[CML 027361] 明日11/2(土)上映会&トーク「東電/国/福島県は311事故後、何をしなかったのか〜双葉町の人々の2年7か月を知る11.2集会」

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 11月 1日 (金) 13:23:26 JST


紅林進です。

明日11月2日(土)に東京・飯田橋の東京しごとセンターで開催されます
「東電前アクション!」主催の下記の<上映会&トーク>「東電/国/
福島県は311事故後、何をしなかったのか 双葉町の人々の2年7か月
を知る11.2集会」のご案内を転載させていただきます。

対談は井戸川克隆さん(前・双葉町町長)&堀切さとみさんです。 


(以下、転載)

≪上映会&トーク≫ 

東電/国/福島県は311事故後、何をしなかったのか 
  双葉町の人々の2年7か月を知る11.2集会 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

◆11月2日(土)17時45分開場 18時開始 

◆場所:東京しごとセンター 5階セミナー室 
(住所:東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号、最寄駅:飯田橋) 
http://bit.ly/sYOuTZ 

◆資料代:500円 

◆内容 
・映画「原発の町を追われて 避難民・双葉町の記録」(制作;堀切さとみさん、56分) 
※作品公式サイト http://genpatufutaba.com/ 
※堀切さんは、今年の「やよりジャーナリスト賞 期待賞」の受賞が決定しました。 

・対談 井戸川克隆さん(前・双葉町町長)&堀切さとみさん 

◆主催:東電前アクション!  
BLOG: http://antitepco.ldblog.jp/
TWIT: https://twitter.com/antitepco1
MAIL: http://jp.mc1009.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=antitepco1@yahoo.co.jp

9/28に行った「東電は福島に何をしてしまったのか」の続編です。今回は東電や国、
そして福島県が「何をしなかったのか」に着目します。 

実は、私たちがこのテーマを考えるに至ったきっかけは、前回9/28にご参加された
井戸川克隆さん(前・双葉町町長)の「皆さんがまだ議論されていない点があります。
福島県の問題です」というご発言でした。 
今回、その井戸川さんをお招きして、じっくりお話を伺いたいと思います。 

前半は、映画「原発の町を追われて 避難民・双葉町の記録」を上映します。これは
旧騎西高校の避難所に暮らす双葉町の人々の姿と声を、制作者の堀切さとみさん
が丁寧に拾い上げた作品です。 
「『俺たちはどうせ忘れさられていくのさ』という避難民のつぶやき」

「2011年11月、ついに騎西高校で、町民自身が思いのたけをぶつけ合う集会を開いた(略)。ほったらかしにされた人々は『このままでは、国と東電に殺される』とさけぶ」
(以上「原発の町を追われて」公式サイト http://genpatufutaba.com/ より) 

後半は、井戸川さんと堀切さんに対談いただき、県当局の問題や、双葉町の人々の
これまでとこれからについてお話をお聴きしたいと思います。 

ぜひ、お集まりください。 

◆ 〜東電は福島に何をしてしまったのか?〜 福島の”いま”を知る9.28集会 記録 
http://antitepco.ldblog.jp/archives/32868655.html 


CML メーリングリストの案内