[CML 024327] 【報告】第760日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 5月 19日 (日) 09:04:22 JST


青柳行信です。 5月19日。

原発の再稼働阻止!全九州統一行動
  http://ameblo.jp/yaaogi/

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第760日目報告☆
   呼びかけ人賛同者5月18日2834名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月18日1名。
     岸本和希
★さよなら原発!福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
今日の交流会は 皆様のこれからの脱原発の運動に対するご意見を
聴くことができて、有意義でした。
運動は 停滞しているように見えても、各地に広がって、さまざまな動きが
起きていること。全国的なアンケート調査で見ても、脱原発のうねりは
大きくなっていること。
また、運動が個人のレベルでの参加といったような、質的な変化が起こっていること
も
認識できました。 ありがとうございました。
あんくるトム工房
脱原発 交流会   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2437

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆国民に責任もたぬ蜃気楼の「維新」は早くも「賞味期限」に(左門 5・19−196)

※それに「従軍慰安婦」発言で内紛状態だ。人権感覚が無いだけでなく、
弾圧している彼に弁護士の資格も無いので、資格剥奪すべきであろう。
また、市長の資質も品性も無いから、リコールすべきである。
政党ととしての「維新」も賞味期限どころか毒物混入物である。

★ 深江 守(脱原発ネットワーク・九州)さんから: 
みなさま
九電は、川内・玄海再稼働に向け着々と準備を進めています。
「川内・玄海周辺には活断層なし」とマスコミを使って、宣伝していますが、真っ赤
なウソです。
再稼働阻止!緊急6月行動の案内は前回行いましたが、ますます、この全九州統一行
動が重要な意味を持ってきました。

鹿児島では、5月31日に県知事交渉、6月2日県庁包囲行動と連続的な取り組みを行
い、6月5日の九電本店交渉に合流します。

まさに、この一連の行動で、川内原発周辺は活断層だらけであることを広く知らしめ
る必要が有ります。
川内を止めることが、玄海を止めることにもつながります。

6月5日(水)九電本店交渉終了後、「さよなら原発!福岡集会」実行委員会準備会の
会議を設定しています。
時間は、17時、福岡市農民会館です。
緊急行動の案内と実行委員会準備会への呼びかけ文をご覧ください。
 6月緊急行動への皆様の参加をお願いします。
  <原発の再稼働阻止!全九州統一行動>
   http://ameblo.jp/yaaogi/

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
以前にもお話していましたが、青柳行信様のメール通信に断片的に投稿していた、
「即時原発ゼロの設計図」が完成したので、4月27日にJSA福岡「日本の科学者」読書会で講演。
<下薗紀一郎さんのブログに掲載>
http://ameblo.jp/amebaidks/

★ 金子 譲 さんから:
【Oneness TVアーカイブ:来んしゃい金曜!脱原発 第45回抗議行動(2013/5/17)】
毎週金曜日の東京の官邸前抗議行動にリンクする形で福岡で始められた、脱原発抗議行動-の45回目。
http://samadi.cocolog-nifty.com/sahasrara/2013/05/452013517-183b.html

★ 舩津康幸 さんから: 
おはようございます。
昨日から今朝にかけてネット上に貼り付けられた関連記事は少ない、今朝も“もんじゅ”の驚きの記事からはじめます。

1.「点検漏れ もんじゅ安全『優秀』? 文科省・自己評価『A』ばかり」東京新聞年5月18日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013051802100007.html
記事「高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の点検漏れ問題を引き起こした日本原子力研究開発機構と、監督官庁の文部科学省が、機構の安全管理の状況に関し、毎年「順調に
実績を上げている」などと甘い評価を続けてきたことが分かった。機構理事長の鈴木篤之氏が十七日に辞任し、一定のけじめをつけた形だが、現実を見ようとしない緩い組織の体質
が改まるかどうかは疑問だ。・・・・その一方、機構は福島第一原発の事故で、除染や事故収束に向けた技術開発など業務を拡大している面もある。国の原子力予算の約四割にあた
る千六百六十七億円(本年度)を機構が握っている。」
・・・・・なんということでしょう、身内同士でもたれあいです。組織の再生も困難を極めそうです。

次に、福島第一事故現場をめぐる一連の記事、
2.「東電、計器誤差に気づかず推計 原発汚染水の漏えい量」西日本  (5/18)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/364499
記事「・・・東電は漏えい量の推計を当初の最大約120トン(約12万リットル)から、6千分の1の約20リットルに修正した。当初は大量の放射性物質の拡散が懸念された
が、水位を測る計器の誤差が大きくなっていたことに気づかず、推計ミスにつながったという。・・・ 7カ所の地下貯水槽のうち4月5日以降、3カ所で漏えいが判明し、全ての
使用中止を決定した。」
3.「福島原発3号貯水槽から移送開始 8400トン、地上タンクへ 」西日本5月18日 12:42 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/364442
記事「・・3号貯水槽に残っている汚染水約8400トンを地上タンクに移し始めた。残る6号貯水槽でも7500トンの移送が21日に始まる見通しで、いずれも敷地南側に増設
した地上タンクに移す。・・・1号、2号貯水槽の汚染水は移送が完了しており、6月10日ごろまでに地下貯水槽の全ての汚染水が地上タンクに移されることになる」
4.「福島第1原発の廃炉がれき、容量超える恐れ 15年度試算」河北新報(5/18 09:58)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130518t63009.htm
記事「・・・現時点のがれきの総保管容量は約19万9000トンで、15年度には容量の約90%が埋まる計算になる。現在の廃炉工程でがれき保管の詳細な計画はなく、東電も
将来的な発生量を詳しく分析していない。・・・第1原発では今月、3号機建屋で毎時約540ミリシーベルトと高い線量のがれきが見つかっている。有識者検討会で東電は保管エ
リア拡大の検討や、新たな固体廃棄物貯蔵庫の基本設計に13年度内に着手し、15年度内の運用開始を目指す方針を明らかにした。・・・第1原発の安全対策を評価する原子力規
制委員会の有識者検討会に提出された東京電力のデータで分かった。」
・・・汚染水、ガレキ・・・、これらの記事をみると、もう東電が廃炉作業を指揮するのは限界にきているように思います。

被災地フクシマでは、
5.「旧警戒区域で田植え=3年ぶり、「通い農業」不安も−福島」時事通信05/1810:25 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051800136
記事「・・・福島県田村市の都路町地区で18日、田植えが行われた。・・・旧警戒区域内で出荷を前提にした田植えは、2011年3月の事故後初めて。農家は10年の春以来3
年ぶりの再開を喜ぶ一方、避難先から一時帰宅してのコメ作りに、「秋まで通い続けられるか不安」との声も聞かれる。都路町地区は第1原発から約15キロ。立ち入り禁止の警戒
区域だったが、昨年4月の再編で避難指示解除準備区域に指定された。日中は自由に立ち入りできるが、宿泊は認められていない。水田は除染が終了し、イネの放射性セシウム吸収
を抑えるカリウム肥料をまいた。出荷前には全袋検査を行う。・・・県や農林水産省によると、原発の半径20キロ圏内に設定されていた旧警戒区域のうち、都路町地区以外で
は水田の除染が進んでいない」
・・・宿泊を認められないような地域で田植え、これも変です。
6.「福島県広野町、3年ぶり運動会 児童減でも、歓声響く」西日本5月18日 11:49
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/364416
記事「・・・広野町は原発事故から半年後の11年9月に緊急時避難準備区域が解除され、役場も12年3月に福島県いわき市から戻った。・・・広野小は町で唯一の小学校で、
2012年8月に再開。児童265人のうち戻ったのは69人・・・・」
・・・・どうしたものでしょう・・・。

国会では、
7.「時効撤廃の特例法案可決 和解仲介申し立て前提」福島民友(05/18 10:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/menu.html
記事「・・衆院文部科学委員会は17日、・・・和解の仲介を申し立てている場合に限り、賠償請求権の3年の時効が過ぎても東電に賠償を求めることができるようにする特例法案
について全会一致で可決した。また、原発事故の賠償請求権について、全ての被害者が権利を失わないよう民法に定められた3年間の時効をどう取り扱うか、新たな法的措置の検討
も含め対応すべきとする付帯決議も可決した。・・・和解仲介を申し立てていない人の時効消滅までは救済できないため、本県の被災自治体や日本弁護士連合会などが時効そのもの
の撤廃を求めていた。」
・・・まだ、不備は残されたままのようです。

シェールガスをめぐる動き、
8.「シェールガス、対日輸出を認可=中部電、大ガスが参画−米政府」時事通信05/1810:00 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051800030
記事「【ワシントン時事】米エネルギー省は17日、日本など自由貿易協定(FTA)の非締結国向けの液化天然ガス(LNG)輸出申請を認可したと発表した。認可対象は中部電
力や大阪ガスと連携し、シェールガスを含むLNGの2017年からの対日輸出を目指している」
9.「天然ガスの割安調達期待=米国の対日輸出解禁に−電力業界など」時事通信05/1817:25 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051800259
記事「・・・日本のエネルギー業界は、割安な米国産ガスの調達本格化への期待を強めている。・・・電気事業連合会によると、電力10社の2012年度の発電電力量に占めるL
NG火力の比率は前年度比3ポイント増の42.5%と2年連続で過去最高を更新。東日本大震災前は3割以下だったが、原発に代わる電力源として依存度が高まっている。」

再生エネルギーのこと、
10.「五島の風力発電視察 英の環境コンサル会社 市長らと意見交換」西日本05月19日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17545/1/
記事「イギリス政府などの出資で2004年に本格稼働した『欧州海洋エネルギーセンター(EMEC)』に技術提供などを行うイギリスの環境コンサルタント会社『アクアテラ』
の社員2人が18日、長崎県五島市を訪れた。同市が導入を目指す風力発電事業の視察や関係者との意見交換を行った。・・・アクアテラ社は今回、国の海洋エネルギー実証実験事
業の誘致に取り組む五島市に知識を役立ててもらおうと訪問した。同社が支援するEMECは、イギリス北部オークニー諸島にあり、波や潮の力で作った電気を陸上に送る海底ケー
ブルや変電所などが整えられている。・・・オークニー諸島では今年中に再生可能エネルギーで消費電力が全て賄われること、EMECが稼働して同諸島の関連企業に雇用が増
えて島の人口が10年間で約1300人増えたことなどを報告した。同社のイアン・ジョンストンさん(51)は『雇用の創出と経済の発展が重要と考えていた。漁業者など地元の
人への恩恵も分析しなければならない』と語った。」
・・・貴重な情報ですね。

反原発行動、
11.「原発推進の暴走とめよう 官邸前」しんぶん赤旗5月18日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-18/2013051801_07_1.html
記事「首都圏反原発連合(反原連)は17日、「即時原発ゼロ」を求める首相官邸前抗議行動を行いました。・・・・暴走をとめようと、3000人の参加者(主催者発表)は「原発
いらない」「再稼働反対」と訴えました。・・・・反原連はこの日、原発問題をわかりやすく解説したリーフレット第2弾の配布を開始しました。・・・・」

今朝の西日本新聞紙面では、3面に、8.と9.に関連する記事があるだけでした。
12.「米シェールガス、日本へ エネ省が許可、17年にも輸出」西日本電子版05月18日 15時00分更新
⇒http://qbiz.jp/article/17535/1/

今朝は、以上です。

★ 広島の哲野イサク(Webジャーナリスト)さんから:
いつも興味深く読ませていただいています。
しかし次のコメントは若干気になりましたので余計なことながら。
:
> ☆ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
>  ☆原子力規制委員会がようやくに科学と民主主義に従い始むか(左門ー5・
> 18−295)
>  
>  ※この科学的で正当な規制委の「報告書」には、計り知れない干渉と圧力が考
> えれれる。
>  それを毅然と拒否して初めて自主独立の民主主義的な機関となる。ガンバレ!

原子力規制委員会が今整備中の「規制基準」について書く時は必ず
『原発再稼働のための規制基準』と書くことにしておりますが、基本的には
規制委は、原発・核施設を推進する立場であり、本質的に民主主義を踏まえてい
るとはいえません。
また、2012年9月に規制委が成立して以来、最初に着手した仕事は
規制基準案作成作りであり、国会事故調や政府事故調がやり残した福島原発事故の
原因分析解明の仕事に着手したのがやっとこの4月からであることを考えると
決して科学的ともいえません。規制委に科学的な思考が身についているなら、
まず福島原発事故の原因分析の仕事に着手し、それからその知見を生かす格好で
規制基準作りに着手したはずです。仕事の進め方が真逆であり、現在の規制基準の
骨子が、IAEAの安全基準のほぼコピーであることを考えるならば、科学的とはい
えません。

背景には、核の産業利用のあり方をめぐって、国際標準に沿った運用基準にすべきか
「原発安全神話」にまだ固執した運用基準にすべきかの国内の原発推進勢力内で
の対立があり、田中規制委員長や島崎委員は国際派ですが、電力業界や今回”もんじゅ”の運営主
体である旧動燃系の人たち、また今回IAEAの理事長を辞任した鈴木氏(元原子力安全委員長。
後任が醜態をさらした斑目さん)などは依然として「原発安全神話」を信奉し「安全運営」は
二の次三の次と考えている人たちです。

今回の”もんじゅ”活動停止命令は、国際派の「原発安全神話派」に対する攻撃で
あり、これを機会に
今なお色濃く残る「原発安全神話派」に対する警告だと考えることができます。

特に電力業界の「原発安全神話」固執ぶりは私たちにとって大きな脅威です。
この点では私たちの立場
規制委員会支持なのですが、かといって規制委自体は核推進のための組織であ
り、根本的には私たちの敵です。
(電力業界の無反省ぶりは目を覆うものがあります。特に関西電力、九州電力、
中国電力、東京電力、
日本原子力発電、には正気を保っている経営者はいない、と断言して憚りません)

しかし敵(国際派)の敵(原発安全神話派)は味方、という原理からすれば、
当面規制委は私たちの味方という考え方も成り立ちますし、規制委の足を
引っ張る必要もないと思いますが、基本的には日本の規制委は忠実な
国際核推進勢力の「日本支店」であり、国内の「原発安全神話派」を
一掃した暁には確実に私たちに牙を剥いてきます。

★ ギャー さんから:
詩ができました。「監獄の中から」という題です。

…点と線/線と面/面と空間/想いはひろがり/人はつながり/豊かな営み/誰もが幸せ/のはずが/?ン/つながりは断ち切られ/空間は面で仕切られ/面は線ごとに分断され/線は点に閉じこ
められる/「国境をなくせ!」/「国家をなくせ!」/

監獄の中から一つの叫び…監獄を必要とする社会は監獄そのものです。私は、他人を食い物にして成り立つ生活に「幸せ」を感じることができません。そのような「幸せ」という個
人的な(点でしかない存在の)幻想のために原発が存在し、原爆が存在し、戦争が存在しているのです。こんなもののために生きるのなんてうんざりです。そのことを私が物心ついた
時から心と体に刻みつけてくれたのが、反面教師としての私の父親です。天皇の下に形成されていた国家権力に蹂躙され、加害者として生きることを余儀なくされ、ズタズタになっ
ていた親父のやり場のない怒りを一身に受けてきた者としては(と言っても、実際にはおふくろや姉や妹、そしてご近所の方たちや彼を
取りまく人たちすべてが、彼の八つ当たりの犠牲になってきたのですが(笑))、この社会への不信と違和感を感じ、戦争の影が、血の匂いがつきまとう人と人のつながりのありようを
感じていました。 
監獄を必要とする社会は、人と人とを、私的な所有により分断し、いがみあわせます。私有財産をためこむことが唯一大切な営みと思いこまされるのは、資本の剰余価値(われわれを
こき使い、使い捨てにすることによって産み出される利潤)追求のために社会が、ひいては、世界が成り立っているからなのですよね。

世界を、すなわち、人と人との関係を、また人と自然との関係を、さらには、人と宇宙との関係を無限に豊かなものにすることができる可能性を断ち切っているのが資本主義ですよ
ね。ただし、資本主義こそ、人と人との(すなわち、人と自然との)支配ー隷属関係を、そこで生み出されてきた階級闘争の歴史において、最も単純化した時代だと、マルクスが「共
産党宣言」で突き詰めた通りだと思います。あとは、私たちの努力しだいということですよね(笑)蛇足ですが、この社会で「犯罪」が絶えず、「だから、取り締まりを厳しくし!」
という、私たちを弾圧する警察を強化するための尻押しになってしまう声が出る根本的な誤解の構造については、すでに述べた通りです。

しかし、感情の問題として、「まじめに生きているのに泥棒されたり、殺されたりしたのではたまらん」と、警察権力の強化に組する感じ方もあると思います。構造的には、警察権
力を必要とする社会の思惑に陥っているわけですけれども、他人から奪い取ったり、他人を傷つけたり、殺したりする社会の成り立ちが、個々人の間に持ちこまれている結果なので
あって、他人を傷つけたりする人がいるから監獄があるというのはウソですよね(笑)だって、戦争でたくさんの人を殺せば、ほめたたえられ、原発でたくさんの人を殺してもパクら
れないわけですからね。(原発に反対するとパクるくせにね(笑)) 

私としては、警察とか右翼(ファシスト)と仲良くする運動や、原発を爆発させた責任を取ろうとしない連中を監獄にぶち込もうとする運動には、限界があると思っています。絶望的
な状況に怒りのやり場がないことから、そのようなやり方に頼ろうとする気持ちはわかります。でも、おれは、どんなに困難と思われようとも、自らの手で下手人どもを裁きたいと
思います。それが、唯一原発(核武装)を推進する権力の息の根を止めることにつながると考えているからです。 
最後に、もう一つ詩を付け加えて終わりとします。… 

ゆっくり時は流れる/永遠の静けさは/この一瞬に/4万光年の時を超える/それは死!?/それとも生!?/すべてはきみ次第/きみ次第/死者たちがわらう(昔の字が出ない…そう言えば、
この携帯では、ことごとく、私が打とうとする文章と反対の予測が仕込まれているぞ。もっとたくさんの文章を打って、「予測」を塗り変えてやるぞ(笑))/生まれてはいない者たち
の涙/新たな呼吸ひとつ/まだ深い眠り… 
長々とお付き合いくださいまして、感謝します。

★ 石垣敏夫 さんから:
みなさん・青柳行信さん
お世話様
>『アメリカ軍には自国の兵士に規律を守らせる能力がない』

これは本質から外れています。
侵略戦争は犯罪です、規律など守れないのが自然なのです。
その基本のことを橋下、石原、安倍氏は理解していないのです。

☆先が見えない日本 侵略戦争は犯罪です。
「慰安婦制度は必要」橋下維新代表、あなたは戦争の惨(むご)さを知りません。
軍人とは一般人が殺人者に仕立てられるのです。
軍人は明日の命がわからない、だから性暴力を行うのです。
慰安所を設置するのではなく、侵略戦争をなくすことです。

「米兵は日本の風俗を利用して欲しい」橋下大阪市長、あなた何もわかっていません。 

米兵は沖縄基地から世界中に殺し屋として(手伝い含む)出かけているのです。
風俗業はいりません、沖縄から、日本から米軍基地を撤去すれば良いのです。
沖縄の女性、少女は米兵がいなければ安心して笑顔で暮らせるのです。

☆安倍首相 あなたは米国に言われ、村山元首相談話を継続すると言いました。
村山元社会党党首は侵略戦争の過ちを認めました。
二度と過ちを繰り返しません、と言いました。
安倍首相、その村山元首相談話を継続するなら、
改憲する必要はありません。
その場しのぎのいいわけは、ますます米国に利用され、隷属が深まるのです。 

☆慰安所、風俗必要論
自分(男)だけ良ければ「女性や子どものことを考えない」
◎原発も同じです
「使用済み燃料」(毒・【放射能】入りウンコ)が処理できないまま、
原発を稼動続ける、というのは、
自分の生きている時代だけよければ良い。
これを家父長制「男」思考というのです。
これがはっきりわかりました。
安倍首相、橋下、石原氏等はこの先頭に立っています。
彼等は右翼でも愛国者でもありません。
政治家ではなく政治屋であり売国者です。

☆戦争は食糧と資源の争奪で起こるのです、
日本の食糧自給率は今30%台です。これ以上TPPで自給率が下がれば
日本は世界的な天候異変や輸入国との対立が起こったとき
戦争をせざるを得なくなります。
       さいたま市 石垣敏夫

一部再掲
>(前略)戦闘に参加する兵士たちが特に強く感じるのは、数分先の自分の命がどうなるかわからない、自分で自分の命と運命をコントロールできないという非常に不安な「自己無力
感」である。多くの兵がそのため「支配力」を渇望し、そうした無力感を克服しようと攻撃的な行動に依拠するようになる。それゆえ性行動が彼らの武器となり、その結果として女
性の性が破壊される。しかし,そうした形での女性の支配と性的搾取は、精神的に荒廃し衰弱しきった兵士には、ごく瞬間的な解放しかもたらさない。したがって、兵士は自己欺瞞的
で一時的な「支配欲強姦」を繰り返し犯し続けなければならない状況に陥る(田中利幸「国家と戦時性暴力と男性性ー「慰安婦制度」を手がかりにー」宮地尚子(編著)『性的支配
と歴史ー植・ ー葬n主義から民族浄化までー』大月書店、2008年、p.106)。


○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

●  原発の再稼働阻止!全九州統一行動 ●
    http://ameblo.jp/yaaogi/
「さよなら原発!福岡集会」実行委員会準備会会議
日 時:6月5日(水)17:00
場 所:福岡市農民会館 中央区今泉 
       地図:http://tinyurl.com/3ev6hm5

●  原発労働裁判・梅田隆亮さん第6回口頭弁論 ●
日 時:7月17日(水)11:00 (301号大法廷)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
裁判終了後 弁護士会館3階ホールで報告集会
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第5回口頭弁論期日 5/31(金)佐賀地裁
    原告総数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内