[CML 027845] 強制連行・「慰安婦」問題に関する講演会の案内

nakatamitsunobu mitsunobu100 at gmail.com
2013年 11月 24日 (日) 20:20:07 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会の中田です。
複数のメーリングリスト・個人に投稿しています。重複される方申し訳ありません。
直前の案内で申し訳ありませんが下記の催しが開催されます。
転送歓迎と言う事なのでお知らせします。

**************(転送歓迎)*****************************************************
日韓の過去史清算において極めて重要な意味を持つ新日本製鉄強制連行賠償訴訟の原告弁
団長をつとめておられる、張完翼先生(チャン・ワンイク、韓国・民主社会のための弁護
士会・過去事業清算委員会委員長、法務法人「ヘマル」代表弁護士)をお招きし、下記の
ように2回、講演会と研究会を行ないます。

  .董璽沺А峇攅颪砲ける強制動員被害者の日本企業に対する訴訟の展開及び慰安婦
        問題の現状について」 ※通訳付き
   日 時:11月26日(火)午後6時〜8時
   会 場: 立命館大学朱雀キャンパス2F 203教室
   司 会:松本克美(立命館大学)、コメンテーター・岡野八代(同志社大学)
   主 催:立命館大学ジェンダー法研究ユニット、
   共 催:立命館大学ジェンダー研究会、ジェンダー法学会関西支部、
       ジェンダーと平和・ 開発研究会、女性・戦争・人権学会、
   後 援:立命館大学・法心理・司法臨床センター

◆ .董璽沺А嵜憩本製鉄強制連行賠償訴訟勝訴と戦後補償問題の新局面」※通訳付き
   日 時: 2013年11月27日(水)  午後4時30分〜午後6時30分
   会 場: 立命館大学衣笠キャンパス学而館第2研究会室
   主 催: 立命館大学政策科学研究科オープンリサーチセミナー、
       立命館大学コリア研究センター特別研究会

昨年(2012年)5月に韓国大法院(最高裁)が、個人の請求権を初めて認める判断をし
て、第2次大戦中に日本に強制徴用された韓国人4人が当時の勤務先、新日鉄と三菱重工
業に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し判決を出したことを受けて、ソウル高裁は7月10
日、原告の請求通り新日鉄住金に4億ウォン(約3500万円)の支払いを命じたことは、日
本でも大きなニュースになり、よく知られています。またこの判決は、今後の戦後補償裁
判全体に大きな影響を与えるものとして、日韓両国において高い関心を集めています。
日韓の過去史清算において極めて重要な意味を持つこれらの訴訟について、内容と意味、
最新の動き等を聞く貴重な場となりますので、奮ってご参加くださいますよう、お願いい
たします。

 *************************************
問い合わせ
 [立命館大学コリア研究センター(RiCKS)]
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 修学館2F
TEL 075-466-3264 (内線3228)
FAX 075-466-3247
HP http://www.ricks2005.com/index.html
*************************************



CML メーリングリストの案内