[CML 027511] 明日11.9(土) 大阪シンポジウム「世界から見た日本の原発問題」

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 11月 8日 (金) 01:39:40 JST


紅林進です。

明日11月9日(土)、大阪で「世界から見た日本の原発問題」という
シンポジウムが開催されます。
http://pub.ne.jp/tarojii/?entry_id=5069722

このシンポジウムはIWJ(Independent Web Journal)で中継される
とのことです。午後 1 時半開会,午後 5 時までの予定です。
IWJ(Independent Web Journal)
http://iwj.co.jp/
 
 
(以下、転送・転載歓迎)
 
11.9 大阪シンポジウム「世界から見た日本の原発問題」
 
東電の原発事故によって大量の放射性物質が環境中に放出され,事故
はいまも収束していません。
8 月現在,全国で約 29 万人 (復興庁集計) が避難生活を送っています。
おどろくべきことに政府は原発の再稼働と輸出をすすめようとしています。
いま,わたしたちになにが問われているのでしょうか?  
宗教・教派を問わず,広く各種団体・個人にご参加をよびかけます。 
 
日時: 2013 年 11 月 9 日 (土) 午後 1 時開場,1 時 30 分開会 (5 時終了予定) 
 
会場: 日本聖公会大阪教区川口基督教会 (会館 3 階集会室) 
550-0021 大阪市西区川口 1-3-8 
Tel: 06-6581-5061 Fax: 06-6581-4433 
http://www.nskk.org/osaka/church/kawaguchi

基調講演 (60分)
「世界から見た日本の原発問題――加害者としての日本」 
講師 崔 勝久 (CHOI Seungkoo) (原発メーカー訴訟の会事務局長,
          No Nukes Asia Actions Japan 事務局長,原発体制を問う
          キリスト者ネットワーク (CNFE) 共同代表)
テーマ別報告 (各15分) 
1) 「福島原発事故の現状」 小山英之 (美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会)
2) 「原発被害者はなぜ集団訴訟にふみきったか」 佐藤勝十志 (原発賠償関西訴訟
  原告団副代表) 
3) 「キリスト者として原発をどう考えるのか」 内藤新吾 (CNFE 共同代表,日本福音
  ルーテル稔台教会牧師) 
4) 「仏教者・宗教者として、原子力問題を問う」 長田浩昭 (原子力行政を問い直す
  宗教者の会) 
5) 「自然と共存する脱原発エネルギーの町へ」 池島芙紀子 (ストップ・ザ・もんじゅ代表)
*10月17日修正事項
パネル・ディスカッションに代えて「補足のコメントと質疑応答」をおこないます。
(補足のコメントには,ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン佐藤大介事務局長
 も参加予定)

参加費 500 円 (原発避難者,障がい者,学生,18 歳未満は無料) 
託児室あります。 (無料) 
来場者多数の場合,制限させていただく可能性があります。

主催: 原発問題を考える関西キリスト者集会実行委員会 

当日スタッフ募集  (会場設営,受付,図書販売,託児などでご協力をおねがいします) 

会場までの交通機関 
地下鉄/中央線または千日前線 「阿波座」駅 下車 Ч羹亳 (西郵便局横手)
 より徒歩 7 分 
JR 「大阪」駅・市バス 3 番のりば (88系統) 「天保山」 行で 「淀屋橋」 経由
 「川口 1丁目」 (所要 18 分)
阪神電鉄「野田阪神」駅・市バス 6 番のりば (90系統) 「鶴町 4 丁目」 行で 
「川口 1丁目」 (所要 7 分)
大阪市交通局時刻表 
http://kensaku.kotsu.city.osaka.lg.jp/jikokuhyo.html

賛同団体 (順不同,さらに募集中!)
カトリック大阪大司教区 エキュメニカル・チーム
日本聖公会 原発と放射能に関する特別問題プロジェクト
日本キリスト教協議会 平和・核問題委員会
原子力行政を問い直す宗教者の会
原発体制を問うキリスト者ネットワーク (CNFE)
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
脱核世界の平和を考える会
大阪宗教者平和協議会
ストップ・ザ・もんじゅ
アジェンダ・プロジェクト
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
STOP原子力★関電包囲行動
大阪此花発!STOPがれき 近畿ネットワーク
No Nukes Asia Actions Japan
個人賛同 (順不同,さらに募集中!) 
申 英子 (日本キリスト教団ハニルチャーチ牧師)
山本 俊正 (関西学院大学教授・宗教主事、元 NCCJ 総幹事) 
前島 宗甫 (世界宗教者平和会議日本委員会理事、元関西学院大学教授,
元 NCCJ 総幹事)
秋山 眞兄 (CNFE 書記・日本基督教団信濃町教会員)
井口 真 (CNFE 書記・日基教団四谷新生教会員・東京 YMCA 主事)
長田 譲 (正念寺住職・大阪宗教者平和協議会事務局長)
前岡 義照 (吹田朝祷会・脱核世界の平和を考える会)
山下 國明 (吹田朝祷会・脱核世界の平和を考える会)
弓場 彬人 (大阪朝祷会・脱核世界の平和を考える会)
池島芙紀子 (ストップ・ザ・もんじゅ代表)
橋野 高明 (京都大学大学院文学研究科・同志社大学人文科学研究所研究員、
日本基督教団無任所牧師)
栗原 茂 (CNFE 会員、日本福音ルーテル教会、定年牧師)
飛田 雄一 (神戸学生青年センター館長)
吉岡 秀紀 (カトリック大阪大司教区司祭・大阪宗教者 9 条ネットワーク)
古賀 清敬 (日本キリスト教会宣教教師、北星学園大学教員、札幌市)
野副 達司 (日本友和会 (japan FOR) 理事、脱原発かわさき市民)
木村 宥子 (日本友和会 (japan FOR) 理事、小さい九条の会)
ぱぉん (関西大弾圧 11.13 弾圧被告)
韓 基大 (STOP原子力★関電包囲行動・関西大弾圧 11.13 弾圧被告)
中野 充 (福井県在住,農業)

賛同のおねがい: 賛同団体,個人賛同をどんどんふやしてください。
賛同金は不要です。 
団体の場合は責任者のお名前と連絡方法を付記してください。
個人の場合は所属,立場(または居住地など)を付記してください。
ご連絡は事務局寺本(下記)まで。 
会場での宣伝物や資料の持ち込みは 10 月 25 日までの賛同者に限定
させていただきます。

*10月17日修正事項
このシンポジウムは一方通行の講演会ではなく,双方向,参加型,連続的
展開の可能な集会とするため,補足のコメントやアンケートを最終報告書
にまとめる予定です。くわしくは当日,説明があります。

その他のおねがい:
飲み物は各自ご用意ください。
主催者の承諾なしに撮影,録音はご遠慮ください。
開会中,携帯電話は電源を切るか,マナーモードでおねがいします。
活動継続のため,当日,任意のご寄付をおねがいいたします。

シンポジウム事務局 :
代表 岩城 聰 (日本聖公会司祭) http://jp.mc43.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=a-iwaki@tcct.zaq.ne.jp
事務局員 弓場 http://jp.mc43.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=revive@sky.plala.or.jp
事務局員 寺本 http://jp.mc43.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=tarojii@taupe.plala.or.jp

(参考サイト)
原発メーカー訴訟の会
http://ermite.just-size.net/makersosho/index.html
No Nukes Asia Actions Japan 
http://ermite.just-size.net/nnaa/
原発体制を問うキリスト者ネットワーク (CNFE)
http://jcnfe.sakura.ne.jp/index.html
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
http://www.jca.apc.org/mihama/
原子力行政を問い直す宗教者の会
http://mukakumuhei.com/
ストップ・ザ・もんじゅ
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
http://japan.nonukesasiaforum.org/
日本聖公会 原発と放射能に関する特別問題プロジェクト
http://nskk.org/province/genpatsugroup/
日本キリスト教協議会 平和・核問題委員会
http://ncc-j.org/sosiki/heiwa/index.htm
大阪宗教者平和協議会
http://www.shk.jiin.com/
アジェンダ・プロジェクト
http://www3.to/agenda/
STOP原子力★関電包囲行動
http://stop-kanden.seesaa.net/
(11月3日現在)


CML メーリングリストの案内