[CML 024463] 権力者の人民弾圧:法の解釈: 2人の弁護士のヘイトスピーチ論

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 5月 24日 (金) 04:38:44 JST


前田さん
お世話様
外国にいる住んでいる日本人が、
その地で「日本人殺せ、日本人出てけ」
と言われていたら、日本政府、日本人は
どうするのでしょうか。
法律にないから、とか言っても人道上
そのようなことを制止させるのが行政でしょう。
法律があっても権力者に都合が悪ければ
放置しています
例えば労基法違反のサービス残業・売買春業・
戦争犯罪の原爆使用・
関東大震災、朝鮮人虐殺犯人に対する逮捕等々
権力者の「法の使い分けと言い分け」を許せる
のでしょうか。
 石垣敏夫

前田 朗です
5月23日
下記の記事がありました。

敵意をむき出しにした「ヘイトスピーチ」 新たな法律で規制すべきか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000404-bengocom-soci




CML メーリングリストの案内