[CML 027894] 猪瀬都知事と安倍首相は犯罪者、すぐ辞職せよ: 中川譲が秘密保護法と猪瀬スキャンダルを語る

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 11月 27日 (水) 07:11:49 JST


猪瀬都知事と安倍首相は犯罪者、すぐ辞職せよ

嘘つき安倍首相、贈収賄の猪瀬都知事 
両人とも犯罪者である。
犯罪者を私たち主権者、納税者は雇う必要はない。
私たちの税金で生活している、警察、検察は
直ぐ逮捕せよ。
嘘をついたら謝罪して、責任を取るのが、人間社会の常識です。
それをしない、首相や都知事が職を続けることは許されない。
全国の大人は、子どもたちが嘘をついても不正を働いても放置しているのか。
    石垣
  
以下一部転載です。
>、猪瀬都知事の徳州会スキャンダル、5000万円の借用書を猪瀬氏出しましたが、
中川さんこれは5000円の借用書だと批判され、スタジオでもこんな紙で5000万円借りられるのかと批判があり(捺印、印紙なし)、
猪瀬氏、副知事時代に徳州会へ7億5千万円の補助を出しており、猪瀬氏の弁明、言いつくろうたびに不信であり、
たとえ借用書が本物でも、東京都から巨額の補助を受けている団体からお金を借りるのは違法であり、
猪瀬氏は弁護士と相談して対処しているが、自分の立場をちゃんとすべきで、
猪瀬氏は400万票を得て当選したもの、この問題でははっきりすべきと言われました。


---

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は帝塚山学院客員教授の中川譲さん(元朝日のデスク)のお話でした。

 秘密保護法、野党の反対の中強行採決され、与党は今国会で強行する模様です。中川さん、安倍氏すら不安があるのに強行するのは、最終目標が集団的自衛権行使=日本もアメリカと一緒に戦争する=アメリカとの秘密保護が要り強行したが、日本は戦後戦争をしなかったのにそれを転換した、戦後日本が、戦前の戦争ばかりしていた日本に戻り、安倍氏の言っていた日本を取り戻すとは、戦前の日本を取り戻すことだと厳しく批判されました。
 なお、このニュース、昨夜は報道ステーションで大きく取り上げ、サンテレビでは神戸の中心で300人規模の反対のデモがあり、それもだんだん人数が増えたとの報道がありました(NHKはあまり大きく報じませんでした)。

 そして、猪瀬都知事の徳州会スキャンダル、5000万円の借用書を猪瀬氏出しましたが、中川さんこれは5000円の借用書だと批判され、スタジオでもこんな紙で5000万円借りられるのかと批判があり(捺印、印紙なし)、猪瀬氏、副知事時代に徳州会へ7億5千万円の補助を出しており、猪瀬氏の弁明、言いつくろうたびに不信であり、たとえ借用書が本物でも、東京都から巨額の補助を受けている団体からお金を借りるのは違法であり、猪瀬氏は弁護士と相談して対処しているが、自分の立場をちゃんとすべきで、猪瀬氏は400万票を得て当選したもの、この問題でははっきりすべきと言われました。

 そして、姫路での事故、追跡パトカーが女性を引いて死なせてしまい、パトカーの追跡事故は5月、7月にも関西であるのです。中川さん、不審車両を追うのにも安全第一で、現場の士気が落ちるならおかしく、ナンバーを記録したら後で取り押さえられ、警察が安全第一のことの見解を徹底させるべきと言われました。



 


CML メーリングリストの案内