
銃で殴られ右目を失明した。

【ミナサ】 自宅近くの森に連行。草を布団代わりにして
犯される。
終われば帰宅できたが、3人の日本兵がほぼ毎日やって来た。
今も日本人が怖く、憎んでいる。

【アティ】 自宅から日本軍管理の石灰工場へ連行。
朝から働き、午後は部屋に複数の日本兵が。
数カ月後に隙を見て逃亡。心が壊れた体験で、詳しく話したくない。

【サニアガ】 村長に命令され日本軍の施設に。強制労働中に
何度も「バッキャロー」と言われた。
自分の経験は話せないが、日本兵の子を妊娠して殺された
女性もいた。

 (敬称略。
すべて取材班への証言。現在の年齢はいずれも80~90代) 



CML メーリングリストの案内