[CML 027721] ●12・2韓進重工クレーン篭城闘争のキム・ジンスクさん東京講演のご案内

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2013年 11月 18日 (月) 22:20:39 JST


日韓ネット@渡辺です。 BCC及びいくつかのMLに送ります

韓国の韓進重工で不当な整理解雇撤回を訴えクレーン上で
309日間にわたる篭城を闘い抜いたキム・ジンスクさんが
12月に来日し各地で講演会が開かれます。

東京では12月2日(月)午後7時より文京シビックセンター26階
スカイホールで開催されます。多くの皆様のご参加を!

【日韓ネットのブログからビラがダウンロードできます】
http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/309-06eb.html

2010年末に韓進重工業が発表した400人の整理解雇に抗議し、
キムジンスクさんは、2011年1月クレーンに上がり、整理解雇
撤回を訴え続けました。そこは、2003年に労組で共に闘ってき
たキム・ジュイクさんが、やはり整理解雇に抗議して籠城し、
129日間の闘いの末、首を吊ったところでもあります。

死を賭けた闘いに韓国全土から支援の声が集まりました。
ツイッターでの呼びかけに応えて多くの労働者・市民が「整理
解雇と非正規雇用のない世界に向かう希望のバス」に乗って、
プサンに集まりました。第1次〜4次の「希望のバス」には、そ
れまで労働運動には全く関心のなかった人々も多数参加しまし
た。7月の第2次「希望のバス」は、全国から193台のバス・ワゴ
ン車で約1万の人々がプサン駅前に集まり、「整理解雇撤回」を
叫びました。

2011年11月10日、韓進重工業は整理解雇を撤回。キムジンスク
さんは、309日目に地上に下りました。しかし会社は、約束不履
行と労組弾圧を繰り返し、労組の闘いは続いています。

キムジンスクさんから直接お話を聞こうと、来日スピーキング
ツアーが企画されました。11月30日に来日し、東京、京都、大阪
で講演会が行われます。多くの皆様のご参加を。

またキムジンスクさんが書いた「塩花の木」が翻訳出版されます。
(購入申し込みはFAX06-6933-5002耕文社)


*****************************************
日韓民衆連帯全国ネットワーク
東京都文京区小石川1-1-10-105
TEL・FAX  03-5684-0194
E-mail  nikkan_net_japan at yahoo.co.jp
blog  http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/
*****************************************


CML メーリングリストの案内