[CML 027758] 【11月21日午後3時30分から】参院選無効請求訴訟の第2回口頭弁論、傍聴のお願い

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2013年 11月 20日 (水) 11:11:51 JST


[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

8月16日に千葉県選挙管理委員会と中央選挙管理会を被告とし、2013年参議院選挙(千葉県選挙区など)の無効請求訴訟を東京高裁に提起しました。第2回口頭弁論が明日21日に行われますので、傍聴をよろしくお願いします。
選挙諸制度(選挙権・立候補権)も特定秘密保護法案(情報アクセス権)も世界的に立ち遅れた日本の民主主義インフラの要の問題です。諸々を民主主義運動の土俵に引きずり込むことを常に意識する必要があると考えます。
東京高裁は日比谷公園のすぐ近くです。野音で夜に行われる特定秘密保護法案集会の前にお立ち寄りください。

事件番号: 平成25年(行ケ)第92番
第2回口頭弁論期日: 11月21日午後3時30分~
場所: 東京高裁511号法廷(5階)
地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分(経産省前テントとは逆方向)

訴状:平和への結集ブログ » 第23回参議院選挙無効請求訴訟を提起
http://kaze.fm/wordpress/?p=478
準備書面:平和への結集ブログ » 第23回参議院選挙無効請求訴訟の準備書面(2013年11月6日付)――戦後直後から最近までの国会審議を振り返る
http://kaze.fm/wordpress/?p=512

選挙権関連の格差は「定数配分の格差」(「1票の格差」)だけではなく、選挙区によって異なる選挙制度を適用することなどでも投票価値の格差がもたらされること、比例区の定数枠から無所属候補を締め出す現行選挙制度や供託金・立候補者数規定が制限選挙規定であること、野宿者の方などの選挙権の剥奪を争点とし、これらが違憲であるから今夏の参院選が無効であると訴えています。


太田光征




CML メーリングリストの案内