[CML 027528] 【紹介】80年代「国家秘密法」反対の急先鋒だった谷垣法相に「秘密保護法」をただす

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2013年 11月 9日 (土) 01:19:55 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

昨日11月8日(金)朝の閣議後の記者会見で、フリージャーナリストの西
中誠一郎さんが、谷垣禎一法務大臣(前自民党総裁)に「秘密保護法案」
について質問されました。

谷垣議員はかつて、「われら自民党議員『スパイ防止法案』に反対する」
(「中央公論」1987年4月号)という「意見書」の取りまとめ役を務めて
いました。

連名した当時の12名の自民党議員たちは以下です。[(衆、参)は当時]
大島理森(衆)、太田誠一(衆)、熊谷弘(衆)、熊川次男(衆)、白
川勝彦(衆)、杉浦正建(衆)、谷垣禎一(衆)、鳩山由紀夫(衆)、
村上誠一郎(衆)、谷津義男(衆)、石井一二(衆)、佐藤栄佐久(参)

この中で、今なお国会議員として、今回の「秘密保護法案」に明確に反
対を表明しているのは、村上誠一郎議員だけです。「秘密保護法案」は、
かつての「国家秘密法」よりさらに悪いと言われています。谷垣議員、
大島理森議員は、当時の自らの姿勢に比して、この法案をどう考えるの
か、明確な態度表明を行うべきでしょう。

谷垣氏の所用により、わずか10分少々の限られた時間の中、果敢な追及
を行われた西中さんに感謝します。野党の国会議員やメディア関係者は、
ぜひ引き続きの追及を行ってほしいと思います。

以下、西中さんご本人による報告と動画をぜひご覧ください。なお、報
告後半には、7日の審議入り当日の官邸前抗議の写真も掲載されています。

◆1980年代「国家秘密法」反対の急先鋒だった谷垣法相に「秘密保護法」をただす
(西中誠一郎/レイバーネット、11月8日)
http://www.labornetjp.org/news/2013/1108tanigaki

◆記者会見の動画(YouTube)
http://youtu.be/Kxfw75Qspg8

与党内に確実に存在する「秘密保護法案」への異論や違和感が少しずつ
表面化し始めています。反対の取り組みを強め、世論の力を大きくする
ことで、そうした異論を可視化させていきましょう。

【関連情報】
秘密保護法案:「取材の萎縮効果大きい」与党内からも異論
(毎日、11月8日) 
http://mainichi.jp/select/news/20131108k0000m010140000c.html 



CML メーリングリストの案内