[CML 024516] ◆5/26フクシマ飯館村から、細川さんを囲む集い

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2013年 5月 25日 (土) 23:53:19 JST


みなさんこんにちは、 
 
ぜひ、5月26日フクシマ飯館村に住む細川さんの話を直接聴きに来てください。 
 
福島現地の方と関西に住む私たちがこれからさらに力を合わせて声を上げていくために
ぜひ一人でも多くの方のご参加をよろしくお願いします。 
場所のわからない方は
JR京橋北口宝くじ売り場前にて13:40〜50までに集合して下さい。ご案内します。
 
※**********【拡散お願いします】************************** 
 
【 総被ばく社会をフクシマと共に生きる 「馬を見捨てられない」 福島県飯舘村から 
 
         牧場主・細川徳栄さんを囲むつどい 】 
 
参加費:一般800円・失業者・避難者500円 
 
 
【大阪】5月26日(日)14時 
 
場所:LAGセンター(京橋) 大阪市城東区蒲生1-6-21 
   京阪・地下鉄・JR「京橋」駅徒歩10分 
 
 地図:http://www.mapion.co.jp/address/27118/4:1:6:14/ 
★場所のわからない方は、JR京橋駅北口宝くじ売り場前に 13:40〜13:50集合してください! 
 
問い合わせ 090−5646−4273 
 
原発事故の放射能汚染のため、大部分が居住制限区域となった福島県飯舘村。 
 
祖父の代から家畜商を営んできた細川さんは、「馬は家族同然。殺処分なんてできない」とひとり村に残り、馬の世話を続ける。 
次々に死んでいく馬の検査を保健所に依頼しても「死因不明」と被ばくとの関係を認められない。 
毎時2.4マイクロシーベルトといまだ放射線量の高い村への帰還を進める行政に「この国は狂っている、ここはもう生き物が住めるとこじゃない」と憤る。 
総被ばく社会の今、私たち自身がフクシマに暮らす人々と共にどう生きていくのか、細川さんのお話を通して一緒に考え、交流しましょう。 
 
 
主催:“カネより命!99%が手をむすび世界を変える” 2013東京ZENKO実行委員会 
 Tel 03-5284-4970 Fax03-5284-4971 
 2013zenko★gmail.com (★を@に変えてください) 



CML メーリングリストの案内