[CML 024577] 【報告】第771日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 5月 30日 (木) 07:17:36 JST


青柳行信です。 5月30日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第771日目報告☆
   呼びかけ人賛同者5月29日2847名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月29日1名。
    匿名者
★さよなら原発!福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
雨が降らずにいて よかったです。
あやもさん(ママは原発いらない・代表)たちが 来てくれたので 和やかでした。
こどもたちのためにも 原発再稼動を食い止めたいものです。
あんくるトム工房
損害賠償    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2453

★ 中西正之 さんから: 
青柳行信 様
毎日新聞 2013年5月29日付け1面に
玄海原発:長崎県漁連が再稼働反対デモ が掲載されていますので、お知らせいたします。
http://mainichi.jp/select/news/m20130529k0000m040123000c.html

”玄海原発:長崎県漁連が再稼働反対デモ 7月にも
 長崎県漁連は、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働に反対する大規模な海上デモを実施する方針を決めた。漁船2000隻の参加を目指し、7月にも同原発周辺海域で展
開する。原発事故時の漁業対策が放置され、安全が確保されないと判断した。全漁連(東京)によると、都道府県単位で再稼働を巡る反対行動は初めてとみられる。長崎県漁連の組
合員は全国最多で、自治体などの再稼働判断に影響を与える可能性がある。
(中略)
 国の新しい原子力災害対策指針に伴い、長崎県は松浦、壱岐、平戸、佐世保の4市が原発から半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)に入った。松浦市・鷹島は玄海原発か
ら最短8.3キロと近接している。同県漁業は生産量、生産額とも全国有数で、県漁連の組合員は約2万8000人。30キロ圏では車エビやふぐの養殖、イカ釣り漁、巻き網漁な
どが盛ん。
 県漁連の川端勲会長は、毎日新聞の取材に「再稼働に絶対反対の声を被爆を経験した長崎から上げたい。原発が近くにあるだけで魚価が低迷し、漁業後継者も育たない」と話して
いる。【関谷俊介】”

★ 舩津康幸 さんから: 
おはようございます。
今朝も、もんじゅ、東海村事故、敦賀原発、政府・国会の動き、フクシマ、電力会社、地元紙、と続けて紹介します。
1.「もんじゅ点検漏れ、原子力機構に体制見直し命令  規制委が決定 」日経5/29 10:28 (5/29 11:41更新) 
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG29008_Z20C13A5MM0000/
記事「原子力規制委員会は29日、高速増殖炉原型炉『もんじゅ』(福井県)で約1万点の機器の点検漏れが見つかった問題で、日本原子力研究開発機構に対し安全管理体制を見直す
命令を最終的に決定した。規制委は15日の処分決定後、原子力機構に対し弁明を求めていたが不服申し立てが無かったため今回、処分が正式に決まった。今後、安全管理体制が整う
までもんじゅは運転再開に向けた準備作業ができなくなる。」
2.「もんじゅ 来月活断層調査 使用停止を正式決定」東京新聞5月29日 13時56分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052990135630.html
記事「原子力規制委員会は二十九日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の敷地内の断層が活断層かどうか、外部の専門家チームによる現地調査を六月中旬〜下旬に実施する
ことを決めた。」

放射能漏れの東海村では、
3.「新たに1人、被ばく34人に=西1キロまで拡散か−加速器放射能漏れ・原子力機構」時事通信 05/2921:56
⇒http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013052900955
記事「・・・日本原子力研究開発機構などは29日、被ばくの可能性が高い区域にいた55人以外に、施設内にいた47人を調査した結果、新たに男性1人の被ばくが判明したと発
表した。被ばくが確認されたのは計34人になった。・・・また原子力機構などは、当日の風向きなどを考慮した拡散予測計算から、事故で放出された放射性物質が施設の西約1キ
ロまで拡散した可能性があることを明らかにした。」
その茨城県東海村の事故でこんなことが、
4.「水戸市確認は25日朝 機構、電話連絡せずJ-PARC事故」茨城新聞5月29日(水) 
⇒ http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13697531048249
記事「・・・・・日本原子力研究開発機構(原子力機構)から事故発生の連絡を受けることになっている9市町村のうち、水戸市が24日深夜の電話連絡を受けていなかったことが28日、
同市など関係市町村への取材で分かった。同市は25日朝になって、市の担当課に送られていたファクスで事故発生を確認したという。・・・同機構は、同市への電話連絡について
「電話したが出なかった」と説明している。同機構と自治体間の協定で、夜間と休日の連絡は電話とファクス両方で行う決まり。このため、市は担当職員の連絡先を複数登録してい
るといい、『連絡が付くまで複数の連絡先にかけることになっている。しっかり運用してほしい』(同市危機管理室)と指摘している。」
・・・原発30キロ圏に連絡することになっているいま、避難計画策定中の自治体への対応はこんなことになりそうです。原発を運用する電力会社は、いくら協定を結んでも信用でき
ない。通報する側は「たいした事故ではない」と、思っていたにちがいない。

あの“活断層”の福井県敦賀原発では、
5.「冷却水喪失 影響評価を 敦賀2号機」東京新聞5月29日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013052902100011.html
記事「・・原子力規制委員会は二十九日、直下に活断層があると認定された日本原子力発電(原電)敦賀原発2号機(福井県敦賀市)で、使用済み核燃料プールの冷却水がなくなっ
た場合の影響を評価するよう、原電に命令することを決めた。2号機の原子炉本体に核燃料は入っていないが、原子炉建屋内のプールには、約千六百体の使用済み核燃料がある。建
屋直下の活断層が動いて地盤がずれれば、プールが壊れて冷却水が失われ、核燃料が過熱する可能性がある。・・・このため規制委は、冷却水が失われたと想定し、核燃料の健全性
は保てるかどうかや、放射性物質の外部への漏出をどう防止するかなどを、原電に報告させる。原子炉等規制法に基づく報告の期日は七月末。」

政府は、
6.「新幹線受注へ前進=原子力協定交渉を再開−日印首脳会談」時事通信05/2920:39 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013052900962
・・・原発輸出、地下鉄に続いて新幹線まで、ここまで関連付けられて、がんじがらめです。
そして、今年末頃には天皇の訪印まで計画されている、・・・。

国会では、
7.「原子力賠償の特例法成立 参院で可決 」日経5/29 10:59
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2900I_Z20C13A5EB1000/
記事「福島第1原子力発電所事故に伴う損害賠償請求に関する特例法が29日午前の参院本会議で全会一致で可決、成立した。原子力損害賠償紛争審査会による和解の仲介が不調に終
わった場合、民法上の時効の3年を過ぎていても被災者が裁判所に提訴できるようにする。・・・審査会の紛争解決センターによる被害者と東電との和解の仲介は遅れており、賠償
を受け取れない被災者が出ることを防ぐ。
・・いったん成立はしたが、これでも救えない人がでるとの指摘がすでにある、これも急ぐ必要があるのです。15万人のうち、1万5000人くらいしかセンターへ仲介申し立てをしてい
ない、その多くが不利になる可能性大!と日弁連が指摘している。

福島第一事故現場では、
8.「福島原発4号機カバーの鉄骨完成 11月から燃料取り出しへ」東京新聞 (20:44)
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052901001971.html
記事「・・・4号機は水素爆発で建屋上部が大破。がれきは撤去され、プールのある5階がむき出しになっていた。・・・6月には燃料を引き上げるクレーンの設置工事を始め、予
定通り11月から燃料取り出しを始める方針。・・・」

福島第一事故で放射能汚染は、
9.「放射性ヨウ素など残留 第1原発の汚染水処理設備」福島民友(05/29 10:10) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0529/news9.html
記事「福島第1原発構内で発生する大量の汚染水から放射性物質を取り除く「多核種除去設備(ALPS)」の試験運転で、東電は28日までに、当初から同設備で除去できないと
していたトリチウムに加え、一部の放射性ヨウ素などが除去しきれずに残留していると原子力規制委員会に報告した。東電は設備内の吸着材の量や配置などを変更して放射性ヨウ素
などを除去できるか確認するとしているが、汚染水対策の「切り札」と期待された設備が不十分となれば、抜本的な解決がさらに遠のくことになる。・・・試験運転による処理水か
ら残留が確認されたのは、ヨウ素129、コバルト、ルテニウムなど。このうちヨウ素129は濃度の法令限度1ミリリットル当たり0.009ベクレルに対し、0.0069
ベクレル含まれていた。ヨウ素129の半減期は約1600万年。・・・」
1600万年・・天文学的数字が並びます。
10.「日本海溝に微量セシウム=事故4カ月後に検出−海洋機構」時事通信05/2920:29 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013052900985
記事「・・・海洋研究開発機構などが2011年7月、水深7000メートル超の日本海溝付近を無人探査装置で調査したところ、海底の堆積物から東京電力福島第1原発事故で飛
散したとみられる放射性セシウム134が検出されたことが分かった。濃度は1グラム当たり0.02ベクレルと微量だが、事故のわずか4カ月後に深海底まで影響が及んでい
た。」

福島第一の事故調査は、
11.「1号機復水器を調査へ=福島第1、損壊原因で対立−規制委」時事通信05/2921:17 
⇒http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013052901011
記事「原子力規制委員会は29日、東京電力福島第1原発1号機の現地調査を30、31の両日に行うと発表した。国会の事故調査委員会が、津波の到達前に地震の揺れで損傷した
可能性を指摘した原子炉建屋4階の非常用復水器配管などが対象となる。・・・東電は地震による損傷はないと主張している。調査結果は、規制委に設置された事故分析の専門家会
合に報告される予定。」
・・・・そもそも地震で施設が損壊していたかどうかの調査です。「原発施設は地震で壊れない」という“安全神話”を電力会社は主張しているのです。

被災地フクシマでは、
12.「時間止まった双葉町 津波被害は当時のまま」福島民友(05/29 10:10) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0529/news8.html
・・・28日から立ち入りができるようになって・・・。
13.「18歳未満の避難者、3万人切る 『家族で帰還』進む」福島民友(05/29 10:10)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0529/news10.html
記事「東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で県内外に避難する18歳未満の子どもの数(4月1日現在)は2万9148人となり、3万人を切った。前回調査(昨年10月1
日時点)より1820人の減少。県外避難者数も前回比1154人減の1万5816人で、避難者が子どもを連れて徐々に戻りつつある状況が数字に表れた。県が28日、県災害対
策本部会議で示した。・・・前回増加した県内避難者数は666人減の1万3332人となり、県内外の避難者数がいずれも減った。県は減少した要因について『新年度の開始に合
わせ、子どもの就学、通学の影響などを考慮して帰還が進んだのではないか』(子育て支援課)とみている。」
・・・県外避難者に援助をしなかった行政による“兵糧攻め”の影響もあるはずです。
14.「県内原木シイタケ生産、15%90人が廃業意向 県調査」下野新聞(栃木県地方紙)(5月27日 朝刊) 
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20130526/1052927
記事「県環境森林部が2012年9月からことし1月まで県内の原木シイタケ生産者581人を対象に実施したアンケートで、全体の15%に当たる90人が『廃業する』との意向を示し
ていたことが26日までに分かった。東京電力福島第1原発事故の影響で県内21市町で原木生シイタケ(露地栽培)が出荷停止となっていることが主な要因とみられる。」
15.「賠償の前向き回答なし (岩手県)一関で東電説明会?」 岩手日報05/29 11:08 
⇒http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20130529_6
記事「福島第1原発事故による農林産物などの風評被害の賠償対象を本県に拡大したことに伴い、一関市は28日、産直事業者らへの説明会を市内2カ所で開いた。以前から要望が
あった請求手続きの事務費や、例外のない販売手数料の賠償には、東電側から前向きな回答はなかった。対象拡大後、東電による農林業者への説明会は県内で初めて。会場の市役所
と川崎公民館に、生産者を含め計約30人が集まった。」
・・・例外なく補償すべきではないですか、東電さん。

電力会社は、
16.「・・・北海道電、泊原発再稼働3基を同時申請 」日本経済新聞 電子版5/29 2:00 
⇒ http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD280LF_Y3A520C1TJ0000/
記事「・・・北海道電力は泊原子力発電所(北海道泊村)の再稼働を1〜3号機同時に申請する方針を固めた。新たな規制基準に適合しているか確認したうえで、新基準が施行され
る7月中にも申請する。泊原発の停止が収益を圧迫していることに加え、北海道は冬に電力需要のピークを迎える点を考慮し、全3基の早期再稼働を目指す。泊原発の3基は安全対
策の一部に猶予を認められる加圧水型軽水炉(PWR)。」
17.「伊方原発7月にも再稼働申請=新規制基準後「遅滞なく」−四国電社長」時事通信05/2921:34 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013052901021
記事「・・・7月中にも、再稼働を申請する考えを示唆した。・・・・・」

さて、きょうの西日本新聞朝刊紙面では、一面真ん中に、6.の類似記事 見出しは、
18.「日印、原子力協定を促進 海自飛行艇輸出も 経済安保で連携 共同声明」
・・・・なんと飛行艇まで、中国けん制・・・。その一面左に、
19.【九電 九州考】地域は変われるか(3)」05月30日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/18148/1/
記事「◆グループ企業 自立迫られ日々苦闘 『ステータスになるように、埋まってほしい』・・・・このビル(九電本社横の新規ビル-共創館)へ入居すること自体が、地域におけ
る社会的地位の証しになる?と、九電相談役、松尾新吾(75)が(オープン式典で)力を込めたが、・・・・今、共創館には九州経済連合会など地場の経済8団体が入居し、『財界
ビル』とも呼ばれる。だが、一般テナントの入居は契約済みを含めても11社。所有・管理する九電子会社の電気ビルによると、全体の入居率は63%にとどまっている。・・・
『九電の関係物件なら、グループ企業がこぞって入り、すぐ埋まると思っていたが…』と、地元不動産会社幹部。事業所が入居にちゅうちょする一因として、3・3平方メート
ル当たり約1万8千円(共益費込み)という『割高な賃料』を挙げた。周辺には1万円前後の物件もある。」
・・・・記事の下方には、ぬくぬくとしてきたグループ企業の自立模索の苦悩も紹介されている。普通の企業では当然なことを。
3面に18.の関連記事、見出しは、
19.「商機優先かすむ反核 原発輸出前のめり 政権『安全』、被爆地反発」
⇒http://qbiz.jp/article/18144/1/
同じ面に、17.類似記事があります。
13面経済欄に、
20.「多摩川ホールディングスが五島市にメガソーラー 14年末稼働」05月30日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/18135/1/
記事「・・・同社は29日に用地賃貸契約を結んだ。建設地には1841年に30代五島藩主が建築した茶亭跡(市史跡)があり、石垣などとともに保存し、見学コースを設ける。
パネル清掃業務などで約50人を地元雇用するという。同社は市内に別のメガソーラー(1900キロワット)も建設中。」
12面には、
21.「神鋼の高炉跡地 火力発電を検討」
⇒http://qbiz.jp/article/18116/1/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E8%A3%BD%E9%8B%BC/
・・・鉄鋼の合理化で廃炉になる場所に、・・・。 
31面社会欄に、
22.「重粒子線がん治療センター来月開院 資金45億円不足の船出」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/366615
・・・・6月1日に佐賀県鳥栖市で開院予定の施設、九電が寄付を予定していた施設・・・・。
小見出しで、傲慢な九電相談役のコメントが、
23.「『再稼動なら何でことない』寄付問題で(松尾)九電相談役」
・・・・・驚きの態度です。
以前の関連記事は次に、
22’.{がん患者受け入れは7月から 佐賀の重粒子線治療センター」03月27日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/14663/1/%E3%81%8C%E3%82%93%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/
22”.「秒速21万キロの加速器を公開 鳥栖のがん治療施設『サガハイマット』」05月11日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17081/1/%E3%81%8C%E3%82%93%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/
紙面にはないが、この新聞社のネットの記事に、
24.立地市町村、『原発必要』明確に 国に要求」 5月29日 20:31
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/366578
記事「原発がある市町村でつくる全国原子力発電所所在市町村協議会が29日、東京都内で総会を開き、国に対し、原発の位置づけを明確にしたエネルギー政策を早急に示すこと
や、立地自治体への経済面での支援を求めていく方針を決めた。23市町村の首長らが出席した。・・・・」
・・・・・こちらも相変わらず、です。

★ 木村(雅)さんから:
全国から再稼働反対を訴える院内交渉集会
〜原子力災害対策指針と基準地震動(新規制基準)を問う〜

○日時:6月3日(月)12時半〜
○場所:衆議院 第1議員会館 第5会議室
○スケジュール
12時半〜13時  集合、事前確認
13時 〜14時半 規制庁交渉(前半:原子力災害対策指針、後半:新規制基準(地震))
14時半〜15時  総括集会
○主催:再稼働阻止全国ネットワーク
 問合せ メール info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
 TEL 070-6650-5549、FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛と明記)
(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)

原子力規制委員会は、敦賀2号直下に活断層があると評価し廃炉に一歩近づけ、
日本原子力研究開発機構(JAEA)のもんじゅにおいて、約1万の機器について点検時期超過が発生した件について、原子炉等規制法違反に当たること等を確認し、JAEAに対
する措置等に関する方針を決定した。
しかしながら、原子力規制委員会は、原子力災害対策指針を策定して原発立地・周辺の自治体や住民に防災計画や防災訓練を押しつけ、一方で膨大な問題を孕んだ新規制基準のパブ
コメの意見反映もそこそこに、既存原発の再稼働を目指した新規制基準を7月18日に施行して今後申請される原発の再稼働を認めようとしています。
多くの方は次の様な疑問をお持ちだと思います。
・ネズミ停電や放射能汚染水漏れが示すように、福島原発事故が未だに収束せず廃炉への道も見えない。なぜ今再稼働か? 
・被災者は救済されず十分な保証もされず、低賃金で被曝労働者に危険な仕事を押しつけている。なぜ今再稼働か?
・福島原発事故時の避難の様子も十分に把握しないでなぜ防災計画、防災訓練か?
・非現実的な避難訓練をなぜ住民に押し付けるのか?
・地震列島日本で本当に原発を動かして安全だと誰が保証するのか? などなど。

そこで、再稼働阻止全国ネットワークは、全国の原発立地・周辺の方々とともに、
院内交渉集会を開催し、規制庁にこれらの疑問のうちの一部をぶつけて、再稼働反対を訴えます。
是非ご参集願います。

★ みやち さんから: 
青柳様
瀬戸の小島は柑橘の花ざかりです。
さてアメリカの知人が先日の特派員クラブの模様と市民のリアクションを送ってきました。
気になるのは、アメリカ市民の反応の一部ですが、広島も長崎も気の毒でない、慰安婦問題の罰みたいな調子で述べられているのがあることです。
今日は大阪から知人が来たのですが、4分の1ぐらいは市長の発言に支持してるというのですから、はあ、溜息です。
個人的には反原発の振りをして、実は市民を裏切った卑怯な男として、赦せませんが、支持者たちにはヒーローのようです。自浄力がないとは、コワイ現実です。
http://tinyurl.com/od65qd9

★ 崔 勝久 さんから:
橋下、マスコミには植民地支配に対する認識が決定的に欠けている
http://www.oklos-che.com/2013/05/blog-post_29.html
一連の橋下発言、この間のマスコミの従軍慰安婦問題の
取り上げ方をみていると非常に一方的、日本国内だけで通用する理屈です。
そこには歴史観、世界に通用する倫理観の片鱗もありません。
昨日の橋下の日本外国特派員協会での発言、タケシのテレビタックルを見ての感想です。

★ 前田 朗 さんから: 
「侵略 の定義について(9)」をブログにアップしました。
http://maeda-akira.blogspot.jp/2013/05/blog-post_2245.html

1994年に始まった国連・女性に対する暴力特別報告者、ラディカ・クマラス
ワミさんや、ヤキン・エルテュル クさんが活躍してきましたが、現在はラシ
ダ・マンジョーさんが頑張っています。

6月上旬からの国連人権理事会第23会期のために提出した報告書(A/HRC/23
/49) は、「女性に対する暴力を撤廃するための国家責任」をテーマにしています。
http://www.ohchr.org/Documents/HRBodies/HRCouncil/RegularSession/Session23/A_HRC_23_49_English.pdf

女性に対する暴力を容認・促進する安部や橋下に読ませたいものです。

★ 木村幸雄 さんから: 
友人から、5/22に参院議員会館で開催された院内集会の動画を教えていただきました。

特に、開始後31分〜48分にかけての映像の、「慰安婦」問題解決全国行動共同代表の梁澄子(ヤンチンジャ)さんの発言はインパクトがあり、『日本軍「慰安婦」問題の特殊性』と
いう重要な提起で、橋下をばっさり切り捨て、さらにトカゲの尻尾きりをせず、今回の問題の根本に、安倍晋三がいることを鋭く突いています。ぜひご覧ください。
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F1587

5月22日参院議員会館で緊急に開かれた抗議集会の様子が録画で見られます。
 WAMの代表の池田理恵子さんはじめ委員会で安倍首相に「慰安婦」発言をずっと追求してきた辻元清美議員迫力のある発言「慰安婦」問題解決全国行動共同代表の梁澄子(ヤンチン
ジャ)さんは必見、上野千鶴子さんや北原みのりさん、その他大勢の面々。みなさん問題の本質をついておられます。発言はないけど傍聴席に辛淑玉さんの姿も。 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F1587 //////この日の翌日、私は日比谷野音での5.23狭山再審を求める市民集会に参加していましたが、これにともに参加していたアイヌ民
族の権利回復を求めて闘う北海道の島崎直美さんが、「昨日、橋下に抗議する院内集会に参加していた」とおっしゃっていましたが、このすばらしい集会だったことが確認できまし
た。島崎直美さんhttp://www.参議院選挙2013.biz/archives/26729952.htmlhttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/464236.html木村 幸雄yu-kimura@nifty.com

 ○−−−−−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−−−−−○ 

    ●  原発の再稼働阻止!全九州統一行動 ●
        http://ameblo.jp/yaaogi/
 川内原発・玄海原発再稼働阻止!全九州統一行動に結集しよう。

 1.● 6月2日(日)NO NUKES DAY 13時集会
   鹿児島・川内原発再稼働阻止行動!鹿児島県庁を二重、三重の人の輪で取り囲む。14:30

 2.● 6月5日(水)集合12:00。 13:00九州電力本店交渉。
    公開質問状回答の場に合わせて、各県団体 それぞれ
        川内原発、玄海原発の即時廃炉を求める要請文提出行動。
    <行動後11月行動の取りくみの実行委員会準備会>農民会館17:00

 3.● 6月26日(木)九電株主総会行動。
    ホテル・ニューオータニ福岡前に午前8時集合
    午前10時総会開始。その後、デモ・パレードを予定。

 4.● (7〜9月)玄海原発から30キロ圏内として福岡県知事への申し入れ

 5.● (11月)さよなら原発!大集会 

「さよなら原発!(11月)福岡集会」実行委員会準備会会議
日 時:6月5日(水)17:00
場 所:福岡市農民会館 中央区今泉 
       地図:http://tinyurl.com/3ev6hm5

●  原発労働裁判・梅田隆亮さん第6回口頭弁論 ●
日 時:7月17日(水)11:00 (301号大法廷)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
裁判終了後 弁護士会館3階ホールで報告集会
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第5回口頭弁論期日 5/31(金)14:00 佐賀地裁
       午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
      原告総数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内