[CML 024316] 女性と天皇制研究会連続講座「反逆の女たちに出逢いなおす」第6回 特別講座「第一波から第三波のフェミニズムの問い」

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2013年 5月 18日 (土) 12:59:52 JST


前田 朗です。

5月18日

転送です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女性と天皇制研究会連続講座「反逆の女たちに出逢いなおす」

第6回 特別講座「第一波から第三波のフェミニズムの問い」

女天研連続講座「反逆の女たちに出逢いなおす」特別編は、日本の初期社会主義
の研究者で大 逆事件などにも詳しいフェミニスト、クリスチーヌ・レヴィさん
とともにお届けします。第一波フェミニズム『青踏』と「新しい女」をめぐる
論争の時代から現在まで、女の歴史はフェミニズムによりどのように分析され、
アプローチされてきたのか。特に1989年以降の歴史問題、「従軍慰安婦」問題を
ふまえつつ考えてみたいと思います。

▼    ▼     ▼

私たちは先端技術の恩恵と弊害、富と貧困、排外主義と国際化、戦争と平和、
さまざまな矛盾にゆれる現代に生きる。この現代を形づくった近代の過程でその
社会に挑み、生き、死んでいった「女」たちがいた。沢山の言葉や生き様を残し
た反逆の「女」たち。私たちは時代を遡り、残された彼女たちの言葉と記録をよ
りどころに、私たちの自身の感性で、再度、彼女たちに出逢い なおしたい。現
在を生きるために。

講師:クリスチーヌ・レヴィ(Christine L?vy)さん

フランス・ボルドー大学所属。日仏会館フランス事務所、フランス国立在外共同
研究所研究 員。専門は日本の初期社会主義や日本近代思想史、女性解放運動。
訳書に幸徳秋水『廿世紀之怪物帝国主義』(警醒社書店、1901年)などがある。
現在、「青鞜」の女性解放に関する論文の紹介をフランス語で準備 中。

日時:2013年5月25日(土)18:30〜21:00

場所:文京シビックセンター5F会 議室A+B

    東京都文京区春日1-16-21

    東京メトロ 後楽園駅・丸の内線(4a・ 5番出口)南北線(5番出
口)徒歩1分)

参加費:500円

主催:女性と天皇制研究会(jotenken at yahoo.co.jp


CML メーリングリストの案内