[CML 024495] Fwd: 5月26日、東京「劣化ウラン廃絶に向けて~フクシマ以後の現状と展望~」劣化ウラン研究会 総会と講演討論会

Kazashi nkazashi at gmail.com
2013年 5月 24日 (金) 21:21:51 JST


[転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦ください]

---------- 転送メッセージ ----------
From: YAMASAKI Hisataka <vfa01742 at nifty.com>
日付: 2013年5月16日 13:41
件名: [ducj 2033] 劣化ウラン廃絶に向けて~フクシマ以後の現状と展望~劣化ウラン研究会 総会と講演討論会
To: ducj at list.jca.apc.org


5月26日(日)たんぽぽ舎において、劣化ウラン研究会の総会と記念講演会を行います。福島原発震災の先行きも見通せず、さらに原発再稼働をもくろむ現政権への対応や抗議、今後の核を巡る取り組み等、大変ご多忙と存じますが、どうぞご参加くださいますようお願い申し上げます。


◆放射能兵器「劣化ウラン廃絶に向けて~フクシマ以後の現状と展望~」
劣化ウラン研究会 総会と講演討論会

☆日時:5月26日(日)午後1時から
嘉指信雄さんをお呼びして


その後 参加者と嘉指さんとで、今後の劣化ウラン廃絶の運動を、日本及び国連などの動きも見ながら、どのように進めていこうかと、意見交換。

☆ 場 所:たんぽぽ舎
☆ 資料代:1000円

劣化ウラン廃絶の取り組みは、国連での取り組みに引き続きイラクなど実際に使用された国の医師や行政からの調査報告などが出始めています。
時間とともに広がりを見せる健康被害などの実態を、私たちも検証しながら、世界から劣化ウラン兵器を廃絶し、また放射性物質による影響により健康被害を受けた人々の医療支援などにも取り組むことが大事です。

嘉指信雄さんは、ICBUW運営委員で、NO DU  ヒロシマ・プロジェクト代表としても、これまで劣化ウラン廃絶運動の先頭に立ってこられました。
嘉指さんに、最近の国際的な運動や情勢の動向をお話しいただき、今後の活動をどのように進めれば効果的に劣化ウランを禁止することが出来るか、などを話し合いたいと思います。


CML メーリングリストの案内