[CML 024350] 【報告】第761日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 5月 20日 (月) 06:59:43 JST


青柳行信です。 5月20日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第761日目報告☆
   呼びかけ人賛同者5月19日2834名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★さよなら原発!福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
小雨模様で すっきりしませんでした。
二つのイベントに参加しました。
ひとつは さつき祭り、もう一つは テトラでマルシェ
さつきーはどちらかというと 大人の感じ。テトラは若者が楽しんでいる
イベントでした。
焼きそばと フルーツケーキを買って食べました。
あんくるトム工房
テトラでマルシェ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2439
さつき祭り     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2438

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆原発銀座若狭の古刹妙通寺 被爆者行脚の哲演和尚(左門 5・20−297)

※中嶌哲演師は青年時代に「原爆被爆者を行脚」することから核問題に触れ、若狭の
原発の実態を知り、全国に訴えつづけ、「原子力行政を問う宗教者の会」を推進された。 

★ 青木/宮崎 さんから: 
みなさまへ
5月17日の市民学習会がアップされています。
川内原発は危ない地に建設されています。再稼働許されません。
   ---------------------------------
・緊急市民学習会の動画「川内原発周辺の活断層について」
http://www.youtube.com/watch?v=nL8KF-BPI2k

★ 長崎県大村市の とみた さんから:
孫崎 享 さん長崎講演 2013.5.18
http://ustream.tv/channel/magosakinagasaki2013518

講演のみです。Ustreamに録画しました。うまく見れるといいのですが・・・
多くの人々に見てもらいたいとおもいます。よろしくお願いします。

★ 舩津康幸 さんから: 
おはようございます。
今朝は、はじめに東電に関する記事を続けて紹介します。
1.「柏崎刈羽の運転再開申請へ…7月の新基準施行受け」読売新聞 5月19日(日)11時10分配信 
⇒http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130518-OYT1T01329.htm
記事「・・・東京電力は、原子力発電所の新たな規制基準が7月に施行されるのを受けて、同月中に柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)1号機と7号機の運転再開を原子力規制
委員会に申請する方針を固めた。・・・崎刈羽の原子炉は、事故があった福島第一原発と同じ「沸騰水型」だ。1号機と7号機は、新基準で求められる、放射性物質の放出を抑える
「フィルター付き排気設備」の設置工事が7月中に終わるメドがついたため、運転再開申請に踏み切る。・・・・東電と安全協定を結んでいる新潟県の泉田裕彦知事は、『福島第一
原発の事故の検証結果が示されるまでは再稼働の議論はしない』として、再稼働に慎重な姿勢を崩していない。・・・・また、東電の調査で、1〜3号機と5〜7号機の原子炉
建屋直下を通る断層が20万〜33万年前に動いた痕跡があることも明らかになっている。東電は「現行の指針では活断層ではない」と説明している。これが新基準では活断層と疑
われ、再調査が求められる可能性もある。」
・・・福島第一の廃炉作業で次々と問題を起こしながら、こっそり、再稼動のために改良工事をしていた・・・とんでもない。
2.「非常用電源車3台に基準超える放射性物質…東電」読売新聞 5月17日(金)21時10分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00001132-yom-sci
記事「・・・福島第二原子力発電所(福島県)と柏崎刈羽原発(新潟県)に配備した非常用電源車3台で、法令基準を超える放射性物質が使われていたと発表した。・・・・電源車
は他にもあるため、緊急時の対応に障害はない。・・・電源車は、通常の電源を全て失った場合でも、原子炉の冷却を継続できるように導入したもの。発電装置の点火用の部品に放
射性物質が使われていた。」

3.「福島第1原発3号貯水槽から汚染水移送開始」河北新報(5/19 14:29
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130519t63031.htm
記事「・・・東電は18日、3号貯水槽に残っている汚染水約8400トンを地上タンクに移し始めた。・・・」
・・・・・昨日、他紙既報。

被災地フクシマでは、
4.「生活用水の確保急務 県が地下水活用へ」福島民報05/19 08:17
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305198497
記事「・・福島第一原発事故の避難区域再編により日中の立ち入りが可能となった避難指示解除準備、居住制限区域では、生活用水の確保が住民帰還への課題となっている。再編か
ら1年余が経過した南相馬市小高区は上水道復旧が進まず、住民の多くは水を持ち込む。旧警戒区域の富岡、大熊、双葉、浪江の4町の復旧もほとんど手付かずで、住民帰還の足か
せになりかねない状況だ。県は避難区域の生活用水確保策として地下水に着目した。今夏から地下水の水量調査、放射性物質検査に乗り出す。」
5.「3年ぶりに大歓声 再開の広野小が町内で運動会」福島民報(05/19 08:30)
http://www.minpo.jp/news/detail/201305198511
・・・・昨日、他紙既報。広野町―福島第一から南へ20〜30キロ付近に位置。
6.「子どもたち、のびのび運動 西郷でキャンプスタート」福島民友(05/19 10:00
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0519/news6.html
記事「東日本大震災、東京電力福島第1原発事故の影響で屋外活動が制限されている県内の小学生を対象に、思い切り体を動かす機会を提供する本年度の『ふみだす探検隊リフレッ
シュ・キャンプ』は18日、西郷村の国立那須甲子青少年自然の家で始まった。参加した子どもたちは、1泊2日の日程で自然との触れ合いや遊びを楽しむ。・・・来年3月末まで
全37回にわたり、同機構が全国で運営する7施設で開く。・・・2日目は同施設内の森林を散策し、木々や草花などの自然を観察する。」
・・・屋外、しかも森林??。西郷村 福島第一から西へ80キロ、ここから避難してきている人もいます。
7.「学校再開へ意向調査 双葉町7月にも開始」福島民報(05/19 08:29)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305198509
記事「意向調査では、町が幼稚園や小中学校を再開させた場合に通園、通学する意思があるかどうかなどを聞く。調査結果を基に学校の規模などを決める。設置場所は町役場機能が
移転するいわき市を中心に選考作業が進む見通し。校舎は既存の教育施設を活用する予定。」
8.「決意の田植え 旧警戒区域、田村・都路で3年ぶり」河北新報 5月19日(日)6時10分配信
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130519t65009.htm
記事「福島第1原発事故による旧警戒区域、福島県田村市都路地区で18日、田植えが行われた。都路町地区は第1原発から約15キロ。・・・『朝4時に仮設住宅を出て、田んぼ
まで車で1時間かかる。帰りは夜遅く、体力が持たない。週に何日か自宅に泊まれるよう市に要望したい』と話した。」
・・・昨日、他紙既報。
9.「原発災害情報センター開設=アウシュヴィッツ博物館に−福島」時事通信05/1918:17 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051900153
記事「・・福島第1原発事故を後世に伝える展示施設『原発災害情報センター』が19日、福島県白河市の『アウシュヴィッツ平和博物館」』小渕真理館長)の敷地内にオープンし
た。・・・同センターは広さ約140平方メートル。建設費は主に一般からの寄付金で賄われ、展示棟の外壁など一部は未完成のまま。将来的には図書館や喫茶サロンを併設する計
画。当面は、『放射能と人類の未来』と題して、立命館大国際平和ミュージアム(京都市)から提供された約30点のパネルを紹介する企画展示を行う。」
・・・白河市、福島第一から西へ80キロ。

政府等の動き、
10.「『民間提言』に経産省が関与 原発の再稼働や輸出求める」朝日新聞デジタル 5月19日(日)6時19分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130519-00000003-asahi-ind
記事「・・電力会社や原発メーカーのトップらでつくる『エネルギー・原子力政策懇談会』(会長・有馬朗人元文部相)が2月に安倍晋三首相に渡した『緊急提言』づくりに経済産
業省資源エネルギー庁がかかわり、手助けしていたことがわかった。提言は原発再稼働や輸出推進を求め、原子力規制委員会の規制基準や活断層評価を批判している。民間の提言を
使い、経産省が原発を動かしやすい環境づくりに動いている。・・・提言は『責任ある原子力政策の再構築』と題し、有馬会長を発起人とする有志名で出した。・・・」
・・・万事がこのようです。原子力ムラは継続しています。
11.「インドと原子力協定、政府合意へ 原発輸出に弾み 14年1月にも署名、海外勢と18基争奪 」(1/2ページ) 8有料記事)日本経済新聞 電子版5/20 2:00 
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS19007_Z10C13A5MM8000/?dg=1
記事「・・・インドは20年までに原発18基の建設を計画し、9兆円規模の商機を見込む。核拡散防止条約(NPT)未加盟のインドに技術管理の徹底を求めつつ、日本企業が原発を
輸出できる環境を整える。」
12.「原発の輸出、新興国で受注競争激しく 」日本経済新聞 電子版5/20 1:
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNZO55227110Q3A520C1NN1000/
記事「・・経済産業省の試算によると、2026年の世界の原発の設備容量は、11年比2.7倍の約980ギガ(ギガは10億)ワットに拡大。特にアジアでは今後20年間に約100基増える見通
し。韓国やロシア、フランスなどの官民を挙げた受注競争が激しくなっている。・・・・・政府は、日本国内の原発依存度は低減させる方針で、新設は極めて難しくなっている。日
本のメーカーにとって海外需要は重要。東芝は2月にフィンランドの原子炉建設で優先交渉権を得ている。」
・・・あの、オンカロで知られるフィンランドでも・・・。

九州では、
13.「町内会が太陽光発電 長崎・五島市黒蔵地区で稼動式」西日本05月20日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17558/1/
記事「長崎県五島市の黒蔵(くろぞう)町内会が設置した太陽光発電の稼働式が19日、同市浜町の長尾運動場であった。約1200万円の費用は町内会の積立金から支出。売電利
益を町内会の運営費に充て、2014年度から1世帯当たり年5千円の町内会費を無料にする計画だ。・・・・大櫛勝己町内会長(52)は『年金暮らしで町内会費の負担が重いと
言う高齢者が多くなった。売電で得た利益でパネルの数を増やしていければ』と話し、集まった住民と稼働を喜んだ。」 
14.「福岡市の九州エネルギー館、来館者700万人を突破」西日本05月20日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17563/1/
記事「・・・同館は1982年11月に開館。発電所から家庭まで電気が届く流れが分かる模型や、地球温暖化問題をクイズで学ぶコーナーなどがある。九電の経営合理化に伴い、
来年3月に閉館する。 」

今朝の西日本新聞では、3面に共同通信の世論調査の記事、中見出しに、
15.「再稼動反対54%に 賛成37%に 原発輸出は賛否拮抗」
・・・記事「・・・原発輸出は賛成が41%、反対48%、・・・原発再稼動反対でもそのうち20%が輸出に賛成・・・」
・・・“輸出は賛成”・・・・悩ましい回答です。
5面国際欄に、
16.「台湾で第4原発反対デモ 」5月20日 00:03
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/364662
記事「・・・立法院(国会に相当)では、建設の可否を問う住民投票案が審議されている。建設中止が成立するには、投票率が50%を超えた上で反対票が半分以上を占めなければ
ならない。建設中止には高いハードルとなっているため、この日のデモには『住民投票を実施せずに、即刻建設を停止せよ』との横断幕も登場した。・・・・第4原発は日本のメー
カーが原子炉の主要部分を担い、『日の丸原発』と呼ばれる。建設中に火災などがあり、一部専門家から安全性についての問題が指摘されている。」
23面福岡版に、14.の記事があります。
この新聞社のネットには次のような記事もありますが、紙面にはいつものようにありません。
17.「福島市民ら400人が一斉除染 自主的に市中心部で 」5月19日 17:55
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/364611

最後に、最近のNHKのニュースは気になります、昨夕6時のニュースでも、
18.「福島 避難区域再編で稚アユを放流」NHK5月19日 15時45分
⇒http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130519/k10014684901000.html
記事「ことし3月に避難区域が見直された福島県富岡町の川で、地元の漁協が川の生態系や環境を維持していこうとアユの稚魚を3年ぶりに放流しました。・・・・・漁協では今
後、アユの稚魚を毎年、放流することにしていますが、当面釣りについては自粛を呼びかけていくことにしています。」
・・・“復興”をことさら強調するニュースが目立ちます。
・・・富岡町―福島第一から南へ10〜20キロ。記事中でも釣りは自粛とあります。川底は高レベルに汚染している、と言われていることは伝えていません。

★ 下薗 さんから:
 「青柳報告760日目」で、中西さんの「即時原発ゼロの設計図」を下記ブログに掲載していることをお知らせしました。
http://ameblo.jp/amebaidks/
 しかし、原版のPDF版をネットに掲載できるようJPEG版に変えているため、読みやすい為の操作を書いておきます。
(1)ブログのページに貼り付けられた資料はそのままでは読めないため、資料の上で左ワン・クリックして下さい。
(2)次に、資料の内容が小さく見られない場合は拡大して下さい。(たぶん、画面の右上スミで)
(3)拡大した画面が右側に片寄り過ぎた場合は、画面を下までスクロール(下げて)して水平スクロールを使って左側に移動して下さい。
(4)ページ送りする時(次頁を見る時)は、マウスのポインタを資料画面に置き、左ワン・クリックして下さい。
(5)前ページを見る場合は、画面をなるべく小さく縮小すると、資料画面の左側に「<」のマークが出ますのでそれを左クリックして下さい。
※他に良い方法があるかもしれませんが、お知らせしておきます。
以上です。

 中西さんの「JSA福岡「日本の科学者」読書会資料 即時原発ゼロの設計図」を読ませてもらいました。
 ( http://ameblo.jp/amebaidks/ )
 原発を再稼働しないと電気代はもっと上がるというのが、九電などの言い分です。
 しかし、これが言えなくなりました。
 即時、原発ゼロが誰の目にも明らかになりました。
 もちろん、自然エネルギーの完全利用にはまだ時間が掛かります。
 しかし、石油や天然ガス以上に豊富な石炭に頼って、電気代を上げるどころか下げて、20年ほどの間にすべて風力などの自然エネルギーでやっていけるようになることが分かり
ました。
 今まで使えなかった品質の石炭まで使えるため、実際は高コストである原発よりはるかにコストも低いのです。
 そして、唯一、課題であったCO2の削減だけでなく、その完全除去さえ可能となりました。
 すでに、その可能性は昨年10月にテレビ朝日の「そもそも創研」で報道されていました。
( http://urx.nu/44L0 )
 しかし、中西さんのご報告では、CO2の削減・除去が8年後から2年後にまで縮まっているのです。
 ついに、経済メリット(おカネ)を主張する原発再稼働派も認めざるを得ない状況になりました。
 東京電力は、長期的発電コスト低減のため260万kwの外部電力購入の募集を始めていますが、この競争入札に神戸製鋼所がLNG利用のGTCC(140万kw)で応じています。
 いわゆるガスタービン・コンバインドサイクルです。石炭利用のIGCC(インテグレティドコール・ガシフィケーションコンバインドサイクル)より若干コスト高ですが、旧式火力
に代わり、原発より安全で実際はコスト安でもあります。(http://urx.nu/44LP )
 一昨日(18日)の農民会館での「今後のさよなら原発の取り組み方」で述べさせてもらいましたが、再稼働派とのたたかいは一般市民・国民への情報提供合戦であると思いま
す。
 又これからは、選挙期間突入であることも考える必要があります。
 2〜3人単位で、数多くの場所での言葉で語りかける街頭宣伝活動に大きな期待が持てるように思うのです。
 原発以外の問題も含めてですが、昨年末に安倍内閣の発足に合わせ、ほとんど単身でしたが目抜き通りで通勤者の退勤時間に40回ほど街宣(辻立ち?)をやって来ました。
 皆さんも、中西さんのこの報告を基に、近くの人通りの多い所で街宣活動をしませんか。
 もはや原発の必要のないことがあきらかになって来たのです。
 マスコミはあまり報道しません。
 誰もが知りたいことではないでしょうか。きっと、興味を持って聞いてくれるように思います。
 関心を寄せる人に、読んでもらうものを渡す必要があるでしょう。これから書こうと思ってます。
 ※私の使ってるマイクをTさんも買われましたが、アマゾンで電池込みで¥2000(中国製)でした。

★ 橋本 ゆき さんから:
経産省前テントひろばのハンストを大木晴子さんがブログで特集してくださっています。
http://tinyurl.com/azxfdgn

ーーーーーーーーー
<テント日誌 5/16(木) ― 経産省前テントひろば 614日目 ―> 〜 5/16〜22 連続共同ハンスト始まりました 〜

「脱原発といのちを守る裁判」の初公判5月23日(木)まで一週間となったこの日、テントひろばでは、「5/16〜22連続共同ハンスト」が始まりました。
 
この日の霞ヶ関は、午前から昼過ぎまでは五月晴れのよい天気、夕方から雨が降るあいにくの天気となりましたが、テント関係3名、男性3名(福島出身の方1名)、原発いらない福
島の女たちの2名を含む女性3名、合計9名の方がハンストに入りました。福島出身の男性と最高齢の82歳のSさんは7日間のハンストを予定されています。
また、テントひろばの連続共同ハンストに参加出来ない方達も、テントひろばの<テントでハンスト/ どこでもハンスト>の呼び掛けに応じ、この日は、福島、大阪、富山、ザンビ
アでもハンストが行われました。
午前10時にテント前で行われた集会・記者会見では、ハンスト責任者のFさんからハンスト宣言が読み上げられ、この日のハンストに参加された方から、決意が表明されました。
 
集会の模様は、こちらの映像でご覧いただけます。
http://twitcasting.tv/showering00/movie/12894660
 
<東京新聞記事>
「国の撤去提訴に抗議 脱原発テント村 ハンスト」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013051602000220.html
 
<共同通信記事>
脱原発テント前でハンスト 撤去訴訟の取り下げ求め
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051601001035.html

<MSN産経ニュース>
脱原発テント前でハンスト 市民団体メンバー「テント撤去反対」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130516/trd13051611350014-n1.htm
※共同とMSN産経ニュースの内容は、ほぼ同じ内容、写真が共通なので、共同通信配信だと思われます。
ーーーーーーーーーーーーー

第2テントのブログもよろしく
http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

◇◆◇◆ 「脱原発テントといのちを守る闘い」今後の日程 ◇◆◇◆
5月21日(火) 不当逮捕され勾留されているBさんの勾留理由開示裁判が午後3時より東京地裁の427号法廷で開かれます。
傍聴可能な人は参加しBさんを励まそう。本人の発言もありますし皆さんの顔が見えることは励ましになる。               。
5月23日(木)「明け渡し請求訴訟」第一回公判《11時》。10時地裁前集合を。午後1時から弁護士会館2FクレオAにて裁判報告集会。

★ 黒木 さんから:
たんぽぽ舎です。【TMM:No1838】2013年5月18日(土)午後 7:51より転載

┏┓
┗■1.四国・伊方原発の地元で進む:住民との話し合い=6月7日(金)−10日
(月)
 |   フクシマの話を会津弁で聞こう*木田節子さん巡回懇談会
 └──── 堀内美鈴(愛媛県松山市在住)

◎   たんぽぽ舎のみなさま、
 2012年10月8日(月)付のたんぽぽ舎メルマガ【TMM:No1602】で、四国・伊方
原発の20km圏を一軒一軒チラシを配って歩いたこと、そして、そこで出会った住
民の方から「小さな集会でもいいから、この町で」と言っていただいたことを取
り上げていただきました。
 このたび、愛媛県の南予地域(伊方原発から30圏)の皆さまと一緒に、
「フクシマの話を会津弁で聞こう」木田節子さん巡回講演会(主催:「ほんとは
いかんと思とんよ」の会)を開催することになりました。
 地域住民の皆さんがデザインしたきり絵の、素敵なポスターとチラシも完成い
たしました。みなさまの温かいご支援のおかげです。本当に感謝申し上げます。
 声に出したくても出せない「地元」の人々が、ほんとうに身近な場所で、福島
の声を聞くことができるこの機会を、どれほど、待っていてくださるか…と思い
ます。
 なにより、チラシまきで出会った、南予のお一人お一人、そして、この巡回公
演会を一緒に計画し、準備している30km圏の住民の皆さまとの出会いとつな
がりは、原発のない社会へ向けての大きな力になると思います。
             「ほんとはいかんと思とんよ」の会   世話人 

※「ほんとはいかんと思とんよ」の会:愛媛県の南予地域で月に1回程度、住民
同士で茶話会をしながらよもやま話をしています。どなたでも参加大歓迎です。
いっしょに地域や暮らしのことをお話ししましょう。

★ 安間 武 さんから:
<化学物質問題市民研究会 メールサービス 2013年5月19日 第371号 Gr400>
-----------------
反原発行動
-----------------
★全国原発関連デモ開催情報
http://www47.atwiki.jp/demomatome/

■連続共同ハンスト・座り込み行動に参加しよう!
5月16日(木)10時〜5月22日(水)正午まで
経産省前テントひろば
http://tentohiroba-saiban.info/hungerstrike.html

■東京地裁に集まろう 5月23日(木)
◆土地明け渡し訴訟第1回口頭弁論(午前10時集合 11時開廷 東京地裁429号法廷)
◆脱原発テントを守る裁判報告集会(午後1時開会 弁護士会館2階クレオA)
主催:経産省前テントひろば
http://tentohiroba-saiban.info/

■定例!毎週金曜! 首相官邸前抗議
5月24日:18時〜20時
http://coalitionagainstnukes.jp/wp-content/uploads/2013/04/MCAN_A4_May.pdf

■5月26日(日)13:00〜14:15 飯田橋しごとセンター5F セミナー室
「被ばく安全神話を問う−科学の視点、市民の視点」津田敏秀さん(岡山大学)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/526-f188.html
定員40名 (定員に達し次第締め切り)
問い合わせ:国際環境NGO FoE Japan 03-6907-7217 / 090-6142-1807

■5月31日(金)13:30〜15:30日 比谷野外音楽堂に集合
福島原発告訴団 福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める大集会
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

■6月2日(日)12:30-14:00 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 芝公園23
号地
http://sayonara-nukes.org/
パレード:14:15 終了後、首都圏反原発連合主催の「反原発☆国会大包囲」に合流
■6月2日(日)16:00〜19:00 反原発☆国会大包囲16:00〜19:00 反原発☆国会大包囲

http://coalitionagainstnukes.jp/
呼びかけ:首都圏反原発連合
協力:さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会/経産省前テント
ひろば/再稼働阻止全国ネットワーク/脱原発世界会議

----------------
原発関連情報
----------------

■民間提言」に経産省が関与 原発の再稼働や輸出求める
(朝日新聞デジタルニュース 2013年5月19日)
http://www.asahi.com/business/update/0519/TKY201305180430.html

■点検漏れ もんじゅ安全「優秀」? 文科省・自己評価「A」ばかり
(東京新聞 2013年5月18日)
"http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013051890070200.html

■東通原発:規制委調査団、東北電の説明打ち切る 報告書案、「活断層」と結論 
/青森(毎日新聞 2013年05月18日)
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20130518ddlk02040199000c.html

■除染の実施地域は対象の5%以下
(NHK News Web 2013年5月17日 19時9分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130517/k10014658411000.html

■(背信―もんじゅ点検放置)ひそかに調査、1万件浮上
(朝日新聞デジタルニュース 2013年5月17日)
http://digital.asahi.com/articles/OSK201305170033.html?ref=comkiji_txt_end_s
_kjid_OSK201305170033

■自民党、未だに国会事故調の参考人招致を拒み続け、過去の責任を認めぬまま、原
発推進とセールスを続ける (日々雑感 5月17日)
http://hibi-zakkan.net/archives/27067628.html

■敦賀「直下は活断層」断定 規制委チーム(東京新聞 2013年5月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013051690070427.html

★ 崔 勝久 さんから:
“真実の門を叩き続けて27年…” ー韓国「勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会」李國彦事務局長
http://www.oklos-che.com/2013/05/27.html

韓国在住の岡田さんの翻訳した、李國彦事務局長の「日本市民の良心を讃える感動的な文章」をご紹介します。

★ 前田 朗 さんから:
デマ垂れ流し人間が訂正も謝罪もせずに、次々と話題を変えて頬かむりしていま
すね。楽しい人たちです(笑)。

さて、橋下、石原、西村の異常な暴言、ようやく一段落したようですが、責任追
及の声を緩めるわけにはいきません。

この間の橋下発言への批判など。

「橋下市長を辞任させ、慰安婦に謝罪させる署名です/日本軍「慰安婦」問題・
関西ネットワーク」
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/3f9eaea3b2b97a481e640b53524d065d
 
青年法律家協会 大阪支部声明
 「橋下徹・大阪市長の発言に抗議する声明−「慰安婦制度は必要」、「風俗を
活用してほしい」という発言は許されない−」
http://seihokyo.web.fc2.com/20130514.html
 
 「アジア女性資料センター」HPより
 「抗議声明〜日本維新の会共同代表橋下徹大阪市長に強く抗議し、謝罪と、発
言の撤回を求めます〜」
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=793
 
 ピープルズ・プラン研究所HPより
 「日本社会をそのまま映す橋下「慰安婦」発言」(山口響(ピープルズ・プラ
ン研究所運営委員))
 http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=149
 
 共同通信「NGOが橋下氏発言批判 国連の拷問禁止委会合」
 http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051801001199.html

★ 田村さん さんから:
対話集  原田正純の遺言
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-024472

29日に刊行記念として栗原彬×佐高信の対談があります。
博多の紀伊国屋で整理券配布中。

○今月の岩波新書

山下英愛『女たちの韓流―韓国ドラマを読み解く』

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

●  原発の再稼働阻止!全九州統一行動 ●
    http://ameblo.jp/yaaogi/
「さよなら原発!福岡集会」実行委員会準備会会議
日 時:6月5日(水)17:00
場 所:福岡市農民会館 中央区今泉 
       地図:http://tinyurl.com/3ev6hm5

●  原発労働裁判・梅田隆亮さん第6回口頭弁論 ●
日 時:7月17日(水)11:00 (301号大法廷)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
裁判終了後 弁護士会館3階ホールで報告集会
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第5回口頭弁論期日 5/31(金)佐賀地裁
    原告総数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内