[CML 027385] 本日11/2(土)日韓言論交流シンポジウム 権力と闘うメディア ―韓国の労働運動に学ぶ― @YMCAアジア青少年センター

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 11月 2日 (土) 05:07:21 JST


紅林さん
参加します。
ご承知の通り、
日本が駄目になったのは1989年の労戦分裂から
未だに日教組と全教は再統一できず、
労働者どうしがいがみ合い、
組合加入者は減るばかり、
駄目なのは一般労働者ではなく、組合幹部、
労働者が資本の奴隷になっている限り、
何もできません。
 (いしがき)

本日11/2(土)日韓言論交流シンポジウム 権力と闘うメディア ―韓国の労働運動に学ぶ― @YMCAアジア青少年センター

紅林進です。

開催日当日になっての転載で恐縮ですが、本日11月2日(土)に、
東京・水道橋のYMCAアジア青少年センター(在日本韓国YMCA)で
開催されます下記シンポジウムのご案内を転載させていただきます。

(以下転載)

日韓言論交流シンポジウム 権力と闘うメディア
―韓国の労働運動に学ぶ―

昨年、韓国の大手放テレビ局のMBC労組(全国言論労組MBC本部)、
KBS新労組が現社長の退陣と「公正な報道の回復」を求めてストライキ
に突入しました。しかし、現在でも政権に批判的な放送ができない状況
が続いています。今回は、韓国言論労組から代表団を日本にお招き
しました。韓国のメディアや労働事情に詳しい「レイバーネット日本」共同
代表の安田幸弘さんをパネリストに加わっていただき「今、韓国のメディア
で何が起きているのか」についてともに考えていきましょう。

日時◇ 11月2日(土)13時30分~16時30分(予定)
会費◇ 500円
場所◇ YMCAアジア青少年センター
(東京都千代田区猿楽町2-5-5 Tel : 03-3233-0611)
アクセス地図http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/map1.htm

基調報告:権
在顕氏(クォン・ジェヒョン・京郷新聞労組委員長)

パネリスト:金 鉉錫氏(キム・ヒョンソク・KBS労組委員長)
金
南準氏(キム・ナムジュン・国民日報労組委員長)
安田 幸弘氏(レイバーネット日本)
コーディネーター:岩崎
貞明氏(MIC事務局次長・民放労連書記次長)


主催:日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)
〒113-0033 東京都文京区本郷4-37-18いろは本郷ビル2階
TEL:03-3816-2988 FAX:03-3816-2993 



CML メーリングリストの案内