[CML 024390] ムトーがよみ解く自民党憲法「改正」案5.22杉並久我山

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2013年 5月 21日 (火) 18:11:52 JST


前田 朗です。

5月21日

転送です。

■第22回歴 史をたずねる会@杉並 <活かす?壊す?どうする!憲法 その1>

                 

◎安倍政権がめざす「国の形」

    ―ムトーがよみ解く自民党 憲法「改正」案

 お話:武藤一羊さん(ピープルズ・プラン研究所)

「天皇を元首とし国防軍を創設し、基本的人権を制限する」(自民党憲法改正案)

 原発事故の被害をそのままに、アベノミクスなるパウダーで浮かれ気分をふり

まき、憲法を戦前なみにかえる動きが急ピッチで進んでいます。

 1950年代から平和・社会運 動に関わり、日本・世界で活動してきた武藤一羊さ

んに自民党憲法「改正」案を読み解き、歴史的・世界的な視点から、安倍政権が

めざす「国の形」を語ってもらい、私たちの今とこれからを語りあいましょう。

☆時:2013年5月22日(水)  18:00〜20:50(17:40分開場)

☆所:久我山会館第1集会室(井の頭 線久我山駅下車、久我山病院方向へ徒歩3分)

☆講師:武藤一羊氏(アジア・太平洋資料センター、その後、ピープルズ・プラ

 ン研究所創設。安倍内閣と憲法案について『ピープルズ・プラン60号』で詳述。

 『潜在的核保有と戦後国家―フク シマ地点からの総括』他著書多数)

☆会費:600円(高校生以下無 料)、直接会場へお越し下さい。

☆連絡先:TEL03(3331)4533  丸浜 



CML メーリングリストの案内