[CML 024344] <テント日誌 5/19(日) ― 経産省前テントひろば 617日目 ―>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2013年 5月 20日 (月) 01:10:57 JST


テント日誌 5月19日(日) 
経産省前テントひろば 617日目 連続共同ハンストも4日目だ

「テントにはみんなの希望つまってる」、「みちに咲く名もない花もいのち満ち」。通産省の『明け渡し請求訴訟』に抗議する連続共同ハンストは4日目に入った。テントではハンスト者も含めた川柳の句会が開かれていて、笑い声の中でそれぞれの句が披歴されている。いつの間にか、テントは背後の木々の緑に包まれてちょっとしたジャングルの中にあるような趣もあるが、このテントの前での川柳を吟ずるのもいいものだ。原発に抗議する声が様々の形で登場し、テント前ひろばが<ひろば>なって行くのは愉しい。こうしたことの意味をいくら語ったところで経産省の官僚たちには馬耳東風であろうが、こうした権力のありようが日本の社会を混迷化させているのだと言わねばならない。
今日の朝日新聞の朝刊には経産省が電力会社や原発メーカーのトップでつくる「エネルギー・原子力政策懇談会」が安倍首相に手渡した「緊急提言」の作成にかかわり、手助けしていたと報じている。要するに原発再稼働を求める電力会社や原子力メーカーの提言づくりに関与していた、ということだ。既得権益の保持のために原発再稼働を求める独占体の要求を助けていたのである。官僚が独占体の手助けなんて当たり前だろう、と思うかもしれないがここでちょっと待ってもらいたい。官僚は日本の国民の公僕であり、その政策委託集団であり、国民の意思を政策化する存在である。原発政策の是非が国民的に分裂し、なお、原発政策の推進に反対の部分が多数である状況の中で、一部の推進派とでも言うべき既得権益派である独占体の側に立つこと許されないのだ。原発行政がどのようにあり、そのありようが原発事故と深く結びついていたことはこの間にいろいろと露呈してきたことだが、その反省もなく原発推進に向けてこうした動きをすることは許しがたいことである。
経産省と原子力ムラと電力会社や原子力メーカーなどの独占体との癒着によって推し進められてきた原発体制が参院選挙後の原発再稼働で動きだすことを許してはならない。彼らは隠れた形でそれを推進しようとしているし、現実にはそのための動きをしている、と想像できる。この新聞報道はその一端を露呈させたといえるが、テントのある場所の「明け渡し請求訴訟」もこうした動きの一環であると考えられる。僕らはテントから深夜までの彼らの仕事を見守っているのだが、彼らのこうした所業に対して監視を強めなければならない。我々には監視カメラはないし、また、そんなもので監視はできない。我々の想像力がそれを可能にするが、再稼働の動きを睨みながら国民の声を結集し続けなければならない。脱原発や反原発には権力―体制のことが問われているのであり、原発と民主主義の問題がそこによこたわっていることをこの報道は教える。
脱原発の運動は持久戦的な様相のなかにある。テントの持続や官邸前抗議行動があり、週末には各地域での脱―反原発の運動が展開されている。原発存在地域での再稼働の動きとそれを阻止しようとする動きもある。6月初めの週末(6月2日)には大規模な国会包囲を企画されている。権力側の再稼働を突破口とする原発保持の動きに対して、我々は持久戦的な様相の中で様々な闘いを保持しているが、これまでの闘いのやり方(経験)では先の見えないこともあり、分からない状態や手探りで進むほかないところがある。悩み、考え、知恵を出し合うしかないところがある。気がついたらテントの方に足を運んでいた、テントが気になっていたと言う風にしか対応できないのかもしれないが、こういう時期や段階もあるのであり、焦らずにやって行きたい。(M/O)

◇◆◇◆ 「脱原発テントといのちを守る闘い」今後の日程 ◇◆◇◆
5月21日(火) 不当逮捕され勾留されているBさんの勾留理由開示裁判が午後3時より東京地裁の427号法廷で開かれます。傍聴可能な人は参加しBさんを励まそう。本人の発言もありますし皆さんの顔が見えることは励ましになる。                 5月22日(水)まで「明け渡し請求訴訟」に抗議する連続共同ハンスト。テント前でも、どこでもやれます。参加希望者はテントに連絡を。
5月23日(木)「明け渡し請求訴訟」第一回公判《11時》。10時地裁前集合を。午後1時から弁護士会館2FクレオAにて裁判報告集会。
◇◆◇◆「脱原発テントといのちを守る闘い」テントからのお願い ◇◆◇◆

★ 「土地明け渡し請求訴訟取り下げ署名」への協力・拡散のお願い>
現在、テントひろばでは、「土地明け渡し請求訴訟の取り下げを求めるための署名」を経産省前テントひろば受付と、インターネットでお願いしております。
「土地明け渡し請求訴訟」取り下げを求める請願署名 
http://tentohiroba.tumblr.com/post/48968694817
署名への協力、ツイッター、フェイスブック、メーリングリスト、ブログ
などでの拡散も宜しくお願いします。
★ 「かんぱ」のお願い
裁判にかかる費用を捻出するためにカンパへの協力をお願いしています。
以下の口座まで、皆様のお気持ちをお寄せ下さい。
郵便振替口座 00160−3−267170
ゆうちょ銀行 【店名】〇〇八【店番】008(普)5289163
【口座名義】経済産業省前テントひろば



CML メーリングリストの案内