[CML 027632] Re: Andorra公国についてRe: 税金も軍隊も死刑もない国アンドラ

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2013年 11月 14日 (木) 02:52:36 JST


前田 朗です。
11月13日
 
森永さん

ご意見ありがとうございました。

大変驚きました。

森永さんは、古典的というか、保守的なゴリゴリの国家主義者なのですね。

かつ、日本国家を対象としない不思議な国家主義者で、おまけに軍国主義者の疑
いもあります。
 

> この国に税金がないのは、租税回避地として大きな利益を得ているからです。
> つまり前田教授の好きなLichtensteinなどと同じです。
> 他国の企業の税金逃れに荷担して大きな収入を得る、というのは正常な姿とは
> 思われません。
> 租税回避地については、各国がきちんとした法律を作り、税金逃れを許さない
> 体制を作るべきだと思います。

いや、とっても正常な、望ましい姿だと思いますよ。

各国とも、無意味に税金を徴収して、それで軍隊をつくり、武器を輸出入してい
るのです。

こういう馬鹿なことを止めれば、世界の税金はあっという間に10分の1じゃな
いですか。計算したわけではありませんが(笑)。

国家が税金を強制徴収できるのは「国民を守る」という幻想があるからです。

しかし、現実の国家は自国民を殺します。前田朗『国民を殺す国家』参照。
http://www.kobunsha.co.jp/sinkan.html

平和運動の中では「軍隊は国民を守らない」という人が多いですが、これは現実
の一面に過ぎません。
 
私は「軍隊は国民を殺す。国家は国民を殺す」とリアルな認識をしています。

私がいわゆる「左翼」でない最大の理由がこれなんですが(笑)。





CML メーリングリストの案内