[CML 024591] 【市民の勝利】橋下大阪市長:問責可決なら辞職…松井大阪知事

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2013年 5月 30日 (木) 12:27:51 JST


橋下大阪市長:問責可決なら出直し市長選…松井大阪知事

毎日新聞 2013年05月30日 11時28分(最終更新 05月30日 12時03分)
http://mainichi.jp/select/news/20130530k0000e010203000c.html

松井一郎大阪府知事=小関勉撮影

 日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は30日、橋下徹大阪市長(日本維新の会共同代表)の問責決議案が大阪市議会で可決される見通しになったことについて「民意を問うことになる」と述べ、橋下市長がいったん辞職して出直し市長選を実施するとの見通しを明らかにした。時期については、7月21日に投開票される予定の参院選との同日選とする考えを示した。

 市議会は30日午後、旧日本軍の従軍慰安婦を巡る発言などを理由に、問責決議案を自民、民主系、共産の3会派が共同提案し、公明も賛成して可決する見通しだ。

 松井氏は府庁で記者団に「問責決議案は不信任と同じだ。市長がやろうとすることに対し、(市議会が)審議に応じる価値はないということだ」との認識を示し、「その時は、市長がやってきたことを否定し、今後も期待しないのかどうか、大阪市民に聞かないといけない」と述べた。

 橋下市長の意向については「絶えず連絡を取り合っている。政治家としての価値観は一致している」と述べ、同様の方針だと強調した。さらに「今の大阪の改革は橋下市長でないとできない」と、出直し市長選には橋下市長を再び擁立するとの意向を明らかにした。

 争点については「有権者が判断することになる」と明言しなかった。また、市長選で橋下市長が敗れた場合、「大阪都構想を含め、大阪の改革はできなかったと(市民に)おわびする」と、都構想実現を断念する意向を示した。

 出直し市長選で、橋下市長が再選を果たした場合の任期は、1期目の残任期にあたる2015年12月18日までで、他の候補者が当選した場合は4年間となる。

 問責決議案では、橋下市長が沖縄の米軍司令官に風俗業活用を求めた発言について、「市長でありながら市政を大きく混乱させ、深刻な国際問題にまで発展しつつある」と指摘。「市長としての職責を全うしているとは言い難い。公人の立場での発言には責任問題が伴うことを自覚すべきだ」と断じている。【熊谷豪、山下貴史】 		 	   		  


CML メーリングリストの案内