[CML 024415] 【6/22 PP研ラウンドテーブル】水野和夫さんをお招きして「アベノミクスは私たちをどこへ連れ出すのか――経済成長でない道を探る」

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2013年 5月 22日 (水) 14:02:41 JST


みなさん

PP研事務局の丹波です。
連続討論(ラウンドテーブル)「安倍政権とは何か、どう対決するか」の第2回
目のご案内です。

第2回目はエコノミストの水野和夫さんをお招きして、「アベノミクス」の姿に
ついて徹底討論し、脱成長の経済と暮らしを考えてみたいと思いま す。
日時は6/22(土)18時〜、場所はPP研会議室(東京メトロ有楽町線「江
戸川橋駅」最寄)です。

詳細につきましては以下をご覧ください!!
多くの方のご参集、心よりお待ちしております!


==================================

☆★以下転送・転載大歓迎★☆

【ピープルズ・プラン研究所/連続ラウンドテーブル(RT)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○ 討論! 「安倍政権とは何か、どう対決するか」○●
第2回:アベノミクスは私たちをどこへ連れ出すのか――経済成長でない道を探る
(講師:水野和夫さん)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アベノミクスで、世の中は株高とバブルに酔いつつあります。しかし、私たちが
実感しているのは、円安で食料品や石油が値上がりするだけで、賃 金は上がら
ず 非正規雇用が増える現実です。見えてくるのは、成長戦略でTPPに参加し
て農業や医療を壊し、労働者を自由に解雇できるようになる将来です。 アベノ
ミクス は、人びとがインフレを「期待」し信じれば、消費も増え、景気が良く
なるというトリックなのです。私たちは、アベノミクスと真正面から対決 し、
いまなお経済成長を夢見る時代錯誤の発想とサヨナラし、新しい経済と暮らし方
を構想していきたいと思います。

連続討論企画の第2回目になる今回は、エコノミストの水野和夫さん(埼玉大学
客員教授)をお招きし、大いに語っていただきます。水野さんは、 テレビ出演
も多いのですが、金融が暴走しリーマン・ショックを招いたグローバル経済の限
界を歴史的に明らかにし、経済成長神話を批判して注目 を浴びている論客です。
 
夏の参院選を控えた今、暴走の止まらない安倍政権への対抗軸を作り出す時です。
討論にぜひご参集ください!


◆日時:2013年6月22日(土)

◆時間:17時半開場、18時〜
(討論時間もたっぷりとります!)

◆講師:水野和夫さん
【プロフィール】
エコノミスト、埼玉大学客員教授、元三菱UFJ証券チーフエコノミスト。著書
に『金融大崩壊』(NHK生活人新書)、『資本主義という謎―― 「成長なき時
代」をどう生きるか』(共著、NHK出版新書)、『超マクロ展望 世界経済の
真実』(共著、集英社新書)など。

◆場所:ピープルズ・プラン研究所会議室
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

◆参加費:会員800円、一般1000円(困窮者・学生の割引あり)


**
『季刊ピープルズ・プラン』60号(2013年2月15日発行)では、このRTに先立
ち、「安倍政権とは何か、どう対決するか」という内 容で 討論を呼びかけ、編
集委員2名による論文を発表しました。ウェブページにもアップしましたので、
ぜひご覧ください。

【討論】〈第1回〉安倍政権とは何か、どう対決するか
◆総選挙から参院選へ─安倍政権の野望を挫くために/白川真澄<a
http://www.peoples-plan.org/jp/ppmagazine/pp60/pp60_shirakawa.pdf
◆始まった「レジーム・チェンジ」プロセスの尋常でない性格−−極右政権の目
指す「国のかたち」/武藤一羊
http://www.peoples-plan.org/jp/ppmagazine/pp60/pp60_muto.pdf
**

-- 
==============================================
ピープルズ・プラン研究所(PP研)
事務局 丹波博紀
住所: 〒112-0014
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
電話: 03-6424-5748  FAX: 03-6424-5749
URL: http://www.peoples-plan.org/jp
E-mail: ppsg at jca.apc.org
facebookページ: http://on.fb.me/NIAlYV
twitter: @ppsgj
==============================================



CML メーリングリストの案内