[CML 027426] 【報告】第929日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2013年 11月 4日 (月) 08:11:54 JST


青柳行信です。11月4日。

明日、「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
        事務局会議
日 時:11月5日(火)18:00〜
場 所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)会議室
      TEL092-483-0431 

【転送・転載大歓迎】
     ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第929日目報告☆
        呼びかけ人賛同者11月3日迄3059名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。 
      
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れ様
一日 雨でした。
本当のことを言えば、「脱原発しかない」という状況が
あぶりだされてきます。
小泉氏の 核廃棄物の処理は難しい
石破氏の もう故郷へは「帰れない」など。
原発は なくすしかありません。
あんくるトム工房
再稼動は 無責任  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2702

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆楽天が日本一に輝けり 被災地と一体の新しき実り
    (左門 11・4−465)
※プロ野球が地域性を持つようになって一つの発展を見せてきたが、
《被災地に「雀の涙」ほどでも癒しと励ましとを》(星野監督)
という魂が選手一人一人にまで浸透していた。
肉体の疲労度は限界を越えていた田中投手は、まさに魂で投げた。
力量のある選手を金でかき集めて「常勝」という古いテーマの巨人は、
楽天の質の高いテーマの前に敗れた。

★ 深江 さんから:
 <本日、北九州市 小倉駅での情宣活動>
みなさま
いよいよ「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」まで1週間を切りました。
本日、12時から小倉駅前で最後の情宣活動を盛大に行いたいと思います。
  時間の都合の付く方は、ご参加ください。
時間:12:00〜14:00
場所:小倉駅2F(小倉城口)
街宣車:11:00〜15:00(小倉駅周辺をニュースカーで流します)

※<さよなら原発!11.10九州沖縄集会>
 ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
呼びかけ個人・団体登録。メッセージ。賛同カンパ。Tシャツ注文。

★ いのうえしんぢ さんから:
11/10にある脱原発集会 http://bye-nukes.com
の準備で、この数カ月を忙しくしてきました。デモ出発
前には僕もダンサーとなって踊りのパフォーマンスやっ
たり、デモで(明治通りコース先頭)サウンドカーで
DJをやったりします。

さて、この脱原発集会のライブの大トリをつとめるのが、
ラップのカクマクシャカというアーティストです。

彼が11/7(木)から福岡に来て、各イベント(このメー
ルの最後に記載)に出演します。

彼に出会うまでは「ラップ」というジャンルって、僕に
は縁遠かったのですけど、彼のは泣かせる叙情的ラップ
です。まだの方は、是非一度聞いて欲しいです。
特に11月9日(土)は、沖縄基地問題のトークとライブ
という珍しい構成のイベントになっています。

///////////

「11・10さよなら原発!九州・沖縄集会」にも出演する
沖縄在住のラッパー・ミュージシャンのカクマクシャカ
をお招きして、沖縄のこと、基地のこと、平和のことに
ついていろいろ語っていただきます。
ミニライブもやります。

沖縄からのメッセージ
〜カクマクシャカが語る沖縄のこと、基地のこと、平和のこと

地元・沖縄に根を張り活動する若きラッパー・ミュージ
シャンのカクマクシャカ。音楽に乗せて発せられる彼の
歌詞の中には「米軍基地」「平和」「原発」といったさ
まざまな社会的なメッセージが盛り込まれています。彼
の視点から見た沖縄のこと、基地のこと、平和のことを
語ってもらいます。彼のメッセージを受け止め、そして
語り合って下さい。ミニライブもやります。

■日時 11月9日(土)18:30〜20:30

■場所 NPO環境未来センター「希望」 研修室
福岡市中央区薬院4丁目3?7 大林フローラ薬院2階
地図 http://goo.gl/maps/75k4o
地下鉄七隈線「薬院大通」駅より徒歩5分
西鉄天神大牟田線「薬院」駅より徒歩8分
西鉄バス「新川町」バス停下車すぐ
(天神・博多駅方面から来ると道路渡って反対側になります)
・天神「天神福ビル前(12)」「天神協和ビル前(10)」より
[51][52]柏原営業所 行きで14〜16分
・博多駅「博多駅前A」より[50]桧原営業所 行きで14分
※会場には駐車場はありません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用下さい。

■入場料 500円

■主催 沖縄とむすぶ市民行動・福岡
福岡市東区舞松原5-27-25 おかもと小児科クリニック気付
TEL 090-1364-2261(木下)・090-3326-4706(柴田)
E-mail info at okimusu.info <javascript:;>
WEB http://www.okimusu.info/

カクマクシャカ
沖縄在住のラップのアーティスト。1982年生まれ。
2004年の沖縄国際大米軍ヘリ墜落事件を題材にした「民(たみ)のドミノ」を
はじめ、社会問題をテーマにしたメッセージ性の高い楽曲群をリリース。
2006年坂本龍一らによる「stop-rokkasho」という青森県六ヶ所村の再処理工
場に対してのプロジェクトに取り組み、リリースした「無知の知」という楽曲で
は、原発、核、無関心、想像力などを高らかにメッセージへ織り込む。
また、加藤登紀子やShingo02などとの共作、共演もやっていて、まだ若い彼の
発展性と拡がりに期待が集まっている。

▼カクマクシャカ公式ホームページ
http://kakumakushaka.com

▼カクマクシャカ来福スケジュール
・11月7日(木)club BASE主催のイベントに出演決定!
会場:club BASE(福岡市中央区天神3-6-12 岡部ビル5F TEL092-713-0355)
18〜24時のイベントのなかで出演時間帯など詳細未定

・11月8日(金)livehouse graf主催のクラブイベント「FRY NIGHT」出演決定!
会場:livehouse graf(福岡市中央区天神3丁目4-19WITH TENJI B1)
開演:23時/出演は深夜1時頃
入場料:1,000円(1ドリンク付)

・11月10日(日)12:30頃〜
「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」のステージに出演。
舞鶴公園(福岡市中央区城内1)
参加費:無料
集会後のデモ、路上パフォーマンスも?!

★ ギャー さんから:
※「インチキ『反原発運動』批判」という詩を作りました。
      ちょっとストレートです(笑)
「障害者」が生み出される社会が悪いの?
原発は「障害者」を生み出すからよくないの?
「『障害者』が生み出されない社会」と言って
ヒトラーが「障害者」を虐殺した
「『障害者』が生み出されない社会」には
「障害者」が生きていちゃいけない
何故なら、「障害者」が"悪"なのだから
「障害者」という強烈な個性を持った一人ひとりが
生きていけない社会は
原発どころか原爆を
そして、戦争を必要とする

※さらにひつこく(笑)「東京のバスガール」の曲に乗せて
題名は「私はこの国の国防軍」

1、ついにきたきた
時がきた
ビルの街角
離れ島
どこへなりとも乗り込んで
手当たりしだいに血祭りだ
発射オーライ
弾丸(タマ)込め
弾丸込め
ぶっぱなせ!

2、匍匐前進
突撃だ!
泥んこのなかも
血の海も
迷彩服がよく似合う
私はこの国の国防軍
発射オーライ
明るく
明るく
死に急ぐ

★ 前田 朗 さんから:
「ブラック企業」とたたかう
http://maeda-akira.blogspot.ch/2013/11/blog-post_3.html

★ 味岡修 さんから:		 	   		
経産省前テントひろば テント日誌 11月3日(日) 特別版 

目白押しの集会・行動等のスケジュールから

テントの内には所狭しとばかりにいろいろの催しもののチラシなどが張りめぐら
されている。特に週末には多彩なイベントが告知されている。地域などでは祭り
などもある。実りの秋とも言われるわけだから、楽しみながら、脱原発―反原発
運動の裾野を広げて行きたいと思う。と、いうわけで目白押しの集会・行動など
の予定をおしらせしたい。主としてテント関連のものを取り上げるのだが、それ
でも漏れていてもごめんなさい。毎週金曜日には官邸前抗議行動も行われている
わけでスケジュールは盛り沢山だ。

放射能汚染水海洋流出抗議!柏崎刈羽原発の再稼働をするな!

第2回 東電解体・東電本店合同抗議

11月6日(水) 18時半〜20時 東電前

呼びかけ団体;経産省前テントひろば、首都圏反原連、東電株主代表訴訟、たん
ぽぽ舎  

東電福島第一原発の放射能汚染水流出は「完全にコントロールされている」とい
う安倍の大ウソとは反対に、益々深刻化しています。東電は当事者能力を失って
おり、汚染水と混ざり合った雨水を敷地内にまき散らすなど、完全に泥沼状態に
陥っています。フクイチの現場では人的体制の崩壊的危機の進行が指摘され、高
放線量下で益々苛酷となっていく労働環境での技術者・作業員の不足、過重労
働、劣悪な労働条件、管理体制の破綻等々が、東電の安全対策より企業経営第一
の姿勢によって加速され、次々と破綻・「ミス」を生じさせ、東電の破綻企業と
しての現実をさらけ出しています。

さらには、このような当事者能力を失っている破綻企業東電の下で、4号機プー
ルからの使用済み核燃料棒の取り出し作業が始められ、ヒビの入った排気筒の地
震による東海の危険性が指摘される等、フクイチの現場は全く予断を許さない事
態が進行しています。

これに対して、政府・自民党はあくまで東電の企業として延命させることを第一
にして、フクイチの分社化や除染費用免除や大規模な国費(税金)投入を画策し
ています。それはフクイチでの人的体制や汚染水対策をはじめとする安全対策の
危機を解決するものにならないばかりか、柏崎刈羽原発の再稼働と連動したもの
となるのは明白なことです。

 東電を破綻処理し、銀行や株主にも責任を負わせ、資産をはき出させ、国が直
接に責任を負う事故収束ー廃炉に向けた体制を構築することが急務となっていま
す。東電本店合同抗議は、10月2日に第1回が400名の参加で行われまし
た。東電本店抗議は一層重要な位置をもっています。11月6日の第2回抗議は
それを遙かに上回る規模で東電に迫ることが求められます。

 第2回 東電解体・東電本店合同抗議にご参加下さい。

スラップ訴訟を止めるためのシンポジウムの案内です。
特定秘密保護法案、日本版NSC、武器輸出三原則、集団的自衛権、…と安倍政権が
好き勝手をしようとしている中、現時点でも権力側がこんなにひどいことが行わ
れているということを確認し、その対抗策を検討するためのシンポジウムを、ス
ラップ訴訟を受けている3団体で開催します。
『11・23全国スラップ訴訟止めよう!シンポジウム』
近年、全国各地で国や政府・大企業などの権力者によって、「SLAPP(ス
ラップ)」と呼ばれる提訴の乱立が相次いでいます。この「スラップ」裁判と
は、市民が自らの生存権や自然環境を守るために行う表現活動に対して、権力者
側が司法を使って、時間的にも精神的にも、金銭的にも負担をかけて押さえつけ
るもので、国民の表現の自由を奪い、権力者の力を強めるものに他なりません。
現在日本では、「スラップ」という言葉自体も認知されておらず、その防止策は
全くとられていません。これ以上、スラップ訴訟による被害者を増やさないため
にも、国や権力者に力を与えないためにも、スラップ訴訟を起こさせない手立て
を模索していく必要があります。そこでこの度、「スラップ」についての理解を
深め、各地各者の現状報告を通して情報共有をし、スラップ訴訟被害防止への取
り組みを図るためにシンポジウムを開きます。多くの皆さまのお集まりをお願い
致します。

【日時】 2013年11月23日(土)祝日 午後1時から (開場12時半)
【会場】 早稲田大学早稲田キャンパス15号館201教室 ※入場無料

東京都新宿区西早稲田1−6−1 電話 03-3203-4141

(高田馬場駅徒歩20分又は学バス早大正門、地下鉄東西線早稲田駅徒歩5分)

〜会場のご注意〜
※早稲田大学15号館には、エレベーターがなく、階段しかございません。車椅子
等、階段のご利用がご不便なお方がいらっしゃいましたら、大変恐れ入ります
が、館内入口に待機しているスタッフまでお申し付け下さい。ご迷惑をおかけし
ますが、よろしくお願いいたします。

【主催】
『経産省前テントひろば』東京都千代田区霞が関1−3−1 電話070-6473-1947
『上関原発阻止被告団』 広島県三原市高坂町真良1015 電話0848-66-3592
『高江ヘリパッドいらない住民の会』  沖縄県国頭郡東村字高江85−12 電
話0980-51-6922
【共催】 早稲田大学 浜邦彦研究室

【基調講演】 「スラップ訴訟とは何か」烏賀陽 弘道さん(スラップに詳しいフ
リーランス記者)
言論の自由を侵害・妨害する民事訴訟をSLAPPと呼ぶ。アメリカでは20年以上
前から、50州のうち26州でSLAPPの提訴を抑止し、被害を防止する法律があ
る。しかし日本ではSLAPPという法概念すら導入されておらず、野放しにされて
いる。被害者はジャーナリストや弁護士といった職業言論人から一般市民に拡
大。訴訟もマンション建設反対から、原発建設や在日米軍基地拡張への反対運動
まで、様々な分野で言論の自由の抑圧に民事訴訟が使われている。こうした「法
制度の悪用」を防止する「SLAPP被害防止法」の制定が急務である。

【現状報告】 高江米軍ヘリパッド、上関原発、経産省前テントの現場から
安次嶺現達さん「高江スラップ訴訟元被告」 高江ヘリパッドいらない住民の会
伊佐 真次さん 「高江スラップ訴訟最高裁上告」 高江ヘリパッドいらない住民の会
清水 敏保さん 「中国電力いやがらせ訴訟被告」 上関原発を建てさせない祝島
島民の会代表
橋本 久男さん 「中国電力いやがらせ訴訟被告」 上関原発を建てさせない祝島
島民の会
岡田 和樹さん 「中国電力いやがらせ訴訟被告」 上関原発阻止被告団
淵上 太郎さん 「テント裁判被告」 経産省前テントひろば
正清 太一さん 「テント裁判被告」 経産省前テントひろば

再稼働阻止全国ネットワークからの案内
原発現地を結ぶ12月全国行動
(1日・伊方 7・8日・もんじゅ&大飯・高浜 15日・川内)に向けた

東京前段集会11・20(水)18時半、スペースたんぽぽ 主催;再稼働阻止全国ネッ
トワーク

■ 急ピッチで進む再稼動適合審査
東電福島第一原発の放射能汚染水問題がいよいよ深刻化し、全くお手上げ状態と
なり、その中で4号機の燃料棒取り出し作業が、世界が固唾をのんで見守る中で
始められようとしています。フクイチ事故の収束が全くメドがたたないばかりか
新たに深刻化しているにもかかわらず、原子力規制委員会は14原発の再稼動申
請に応じ、法律で定められた義務だからと適合審査を異常な速さで推し進めてい
ます。100日余りに40回近くの審査会合、各原発への現地調査が繰り返さ
れ、「折り返し点あたりにきている」(10・26更田委員)と言われています。
■ 再稼働阻止への正念場―原発現地を結ぶ12月全国行動
この再稼働の動きに対して、とくに第1グループと言われる原発現地ではこの間
様々な反対行動が粘り強く取り組まれてきました。その上に立って、12月には
1日に松山での1万人集会、7・8日に敦賀でのもんじゅ全国集会〜大飯・高浜
行動、15日には川内での2000名を超える「史上最大規模の集会」が計画さ
れています。12月は再稼働阻止の正念場として原発現地を結んだ一大全国的行
動となります。
■ 再稼働阻止全国ネットワークの総力を挙げて12月行動→伊方現地に現闘設立へ
 再稼働阻止全国ネットワークは昨年11月の結成以来、「福島を忘れない!再
稼働を許さない!」を軸に、原発現地の闘いを横につなぎ、福島につなぎ、全国
的な闘いへと形づくっていくべく努力を注いできましたが、今この正念場で一段
と大きな力を注いで12月全国行動を闘っていこうとしています。
 さらには、なかでも再稼働一番手と目される伊方原発再稼働阻止の闘いのため
に、現地に拠点を設営し、常駐体制を築いて、現地の闘いに助力するとともに、
現地と福島・首都圏・関西・全国を結ぶ「現闘」を設立しようと計画しています。
■ 東京前段集会への参加を!
 重大局面を迎え、その局面に重大な意志をもって臨んでいくために、11月20日
(水)東京前段集会をスペースたんぽぽで開催します。ここで再稼働への動きの
現状、原発現地の闘いの状況をつかみとり、12月闘争−再稼働阻止への意志を固
めていきたいと思います。12・1「NO NUKES えひめ」への参加者はもちろんのこ
と、沢山の方々のご参加をお願 いします。

再稼働阻止への正念場―12月全国闘争に向けた、東京前段集会
 11月20日(水)午後6時半開場 7時開会 たんぽぽ舎4F (会場費&資料代
800円) ・再稼働の動きの現状 ・原発現地の闘いの状況 ・12月行動の全体
像 ・(現地と福島・首都圏・関西・全国を結ぶ)「現闘」の設立
以上

11月29日(金) 「脱原発テント裁判第4回口頭弁論」 

 テント裁判も第4回目の高塔弁論を迎えて大きな山場に立っています。福島第
一原発事故は放射能汚染水が深刻化をましています。このことは既にご存じのこ
とと思われますが、事故の根本をなす炉心溶融が手つかずにある限り続くことで
す。東電はこれの重大さと、解決の目途がないことを知るゆえに、現場からの逃
亡を分社化で図ろうと画策している節さえうかがえます。そして、他方で原発再
稼動を目論む悪辣さです。経産省も含め我々から隠された原発問題の動きを注視
しなければなりません。その意味では裁判は重要です。国民の目から隠すことに
抗議し、対抗するテントを守ることは今後、一層の重要さをますからです。第4
回目の口頭弁論に結集してください。

日時:11月29日 午後2時から 
■  午後1時東京地裁前抗議集会 
■  午後2時開廷 地裁103号法廷 
■  午後4時から裁判報告集会

★ 村上さとこ さんから:
  <11月18日(月)ティモシー・ムソー教授講演in北九州「福島の生態系からの
警告」>
  ☆緊急開催★【鳥類減少の度合いはチェルノブイリの2倍】
日 時:11月18日(月) 18時30分〜20時30分
場 所:小倉北区生涯学習センタ- 3Fホール
     JR西小倉駅徒歩5分
     http://p.tl/vRrD
参加費:500円  お子様の同伴は無料
お申し込みは こくちーずから http://kokucheese.com/event/index/125772/
当日、直接参加も大歓迎です。
*ムソー教授は、どの組織にも属さない生物学者であり、反原発活動家ではあり
ません。
一般の方はもちろん、生物学者、医師たちのご参加もぜひお待ちをしております。

アメリカ、サウスカロライナ大学のティモシー・ムソー教授は、チェルノブイリ
での調査がウクライナ政府により許可されてから14年間、世界でただひとり継続
してチェルノブイリの動植物の変化を調査、特にツバメの変異の研究では世界的
に知られています。 NHK BS世界のドキュメンタリー「被曝の森はいま」や、TBS
のニュース番組「Nスタ」での「福島の放射線量の高い地域では生物界の異変が
確実に」をご覧になった方も多いと思います。 ムソー教授は、福島原発事故直
後からすでに6回ほど福島入りし、北九州講演会の前日も飯館村で調査予定で
す。現在日本では、福島県内を始め各地で、放射能の放出による生物界の異変が
報告されています。

【講演の目的】 日本各地で放射能汚染の進行が止まらない状況で、私達の環境
に既に起きている放射能による動植物の変化についてムソー教授の今までの研究
から学ぶとともに、今後、さらに顕著に現れるであろう環境と生物界の変化につ
いて、多くのスライド写真を用いながら、みんなで考えていくきっかけにしたい
と思います。 福島県で甲状腺がんに罹患した子どもは18人、癌の疑い25人と報
道され、IPPNW医師団体も、「今後何年かの間に、異例の甲状腺癌罹患数の増加
が危惧される」と声明を出しています。しかし、が福島県立医大の責任者は、被
曝による影響ではない。被曝の場合発症に5年はかかるという根拠のない説明を
しています。 ティモシー教授によるとチェルノブイリに比較し、福島では、異
変が早く起きているということです。今現在私たちは、何をしなければならない
か。その意味でティモシー教授の研究は、大きな示唆を与えてくれるはずです。

 ◆ムソー教授の詳しい経歴 http://p.tl/sOpO
 ◆NHK BS「被曝の森はいま」動画 ムソー教授は、3:00頃から 8:00頃まで
http://vimeo.com/24097290
 ◆TBS Nスタ2012年「福島の放射線量の高い地域では生物界の異変が確実に」
http://p.tl/6vDA

◆上記番組について 「北海道大学ニュース(2012年)」 TBSのニュース番組「Nス
タ」は昨年夏、福島での調査について報道されました。福島県・飯舘村では、
ティモシー・ムソー教授とアンダース・メラー教授が放射能汚染の調査を行なっ
ている。チェルノブイリ事故の調査も行った二人は、福島県内の放射線量が高い
地域では鳥類の数が減少していることを突き止めた。減少の度合いはチェルノブ
イリの2倍だという。 調査チームは2011年と同地点で調査を開始。調査に参加し
た西海功博士は、生物の数・種類数が少ないと解説。今年は去年より更に鳥の数
が減っており、ムソー教授は「虫の羽の組織に突然変異がなどが現れやすい」と
話した。

 調査チームは、線量が高く人が住めない地域、福島県・浪江町に向かった。こ
こでは国の除染基準を大きく越える線量が検出。昆虫の数も少なく、「セイタカ
アワダチソウ」という植物は歪な形に成長していた。メラー教授は、この現象は
放射性物質による遺伝子の破壊で起きると解説。 北海道大学農学研究所の秋元
信一教授は、計画的避難区域でアブラムシを採取。アブラムシの1割ほどで形態
異常が見つかり、脱皮の過程で口が失われる現象などが起きていたという。秋元
教授は、放射性物質が形態異常の原因と推測している。 ムソー教授らによる調
査結果の中間報告がまとまった。線量の高い地域ほどチョウの数が激的に減少。
福島はチェルノブイリと違い、事故発生から1年半しか経っていない。時間がた
てばこれらの生態がどう反応するのか、将来のどんな影響を及ぼすのか調査しな
ければならないという。 福島原発周辺の”異変”についてスタジオで解説。放射
線量が高い地域では鳥類やチョウ、セミが減少。一方、クモが増加。トンボや
バッタ、ハチには変化が見られていない。 スタジオでは、原発事故はこれから
何十年も見て行かなければいけない。我々はこれから、未体験の経験をしていく
ことになると話した。

 ◆ムソー教授の研究に関する、BBCを始めとする外国での報道の数々は、こちら
から http://p.tl/CGsB(英語)
 ◆ムソー教授が率いるチェルノブイリ・福島調査チームの研究結果はこちらから
http://p.tl/kXxW(英語)
 ◆ムソー教授の著書は、オクスフォード大学出版部などから出版されている。
Mousseau, T.A. and C.W. Fox. 1998. Maternal Effects As Adaptations.
Edited volume. Oxford University Press.more Mousseau, T.A., B. Sinervo,
and J. A. Endler. 2000. Adaptive Genetic Variation in the Wild. Edited
volume. Oxford University Press. more Schlichting, C. and T.A.Mousseau.
2008, 2009. The Year in Evolutionary Biology. Edited volumes. New York
Academy of Sciences Pressmore =========

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
        事務局会議
日 時:11月5日(火)18:00〜
場 所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)会議室
 福岡市博多区博多駅前1-19-3 博多小松ビル2F
     TEL092-483-0431 
 地図: http://tinyurl.com/nyhy6go

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
11月10(日) 舞鶴公園(福岡市中央区城内1)
10:00- ライブetc.
12:45- 本集会
15:00- デモ・パレード出発
    ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
呼びかけ個人・団体登録。メッセージ。賛同カンパ。Tシャツ注文。

● 原発労働者梅田裁判第8回口頭弁論 (301号大法廷)●
 12月18日(水)午後1時30分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1−1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会1:00〜   〇入廷行進1:15〜
    〇裁判開始1:30(口頭弁論)
   〇報告集会2:00 福岡市立中央市民センター 第2会議室
  福岡市中央区赤坂2丁目5−8 tel092−714−5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

■「沖縄のいまー基地問題と平和を考えるつどい」
日 時: 12月18日(水)午後6時開場(沖縄ドキュメントDVD上映) 
場 所: 福岡市立中央市民センターホール 
沖縄からゲスト: 会沢芽美 大久保康裕 伊佐信次
集会開催の呼びかけ人(五十音順)
  青柳行信  石川捷治  石村善治  西表 宏  緒方 満   岡本茂樹
   酒井嘉子  末永節子  ハンナ&マイケル  福田光子 前海満広  三宅 昌  

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第7回口頭弁論期日 12月20日(金)14:00 佐賀地裁
          午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
       原告総数 原告総数    6943名(10/31現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
aoyagi at tent-hiroba.jp
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************




















CML メーリングリストの案内