[CML 027478] 「11/24 護憲円卓会議パート掘廚慮討咾けです。

佐藤三郎 minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp
2013年 11月 6日 (水) 15:03:03 JST


ML参加の皆様 「11/24 護憲円卓会議パート掘廚慮討咾けです。重複受信の方はご容赦下さい。 佐藤 三郎(「護憲円卓」討論集会実行委代表)
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 <護憲結集をめざす11/24「円卓会議」(神戸)パート掘 悵γ痢δ耕遏κ叱砲侶亳海ら「明日」をさぐる』 >
▼と き  11月24日(日)13:30~16:30  
▼ところ  兵庫勤労市民センター第3会議室(JR兵庫駅北3分)
▼プログラム 開会あいさつ/パネルディスカッション/フロア質疑・討論
▼パネリスト 
  池住義憲 「政治を考える市民の会」共同代表(愛知)
  竹内 忍 「素敵な憲法に乾杯!市民パーティ」世話人(長野)
  佐藤三郎 「とめよう壊憲! 護憲結集!」実行委員会代表(兵庫)
▼コーディネーター 
  松本 誠 「市民まちづくり研究所」「政策提言市民団体・市民自治あかし」代表
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 4月・6月の神戸集会では、参院選を目前に控え<壊憲阻止・護憲共闘>へのあつい期待が見られたものの、各党派の候補は既に決まっており、現実に残された時間はあまりにも少なすぎ,具体的な成果を見ることは来ませんでした。 選挙後の今は、2016年参院選まで国政選挙はないとの見通しの中で、「選挙なんて、まだ先の話だよ」「この時期に “護憲結集”の話なんかしても,人は集まらへんで!」と盛り上がりに欠けます。そして投票日が決まる時期になれば「今更やっても、遅いで!」と理由付けをして、結局は何も出来ずにここまで来てしまいました。 何十年ものこんな論議の繰り返し(この永年の惰性)が、今の事態をもたらした現実から目を逸らしては「駄目だ!」と思っています。
 
 「政党に共同を働きかける」ということは、活動家と思われる人たちの中でも、重要性は否定しないが実際には敬遠する人が多く、このような取り組みに自分が「言い出しべぇー」になろうという人はほとんど見当たりません。そんな現状の中で、多彩な市民活動を続けられている多忙な池住さんや、通信制生徒と連日の取っ組み合いを続ける竹内さんが、この政治課題取り組みその一歩を踏み出したのは何故なのか。更に、共同候補擁立の活動には、表には見えにくい「政治的」判断や動きや様々な思惑・人間関係が絡みがちであり、それを理由に政治(選挙)に関わることに拒否的反応を示す人が多いのですが、今回のシンポではオープンな意見交換が出来る事を願っています。
 
 「“共同してやってくれよ!”と市民が声をあげてくれなければ、政党間だけではなかなか話が進められないのが実態ですヨ」と語ったある政党幹部の声が頭に残っています。護憲政党などの連携は、観客席で待っていても実現できるものではないようです。基本の思いを同じくする革新派市民が、党派的な系列の枠を超えて連携し、「護憲結集」の願いを形にして護憲政党などに示すことから始めたいと思いましたが、議論は錯綜しています。 4/14パート機 6/30パート兇暴仞覆篁親韻魎鵑擦堂爾気辰300名を超える方々をはじめ、「護憲結集」を切望されている多くの方々の協力をえて、「今後」への道筋をともに見極めたいと願っています。ぜひ、ご参加ください。
佐藤 三郎
*****************************
minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp tel&fax 078-733-3560
*****************************



CML メーリングリストの案内