[CML 027560] 【北の過剰生産・消費が南の民衆の命を奪っている!いまこそ気候正義を!】比台風死者、1万人超か=レイテ島、家屋多数破壊−1町で300人犠牲・サマール島

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2013年 11月 10日 (日) 19:02:29 JST


京都の内富です。

昨日のFoE Japan、アジア太平洋人権情報センター、ODA改革ネットワーク関西、関西フィリピン人権情報アクションセンター、CFFC(フィリピンのこどもたちの未来のための運動)共催の波多江秀枝さんフィリピン報告会(農地収奪問題)に宣伝も極めて遅れていた中、20名の参加本当にありがとうございました。波多江さんや映画監督の中井信介さんやCFFCの藤原さんなどフィリピン仲間とともにいつものことながら青春時代に戻って朝まで語り明かしました(波多江さんの京都での帰国報告会では恒例)。2次会にも10名が参加、食と農の研究者・アクティビストである平賀みどりさん@京都大学大学院も午前2時までお付き合いいただき皆熱く語りあいました。

 先進国が引き起こした気候変動はこの記事に見られるように南側の国々の民衆の命を奪いつつあります。今こそ「クライメート・ジャスティス(気候正義)」の実現こそが求められています!

比台風死者、1万人超か=レイテ島、家屋多数破壊−1町で300人犠牲・サマール島
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013111000092

 【マニラ時事】フィリピン中部レイテ島の警察当局者は10日、猛烈な台風30号による死者は同島で約1万人に上る恐れがあることを明らかにした。AFP通信が報じた。レイテ島に隣接するサマール島でも南西部の町バセイだけで300人の死亡が確認され、島全体では2000人が行方不明。連絡が取れない地域も多く、犠牲者数は大幅に増える恐れが大きい。

 フィリピン赤十字は9日、レイテ島とサマール島で1200人以上が死亡したとの見通しを示している。米太平洋軍が救援活動に乗り出すなど、国際社会の支援も本格化し始めた。

 在フィリピン日本大使館によれば、レイテ島には約100人の日本人がおり、安否確認を急いでいる。一方、AFP通信は台風30号が接近中のベトナムでも、60万人以上が避難したと伝えた。

 ロイター通信によると、警察当局者は、台風により発生した高波にのまれて多数の犠牲者が出たとの見方を示した。高波は家屋の高さほどに達したという。同当局者は、レイテ島で台風が通過した地域の70〜80%の建物が破壊されたと述べた。(2013/11/10-16:53時事)

10日、フィリピン・レイテ島の中心都市タクロバンの台風被災地で、子供を抱きながら救援物資の到着を待つ男性(EPA=時事) 		 	   		  


CML メーリングリストの案内