[CML 027732] 鎌仲ひとみ監督講演会&ワークショップのご案内(12月15日)京都

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 11月 19日 (火) 08:20:46 JST


鎌仲ひとみ監督講演会&ワークショップのご案内(12月15日)京都


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


下記の催しは

※先着60人(要申込み、保育あり)[保育は予約制。2歳〜就学前対象、先着8人]
※参加費無料

です。


知人より教えていただきました。

(多くの医療関係者の皆さんにも、ご紹介、ご参加をお願い申し上げます。とのこと)




京都府に避難されてきた子どもたちの医療について考えたいということで
チェルノブイリ原発事故が起こったベラルーシの「いま」の現場を
取材してこられた鎌仲ひとみさんの講演会と、

医療者と避難・移住者の対話の時間をつくる

催しを企画させていただきました。


◆鎌仲ひとみさんと考える 
 「子どもたちの未来のために 私たちができること」開催の件


△日時=12月15日(日)午前10時30分〜午後3時
△場所=京都府保険医協会会議室

京都府保険医協会
〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637
第41長栄カーニープレイス四条烏丸6階
電話:075-212-8877 FAX:075-212-0707

(地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅6番出口から徒歩3分、
 阪急京都線「烏丸」駅、地下鉄烏丸「四条」駅22番出口から徒歩3分)

△共催=
内部被曝から子どもを守る会・関西
IPPNW京都府支部
京都府歯科保険医協会
京都府保険医協会

△参加費=無料


■お問い合わせ
 京都府保険医協会 TEL.075-212-8877 FAX.075-212-0707 e-mail:info at hokeni.jp


△内容=

●第1部 10:30〜12:00(90分) 講演会
鎌仲さんに聞きたい!「ベラルーシのいまを 福島の未来に!」

●第2部 13:00〜15:00(120分) 対話型ワークショップ  

鎌仲さんとみんなで考える「こどもたちの未来を守るために 私たちができること」


第1部の講演会では、
チェルノブイリ原発事故から27年が経過した「ベラルーシのいまは、日本の未来」と題して、
ベラルーシの人々は、どのように子どもたちを守ってきたのか、
日本には具体的に何が必要なのか、ベラルーシを取材された鎌仲さんにお話をお伺いしたいと思います。

第2部では、
ミニレクチャー 峺業事故子ども・被災者支援法のめざすものと、基本方針・支援施策の問題点」(特に医療問題)、
◆峙都、関西、東京での被曝を前提とした検診のこれまでと現状、到達点、なぜ検診が必要と考えるか。
鎌仲さんの話を受けて」を聞いてから、
「原発事故後の医療に必要なこと、望むこと」をテーマに、
小さいグループを作って、対話をしたいと考えております。



とのこと。

※
京都府保険医協会
のホームページ
http://www.healthnet.jp/
も参照ください。

イベント案内&報告 > イベント案内 > 鎌仲ひとみさんと考える「こどもたちの未来のために私たちができること」(2013.12.15)ご案内
http://www.healthnet.jp/?p=5452


ちなみにこのホームページ内に

小出裕章氏講演会「福島原発事故の真実〜事故がつきつけた原発の危険」
の報告もされています。



菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内