[CML 027509] 秘密保護法案廃案を求めます

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 11月 7日 (木) 22:23:21 JST


 11月7日から衆議院の国家安全保障に関する特別委員会で秘密保護法の本格
的な審議が始まりました。

 この委員会のメンバーに秘密保護法案を廃案にすることを求めるメール・FAX・
電話を集中させて下さい。

国家安全保障に関する特別委員会 委員名簿 (衆議院)
http://www.kenpoukaigi.gr.jp/index/131024anpotokubetui-meibo.xls
 


 これは私が議員に送ったファックスの文です。
 A4サイズに収まるよう書きました。
 参考までにどうぞ。

  特定秘密の保護に関する法律案の廃案を求めます

                    平成25年11月 日


参議院議員    殿


                               住所
                               氏名
                               ファックス
番号                                


 1、「特定秘密保護法」が決まってしまうと、国が隠したい情報(原発事故問
題、外交貿易など)、国にとって知られたくない事がすべて秘密になり国民に真
実が伝えられないという恐れがあります。
 2、マスコミやジャーナリストさえ規制されると聞いています。国が指定した
秘密がどこまで秘密かわからず、一般人でさえも情報を漏らすと罰せられる不安、
心配があります。
3、自分の個人情報が国の管理下に置かれ、私達の知らないところで、基本的人
権が侵害されるのではないかという恐れがあります。

 この法案に対して、全国の弁護士会は反対の声明を出しています。
 10月25日時点で「朝日」・「毎日」・「日経」・「読売」の5紙はこの法
案に反対もしくは懸念する社説を掲載しています。地方紙においては「西日本」
・「琉球新報」などの11紙が反対または何らかの形の表現で反対を名言してい
ます。同じく15紙の地方紙が危険性を指摘し慎重な扱いや見直しを要請する社
説を書きました。
 世論調査においては、次の数字が出ています。共同通信社が26、27両日に
実施した全国電話世論調査によりますと、特定秘密保護法案に反対が50・6%
と半数を超えました。。賛成は35・9%でした。今国会にこだわらず、慎重審
議を求める意見は82・7%に達し、今国会で成立させるべきだの12・9%を
上回りました。

 以上のことから、「特定秘密保護法」を廃案にすることを求めます。
 
(ここまで) 


CML メーリングリストの案内