[CML 027862] 400万トンの食品が捨てられている

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 11月 25日 (月) 14:37:39 JST


 坂井貴司です。

「飽食大国ニッポン」と呼ばれて久しい日本は、年間400万トンもの食品が捨
てられている国です。餓死者が続出する一方で、まだ食べられる食品が「鮮度が
落ちた」と捨てられ生ゴミになっています。

 これは、日本の消費者の異常なまでに強い鮮度志向に答えるために作られた
「3分の1」ルールによるものです。

 生ゴミとして捨てられるまだ食べられる食品を減らそうとする現場の動きを、
「クローズアップ現代」が報告します。

 NHK総合
 「クローズアップ現代」
 このままでは“もったいない” 〜動き出した食品ロス対策〜
 http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3436
 
 放送日:11月25日
 放送時間:19時30分〜19時56分
 再放送:0時10分〜0時36分 
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内