[CML 027563] <韓国も納得した日本財閥の傀儡・安倍内閣>本澤二郎:ジャーナリストの「日本の風景」2013年11月10日

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2013年 11月 10日 (日) 22:02:29 JST


M.nakata です。重複おゆるしください。
いつもメールを送らせていただきありがとうございます。 
  
  <転送拡散歓迎>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52052866.html 

●世界の歴史認識に抵抗する安倍内閣同様に、
 日本の財閥が、韓国の法廷に脅しの反撃を開始した。■本澤二郎の「日本の風景)
 ご紹介です。おもしろい鋭い記事。(2013年11月10日)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 
  どこまでお人好しな?「権力」は操作すると、疑りの目を敗戦後も持てず、
  自身の目で感じる、批判力が欠けた国民なのでしょうか、、、日本国民は。
  
  NHKを疑りもしないで高い視聴料のお金を、自動支払いでせっせと視聴し、
  新聞(朝日・毎日・読売・日経)など、新聞を全国紙を信奉する。
  
  戦前も、敗戦後もこりずに、疑問を持たずに、報道・ニュースを真実が伝えられていると、鵜呑みにする国民。
  あの手この手で国家権力によって、日本の国民は今も、洗脳され続けているのです。

 (貼り付け開始)
****************************************************************************
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52052866.html

ジャーナリスト同盟Web機関紙
2013年11月10日
本澤二郎の「日本の風景」(1454)
<韓国も納得した日本財閥の傀儡・安倍内閣>
 韓国政府と韓国人を驚かせる事態が、とうとう表面化した。●歴史認識に抵抗する安倍内閣同様に、日本の財閥が、韓国の法廷に脅しの反撃を開始したからである。「言うことを聞かないと、韓国経済が破綻するぞ」と言わぬばかりだ。歴史認識において安倍内閣と共同歩調を取ったことになる。むろん、これに屈服するような現在の韓国政府ではない。朴大統領は、安倍内閣の歴史認識を欧米メディアに対して暴露・批判を強めている。火に油を注いだ格好だ。シベリア開発に日本のカネと技術を当て込んでいるロシアのプーチンを懐柔した?かに見える安倍外交は、東アジアから欧米でも信頼を失っている。



<怒る法廷に牙を向く三菱>
 歴史認識や従軍慰安婦問題で怒り狂う韓国政府と議会に次いで、とうとうそれが司法の場にも伝染した。●韓国人強制徴用被害者に対して、韓国の裁判所は次々と三菱などに賠償を求める歴史的判決を出している。

  ●日本の法廷とは逆の判断だ。これに経団連・商工会議所・経済同友会など外交権のない日本財閥が、牙を向いたのだ。東京の民間団体が、外国である韓国司法と、韓国経済界にも毒矢攻撃を開始した。11月6日の時点だ。安倍応援団よろしく、●歴史認識がからむ判決に対して、過去を引きずる財閥が正体も露わにして、高飛車に文句を言い出したのだ。非常識・異例な財閥の対応である。

 むろん、財閥に外交権はない。日本政府を焚きつけて対応すべきなのだが、一連の問題で目下、日韓に外交ルートはないに等しい。それゆえの財閥による直接攻撃となったものだろうが、●そのことで韓国人は日本財閥が安倍・国家主義を背後で操っているという事実を発見したことになる。●今は昔の韓国ではない。ワシントンや北京とのパイプのないような東京を見透かすように、韓国政府は公然と怒りの反撃で応えた。

 確かに、●日韓条約によって加害者である日本が、韓国経済に手を貸したという過去があるのであろうが、●そのことと過去を正当化する日本政府と財閥に屈するのは筋違いだ。

<財閥が主導する国家主義政権>
 日本の1万円札には、今も福沢諭吉の写真が印刷されている。アジア蔑視の象徴としての福沢を、アジア諸国は以前から不快感を抱いている。韓国や中国の人たちの中には、1万円札を見るたびに屈辱を味わう者もいる。
 
 ●歴史を学んでいない日本人のほとんどは、このことさえも気付いていない。●無知の恐ろしさである。だが、日本政府も財閥も福沢信奉者といっていい。1000円札、5000円札の写真はくるくる変わるが、1万円の福沢だけは不動である。

●自民党員の支持率の低かった安倍が、自民党総裁選の国会議員選挙で逆転勝利を収めた理由は、財閥の支援が決め手となったものだ。●国家主義路線を欲する財閥にとって、●岸信介の信念を体現する安倍が一番利用できる人物だったからである。

<財閥も安倍も、過去を正当化する極右体質>
 ●財閥は国家主義を好む。開かれた透明性のある民主主義体制よりも、戦前の国家主義を好む。暴利を得やすい政治制度だからである。繰り返すが、この事実を、●今回の11月6日の提案書なる韓国への脅し文書で証明したことになる。
 
じっくりと財閥の主張を検討すれば、にじみ出てくる結論である。●韓国からすると、虎の尾を踏んだことになるが、彼らにとってもはや日本財閥は虎ではない。
 言い換えると、●韓国は司法判決でそれまで姿を隠してきた財閥をあぶり出したことになる。韓国の報道によると、●日本の犯罪企業はおよそ300社という。その頂点に三井や三菱などの財閥企業が控えている。
 
 被害者は次々と法廷闘争に持ち込むだろう。●うまくすると、批判もできない、法治さえも壟断する財閥を、韓国政府と市民が暴いてくれるかもしれない。善良な日本人の期待である。
 過去を隠ぺいして、正当化を図る日本権力の源流を叩き潰す闘いを、内外から開始する時期であろう。

<日本帝国を引きずる歴史認識>
 ●御用商人から政商、財閥となった。★財閥が明治以降の影の主役となった。敗戦後も、復活して国家主義を支援してきた財閥である。安倍内閣を誕生させて、高い塀となってきた憲法9条に挑戦している。
 
 日本帝国への郷愁は、石原や中曽根だけではないのだ。★三井・三菱などである。彼らが安倍を擁立・支援をしている。その軍門に屈する新聞テレビである。

<闘って勝ち取った米黒人野球選手・ロビンソン>
 米国初のメジャーリーグの黒人野球選手になったロビンソンのことを思い出した。彼をテレビ報道で知ったのだが、彼の闘いは厳しかったが、見事にやり遂げた。差別・偏見と闘い、メジャーリーグ選手になった。●彼の闘争歴が、キング牧師やオバマに刺激を与えた。この世は、人間である限り、どこにいても闘い続けることが、社会を明るく発展させる原動力である。

   2013年11月10日8時10分記

*****************************************************************************************


CML メーリングリストの案内