[CML 024507] 【ODAで武器輸出!?】

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2013年 5月 25日 (土) 11:44:34 JST


安倍政権がODAで武器輸出!?


政府、フィリピンに巡視船供与へ 対中連携へODA活用

 安倍内閣は政府の途上国援助(ODA)により、フィリピンに巡視船を提供する方針を固めた。アジア太平洋諸国に巡視船を提供する方針は昨年4月、中国の海洋進出を踏まえた日米外務・防衛担当閣僚による共同発表で「日本のODAの戦略的活用」として明記。その初のケースとなる。

 岸田文雄外相が22日に東京都内でフィリピンのデルロサリオ外相と会談し、「フィリピン沿岸警備隊の能力向上」で一致。岸田氏は「巡視船の早期供与に向け調整する」と伝えた。フィリピンは南シナ海で、日本は尖閣諸島をめぐり東シナ海でそれぞれ中国と対立していることを念頭に、両国は海洋の安全保障面での協力推進を確認した。

 巡視船提供について、フィリピンは昨年12月に正式に要請。その後発足した安倍内閣で判断し、ODAを実施する国際協力機構(JICA)の調査団を今月にフィリピンへ送っている。

 日本は2006年にODAを使った初の武器輸出としてインドネシアへの巡視船提供を決定。ただ、当時の安倍晋三官房長官は「テロ・海賊対策に限定し使用」などを条件に三原則の例外とする談話を出した。

 今回の巡視船提供についても、安倍内閣は武器輸出三原則の例外扱いとする方向だ。前内閣までは三原則の前提とされた「国際紛争の助長回避」という理念のなし崩しが進む一方、中国は警戒感を強めそうだ。

http://www.asahi.com/politics/update/0523/TKY201305220612.html 		 	   		  


CML メーリングリストの案内