[CML 027759] Re: やつらを死刑にRe: 袴田死刑囚、「出火直後、寮に」 元同僚証言 死刑確定判決の「矛盾示す証言」 袴田事件再審弁護団

Sato Keyko j-y-k-s at mx3.nns.ne.jp
2013年 11月 20日 (水) 18:16:50 JST


名前を名乗らないで、意見を言うのは、説得力がありません。

必ず、名前を書いてください。

  佐藤袿子

--------------------------------------------------
From: <partickthistle at goo.jp>
Sent: Monday, November 18, 2013 10:47 PM
To: "higashimoto takashi" <higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp>; "市民のML" 
<cml at list.jca.apc.org>
Subject: [CML 027722]  やつらを死刑にRe: 袴田死刑囚、「出火直後、寮に」 元同僚証言 死刑確定判決の「矛盾示す証言」 袴田事件再審弁護団

> 狭山事件では、石川一雄さんは、警察官・検察官に騙されて犯行を認め、死刑判決を受けました。
>
> その後、騙されていたことを知った石川一雄さんは、獄中からの手紙で、
>
>>私に代って地裁内田武文を綿密に御調べの上裁判をして私同様死刑にして下さい。
>
> と訴えました。ここから、「石川さんは無実だ、やつらを死刑に」という闘いのスローガンが生まれました。
> ですから、私は「死刑廃止」には絶対反対です。狭山差別裁判に荷担した警察官・検察官・裁判官、東京電力女子社員
> 殺害事件でゴビンダさんのえん罪にかかわった裁判官・検察官、こういった連中は必ず死刑にすべきです。
>
> また、日王制の復活を永久に許さないために、日王家の人間を処刑することで血統を断絶させる必要もあるかと思います。
>
> 「死刑廃止」などという主張は金輪際やめてください。
>
> 2013/11/18 (Mon) 22:02, "higashimoto takashi" 
> <higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp> wrote:
>> 歯がゆいですね。こうしたデタラメによって人は国家によっていとも簡単に殺されていく。国家による「殺人」(死刑)の合法化。
>>
>> 検察と警察は(もしかしたら司法も)袴田巌死刑囚(77)の元同僚の当時の証言を黙殺していたのですね。いや、隠していた。
>> 証拠開示されたのは今年の7月。その中に袴田さんの「無実」を証明する同僚の証言が含まれていた。
>>
>> 弁護団はそのほかにも「犯行時の着衣とされる「5点の衣類」についても「捜査機関の捏造(ねつぞう)」としています。
>>
>> 恐ろしいことです。国家(検察、警察、司法)は「人の死」をなんだと思っているのでしょうね。
>>
>> この一事だけでも「死刑廃止」は当然なことではないでしょうか。
>>
>> 袴田さんは46年以上にわたって獄中に拘束されたままです。しかも、44年以上は「死刑囚」として・・・
>>
>> 言葉もありません。
>>
>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>> ■袴田死刑囚、「出火直後、寮に」 元同僚証言(東京新聞 2013年11月18日)
>> http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013111701001858.html
>>
>> 1966年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で勤務先のみそ製造会社の専務一家4人を殺害、放火したとして強盗殺人罪などで
>> 死刑判決が確定し、第2次再審請求中の袴田巌死刑囚(77)について、同じ社員寮だった同僚2人が事件当時、県警の事情聴取
>> に「サイレンを聞いて部屋を出ると、袴田(死刑囚)が後ろからついてきて、一緒に消火活動をした」と話していたことが17日、弁護
>> 団への取材で分かった。
>>
>> 確定判決と食い違う一方、袴田死刑囚の主張と一致する。
>>
>> (共同)
>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>>
>> ■死刑確定判決の「矛盾示す証言」 袴田事件再審弁護団(朝日新聞 2013年11月18日)
>>
>> http://digital.asahi.com/articles/TKY201311170288.html?_requesturl=articles/TKY201311170288.html&ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201311170288
>>
>> 静岡県で1966年に一家4人が殺害され、放火された事件で死刑が確定した袴田巌(いわお)死刑囚(77)の第2次再審請求に絡
>> み、同僚が事件当時、「(現場近くの)寮から消火活動に向かったところ、袴田(死刑囚)が後ろからついてきた」と証言していたこと
>> がわかった。確定判決は、事件直後に袴田死刑囚を見た者はいないとしていた。静岡地検が今年7月に開示した証拠130点の中
>> に含まれていたという。
>>
>> 確定判決では、袴田死刑囚は66年6月30日午前1時過ぎ、静岡県清水市(現・静岡市清水区)のみそ製造会社の専務宅に侵入
>> し、4人を殺害、放火した。出火は午前1時50分ごろで、午前2時半ごろに鎮火した。判決は犯行前日の午後10時半ごろから鎮火
>> 近くまで、袴田死刑囚を見た者は認められないと認定していた。
>>
>> 弁護団によると袴田死刑囚は当初、「出火当時は寮で寝ていた」と供述しており、「同僚の証言は供述を裏付ける」とみている。来月
>> 2日には、検察側と弁護団双方が再審開始の是非を争う最終意見陳述書を提出する。弁護団はこの証言が確定判決の矛盾を示
>> すものとして、最終意見に盛り込むか検討中とみられる。
>>
>> 弁護団は、犯行時の着衣とされる「5点の衣類」について「捜査機関の捏造(ねつぞう)」としており、DNA鑑定の結果などを最終意見
>> 陳述書で示す予定。同僚の証言とともに、再審開始のための「無罪を言い渡すべきことが明らかな新証拠」と認められるかどうかが
>> 焦点になる。
>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>>
>> ■袴田事件の証拠、地検が130点開示 再審請求(朝日新聞 2013年7月27日)
>> http://digital.asahi.com/articles/TKY201307260725.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201307260725
>>
>> 静岡県清水市(現静岡市清水区)で1966年に一家4人を殺害したなどとして死刑が確定した袴田巌(いわお)死刑囚(77)の第2次
>> 再審請求で、静岡地検は26日、袴田死刑囚の否認調書に登場する消防団員ら関係者の調書や、捜査報告書などの証拠130点を
>> 弁護団に開示した。弁護団は今後、内容を精査しつつ、11月までに最終意見書を提出する方針。
>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>>
>>
>> 東本高志@大分
>> higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
>> http://mizukith.blog91.fc2.com/
>>
>>
> 


CML メーリングリストの案内