[CML 027372] 議員の辞職は安倍首相が先 関西テレビニュースアンカー 森田実 山本太郎議員とICカードを語る

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 11月 1日 (金) 20:45:21 JST


山本太郎氏のパフォーマンスには首をかしげるが、
議員辞職要求は安倍首相の方が先。
IOC総会で放射能漏れはない、と言った嘘。これは国際的にも大問題である。
これに対し、マスコミも安倍首相の嘘を報道しているが、
誰も責任を取って謝罪し、議員を辞任せよ、とは言わない。
嘘を国際公約などとゴマカシに朝日新聞などは一役かっている。

自民党は勿論、野党もマスコミも山本氏を糾弾する資格など全くない。

  石垣敏夫


> 山本太郎議員の天皇直訴、わかぎさんは残念、こう騒がれるのは分かっており、山本氏も仕事がなくなり、こういうことをしたのは軽率、支持者はこういうところが甘いと思っている、自分も期待したがと言われました。
 そして森田さん、マナー、常識で落第。参院議員は最高機関のメンバーで、憲法41条で規定され、制度上は国会議員は総理より上であり、日本国憲法を遵守すべきで、戦前と戦後、天皇が戦後文化的な存在となり、天皇を政治的に利用してはいけない、これを分かっていないと問題になり、迷惑している、国会議員はこの程度のものなのか、社会の礼儀もなく、迷惑をかけてはいけないのを分かっていけない。犯罪的な行為なら参院で2/3以上で除名できるが(憲法で認められている)、そこまではしない、議員辞職決議か、どこになるかであり、東京で山本氏に入れた人は落胆していると指摘されました。


CML メーリングリストの案内