[CML 027777] 【11・25−26「特定秘密保護法案」衆院通過反対緊急アクション@京都の呼びかけ】11・22「特定秘密保護法に反対する京都府民有志」(仮称)打ち合わせ会議(キンカン行動後@カフェ・ベローチェ)

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2013年 11月 21日 (木) 19:15:58 JST


【11・25−26「特定秘密保護法案」衆院通過反対緊急アクション@京都の呼びかけ】11・22「特定秘密保護法に反対する京都府民有志」(仮称)打ち合わせ会議(キンカン行動後@カフェ・ベローチェ)

 情勢は緊迫しています。世紀の悪法「特定秘密保護法案」が言論人をはじめとする学界、NGOなどあらゆる階層の国民的な反対世論にもかかわらず与党とみんなの党、日本維新の会の修正協議合意により、26日にも衆議院で採決されようとしています。

 私たち京都の市民もこれを傍観しているわけにはいきません。今こそ市民自身が行動によってこの暴挙を許さないという意思表示を行う時です。

 京都の地でも「11・25−26「特定秘密保護法案」衆院通過反対緊急アクション@京都」(仮称)を行いたいと思います。

 明日のキンカン行動(金曜日関電京都支店前行動)終了後、キンカン行動の「本部」であるカフェ・ベローチェにて「特定秘密保護法に反対する京都府民有志」(仮称)の打ち合わせ会議(緊急アクションの時間・場所・内容の打ち合わせ)を行いたいと思います。ぜひ、ご参加ください!

●呼びかけ:「特定秘密保護法に反対する京都府民有志」(仮称):
藤井 悦子、下村 委津子、高取 利喜恵、内富 一(以下、呼びかけ人大募集中です!)  

●連絡先:高取 利喜恵(080-1523-0117)
     priya08015230117 at docomo.ne.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////////

与党、民主ときょう午後協議=26日採決崩さず−秘密保護法案
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013112100050

 自民、公明両党は21日午後、機密を漏えいした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案について、民主党との修正協議を続行する。26日の衆院通過に向け、野党から幅広く協力を取り付けたい考え。与党は、みんなの党、日本維新の会と修正合意したことで、今国会成立に自信を深めており、民主党との協議で結論が出なくても、26日の衆院採決は譲らない方針だ。 

特定秘密保護法案要旨

 民主党の松原仁国対委員長は21日午前の記者会見で、与党の「26日採決」方針について「国民に対する説明責任を十分に果たせないまま採決を行うことはあってはならない」とけん制。同時に、維新、みんな両党を念頭に「多くの政党が巨大与党になびく方向にあるような気がしてならない」と批判した。

 維新の橋下徹共同代表(大阪市長)は21日午前、市役所で記者団に「少しでも(内容を)変えさせることが野党の使命だ」と修正合意を評価。維新国会議員団は幹部会で、22日に党内手続きを進めることを確認した。

 ただ、維新は慎重審議を求めることでは民主、みんな両党と足並みをそろえている。松野頼久国会議員団幹事長は、与党が目指す衆院特別委員会での25日の採決について「応じられない」と記者団に強調。片山虎之助国会議員団政調会長も記者会見で「(12月6日までの)会期を延長するか継続審議にすべきだ」と語った。

 与党と維新の合意内容は、(1)特定秘密の指定期間は武器や暗号など7項目の例外を除き「最長60年」とする(2)法施行後5年間に秘密指定の実績のない行政機関は指定権限を失う−ことが柱。指定基準の妥当性をチェックする第三者機関設置は、法案付則で検討課題とする。(2013/11/21-12:44) 		 	   		  


CML メーリングリストの案内