[CML 027932] IK改憲重要情報(29)

河内 謙策 kenkawauchi at nifty.com
2013年 11月 28日 (木) 19:52:57 JST


IK改憲重要情報(29)[2013年11月28日]



 私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信しま
す。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自
由です。)

   

弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策



連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所

(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)



 弁護士アピールを支持する市民の会

 http://2010ken.la.coocan.jp/kaiken-soshi/



___________________________________________



       中国の防空識別圏をめぐって(その2)



 中国の防空識別圏設定を巡って、アジアの国際的緊張が極度に高まっていること
は、皆様ご存じのとおりです。

 私(河内)は、日本の政府を支持しろ、と言っている訳ではありません。中国政府
も、日本政府も、アメリカ政府も、戦争回避を第一にせよ、戦争をするな、と民衆が
声をあげる必要性を訴えているのです。民衆の声が戦争阻止の方向で動かなければ、
日本が正しいか、中国が正しいかの論争でアジアの民衆は分断され、戦争回避の努力
はされず、戦争につながるチキンゲームが展開されることになるでしょう。これは、
いつか来た道ではないでしょうか。

 アメリカに次いで、日本の自衛隊機が無通告で中国の防空識別圏を飛行しました。
これは快挙ではありません。必ず、中国のしっぺ返しが来るでしょう。こういうチキ
ンゲームをやめよ、というのです。

http://www.asahi.com/articles/TKY201311280099.html



  日本政府は、領空侵犯した中国の無人機を撃墜することがありうることを決めまし
た。大変な決定です。すかさず中国政府は、そういう場合には「果敢な措置で反撃す
る」と強調しました。これも、軍事的緊張のエスカレーション→チキンゲーム、とな
るでしょう。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131026/chn13102621010006-n1.htm

  今回の中国の暴挙の裏に何があるのか、私にはまだ確とした見解はありません。た
だ、今回の問題は、尖閣問題にとどまるものではなく、中国の東アジアの覇権確立

という視点から考察しなければならないと思います。中国の政府当局者は、南シナ海
も今回と同様な手法でやっていくことを広言しています。中国とは恐ろしい国です。

中国共産党の指導者は私達と住んでいる次元が違うことを痛感します。念のため言い
ますが、これは差別ではありません。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131125/chn13112518410008-n1.htm

________________________」

                    以上









CML メーリングリストの案内