[CML 024592] 「加害の歴史を教えることをめぐって―学校現場で起きたできごとと今を考える!―」コリアン・マイノリティ

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 5月 30日 (木) 12:33:44 JST


「加害の歴史を教えることをめぐって―学校現場で起きたできごとと今を考える!―」コリアン・マイノリティ研究会 第114回 月例研究会
(5/30木)


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

コリアン・マイノリティ研究会
 http://white.ap.teacup.com/korminor/
の藤井幸之助さん
から
教えていただきました。

教職員・市民が集まり、始めた「ざざまる会」で話し合い、学習を続けました。
―その報告があります。会で作られた
リーフレット『「強制連行」の教材問題について意見をのべます!』(8頁)(※藤井さんに問い合わせていただいたら、PDF送りますとのこと)
を紹介する

今日の
「加害の歴史を教えることをめぐって―学校現場で起きたできごとと今を考える!―」コリアン・マイノリティ研究会 第114回 月例研究会
(5/30木)

を
とても大切と思いました。
お知らせを転載します。
(※重なってしまいましたが、
今日は
[CML 024520] 5月30日李煕子さんからの報告と交流の集い
2013年 5月 26日 (日) 08:10:06 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-May/024406.html

も行われます。

※これらを含め、
大切な取り組みを伝える藤井さんからのお知らせ
[CML 024581] これからの催し(5月30日)【関西圏ドキュメンタリー<等>上映情報】掲載

2013年 5月 30日 (木) 09:52:41 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-May/024471.html
も、ぜひお読みください。)




5/30(木)、コリアン・マイノリティ研究会第115回月例研究会


みなさん、アンニョンハセヨ(お元気ですか)?

 これまでも折に触れたびたび取り上げられてきたものの、
今回の橋下徹さんの一連の差別発言によって、いみじくも一気にクローズアップされた
日本軍「慰安婦」問題。
これらの問題をこれ以上放置せず、
真の解決に向けて、考える絶好のチャンスです。

 30日(木)はコリアン・マイノリティ研究会第115回月例研究会です。
今回は学校教育の現場で“加害の歴史”の教育をどのように取り組まれているのかを考えます。

飛び込み参加も【大歓迎!】ですが、準備の都合もありますので、できれば参加希望者はあらかじめご連絡ください。よろしくお願いします。

■コリアン・マイノリティ研究会 第114回 月例研究会
「加害の歴史を教えることをめぐって―学校現場で起きたできごとと今を考える!―」
     橋本ともさん(「ざざまる会」・元教師)
 2011年の秋、ある中学校で例年どおり取り組まれた「平和人権学習」の一環「戦争の歴史」に対して、
地域から「強制連行について教えている」とクレームが入り、その後、大きな問題にされました。
管理職と教育委員会が、クレームを鵜呑みにして受け入れたことが、現場を不安と混乱に陥らせ、
“自分たちがなにか、間違ったことをしたか”のような状況を生み出しました。
 これに対して、「なにが問題だったか」「”強制連行“はなかったことなのか?
教えてはいけないことなのか?」と、
近辺の教職員・市民が集まり、始めた「ざざまる会」で話し合い、学習を続けました。
外村大(2012)『朝鮮人強制連行』(岩波新書)・山田昭次・古庄正・樋口雄一(2005)『朝鮮人戦時労働動員』(岩波書店)などを読み、「強制労働・連行に関する学者や市民運動家の学習会」にも参加し、研究者に相談もしました。
1年もかかってしまいましたが、この3月にやっと私たちのリーフレット『「強制連行」の教材問題について意見をのべます!』(8頁)
を作成することができました。 

 リーフレットの前半は「学習指導要領や教科書に記載がないと言えるか? 
仮にないとしても、それを教えることは間違いなのか?
教員が教育活動を行う自由と権利とは?」、
後半を「強制連行は、なかったのか?」として、
少しでもわかりやすくと
「一問一答形式」にしました
(※ご希望の方にpdfでお送りします。ご連絡ください)。
 ここで論拠とした「現在の教科書記述内容」や「教科書の近隣諸国条項」自体をないものにしようと、現在の政権は攻撃をかけており、一層困難な状況が進んでいますが、現状の取り組みの参考になれば――という思いで作りました。
このできごとの概要とリーフレットを説明し、「今、加害の歴史を学校で教えること」について「強制連行に関するこれまでの研究と論議」について、共に考えていきたいと思います。

日 時:5月30日(木)19:00〜21:00
場 所:「・オリーブガーデン・」(大阪市東淀川区菅原5-3-10)06-6328-5969
      阪急京都線「淡路駅」東出口下車(地下鉄堺筋線乗り入れ)、東へ徒歩5分
      地図検索http://www.mapion.co.jp/m/34.73629721_135.52297499_10/
参加費:500円/高校生以下無料(どなたでもご参加いただけます)
★準備の都合がありますので、必ずご予約ください。masipon at nifty.com
★終了後、懇親会(2000円・学生1000円)
主 催:コリアン・マイノリティ研究会 http://white.ap.teacup.com/korminor/ 
090-9882-1663 


こうのすけ拝
090-9882-1663
533-0022 大阪市東淀川区菅原5-3-10
コリアン・マイノリティ研究会
   http://white.ap.teacup.com/korminor/
・オリーブガーデン・ 06-6328-5969 
  http://ehon-olive.blogspot.jp/
無償化連絡会・大阪 http://www.renrakukai-o.net/
ホンギルトン基金  http://www.osakahuminkikin.net/




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内