[CML 024305] 【報告】第759日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 5月 18日 (土) 07:04:20 JST


青柳行信です。 5月18日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第759日目報告☆
   呼びかけ人賛同者5月17日2833名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月17日1名。
      匿名者
★さよなら原発!福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
今日は 金曜行動、そして暗室角打ちに参加しました。
面白かったのは 角打ちでの談話です。
日本の右翼的潮流をきちんと批判し、アジアの人々が連携して、
社会を変えなければならないという話でした。
なかなか興味深い 交流です。
あんくるトム工房
除染     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2434
暗室角打ち  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2435
来んしゃい 金曜 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2436

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆原子力規制委員会がようやくに科学と民主主義に従い始むか(左門ー5・18−295)
 
 ※この科学的で正当な規制委の「報告書」には、計り知れない干渉と圧力が考えれれる。 
 それを毅然と拒否して初めて自主独立の民主主義的な機関となる。ガンバレ! 

★ 西岡由香 さんから:
青柳さま
こんにちは。いつも大切な情報をありがとうございます!
私のつたない詩でよろしければ、<どなたでも転載>
ぜひ拡散していただけたらと思います。
「憲法かあさん」も喜ぶことでしょう。

それから一昨日、長崎大学で学生100人を前に平和講座をしてきました。
ピースボートの話が主だったのですが、福島と、96条改正とはどういうことか、
という話を25分ほどしたら、学生のレポートには、かなりの人数が「憲法改正は
気になっていたが、どういうことかわからなかった」「改正反対」「9条は大切」
と書いていてうれしくなりました。
以下、レポートから・・

「戦争をしない国として何も不自由なこともなく平和に過ごしているのに、
何故変える必要があるのか不思議だ」
「憲法改正は日頃から興味を持っていたことだった。憲法改正は個々人の
考えがあるとしても96条の改正は、議員や政治家中心の考えであって、
国民を守るはずの憲法が意味を無くしてしまうのではないかと思う」
「憲法改正によって一人一人の個性が発揮できなくなることは、国の
縮小につながってしまうのではないか、という疑問が生じた」
「今、私たちが出来ている普通のことはとても恵まれているんだと
改めて実感しました」

伝えれば、うけとめてくれる人たちがいます。
思いはこうして真珠の首飾りのようにつながっていくのですね。

★ 久間優子 さんから:
青柳様
 こんにちは。いつも内容満載のメールマガジンを途切れなく配信下さりありがとうご
ざいます。
 朝からこのメールを読むことで3月11日以降の目まぐるしい原発関連の動きになんと
か追いてゆけているようなものです。
深くお礼を申し上げます。

 先日は用事のため博多に参りましたのでテントを訪ねましたが早じまいされたようで
お会いできませんでした。本来でしたらその時にご挨拶を申し上げたかったのですが、
今日のところはメールにて失礼いたします。

★ 舩津康幸 さんから: 
おはようございます。
昨夜、「玄海も再稼働申請準備、瓜生社長会見」なるテレビ報道もありました、その記事は後段に譲り、
昨夕方7時のNHKニュースの冒頭のニュースは被災地フクシマでの除染の実態を伝える報道から紹介します。

1.「除染の実施地域は対象の5%以下」NHK19時9分報道
⇒http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130517/t10014658411000.html
記事「・・・福島第一原発の事故を受けて、福島県内で放射線量を下げるための除染が行われたのは、国や市町村が対象としている地域の5%以下にとどまっていることが、NHK
の調査で分かりました。さらに、除染が行われても、放射線量が基準とされる値まで下がらないところが多く、専門家は『除染事業の在り方を見直す時期にきている』と指摘してい
ます。これまでに除染が行われたのは、国が担当する地域では235平方キロメートルのうちおよそ9平方キロメートルと、全体のおよそ4%、市町村が担当する地域では、対象の
住宅38万戸余りのうち、およそ1万9000戸と、全体の5%以下にとどまっていることがNHKの調査で分かりました。さらに、除染が行われても、放射線量が基準とされ
る値まで下がらないところが多いことが、NHKが入手した福島県内の21の市町村のデータを分析した結果、明らかになりました。・・・・専門家『除染の在り方を見直す時期で
は』・・住民から再除染を求める声・・・・」
・・・・というような指摘、これまでに県民一人当たりにして数千万円費やした除染事業の効果がないことをいまさらながらですが、指摘していました。この事業いまだ継続されて
いるのです。こんなニュースをさらっと伝えるだけで終わらせないでほしい。

もんじゅの続報、理事長の経歴にあらためて驚く、
2.「原子力機構理事長が辞任 もんじゅ点検漏れで引責 」日経5/17 10:38 
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG1700B_X10C13A5MM0000/
記事「規制委が2月に実施した抜き打ち検査でも機器の検査不備が新たに発覚。にもかかわらず、鈴木氏は「実質的な安全性は確保されている」などと事態を軽視した発言をし、組
織の体質の問題が指摘されていた。」
2’.「原子力機構理事長が辞任 もんじゅ点検漏れ引責」東京新聞5月17日 夕刊
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013051702000232.html
記事「・・・〇五年に発足した機構の理事長には公募に応じて一〇年八月に就任。規制側から推進側に転身することに疑問の声が多く出ていた。・・・」
・・・・自ら公募に応募・・・こんな指摘をされていた人!! いままで、のほほんと居座って、とんでもないひとだったのです、
2”.“鈴木 篤之” この人、こんな人です・・・原子力ムラの一員。しかも、71歳、
⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E7%AF%A4%E4%B9%8B
・・・この中の人物説明に、・・「もんじゅのナトリウム漏洩火災事故については、背景にある『組織の隠ぺい体質』をたびたび批判していた」とあります、その人が応募して理事
長異になり組織をでたらめに運営した・・・、言語道断です!
・・・もう解体しかない、14日のメールで指摘したことは当っていると思う→再掲「・・この機構、社員の多くが電力会社の出向組等で構成されているのでは?、そのことが職員の
モラルを低め運営に大きな無責任体質を生んでいるようにも思えます、原発の問題のそこで働く人の構成が“危険性”を増長していると思います、省庁からの出世の見込みのなく
なった転出、出向、派遣、請負、重複の下請け・・・、事業所、組織の分散、・・・限りない。」
2”’.「西川福井知事『体制刷新を』=もんじゅ点検漏れで要請 」時事通信05/1718:40
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051700784
・・・トップが替わったからだけでは変わらない、ということには同感です。

敦賀原発続報、この場に及んで、まだじたばた、
3.「原電社長、やり直し要請=敦賀原発の活断層判断−規制委 」時事通信05/1717:07
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051700672
3’.「活断層「十分議論を」=原電敦賀原発−電事連会長 」時事通信05/1718:12 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051700744
・・・・・電気事業連合会の会長は、八木誠関西電力社長です。

他の原発・活断層のこと、
4.「東通原発、「活断層」見解=調査団が報告案、東北電は否定−規制委 」時事通信05/1711:54 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051700108
記事「・・・・原子力規制委員会の専門家調査団は17日、「活断層と判断する」との結論を盛り込んだ新たな報告書案を提示した。東北電の担当者も会合に呼び、4度目の意見聴
取を行ったが、同社は改めて活断層ではないと主張した。・・・・」
5.「原燃など4社 陸奥湾追加調査へ 大陸棚外縁断層に関連」河北新報(5/14 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130514t23017.htm
記事「・・青森県下北半島で原子力事業を展開する日本原燃と東北電力、リサイクル燃料貯蔵(RFS)、東京電力の4社は13日、半島東部沖に延びる『大陸棚外縁断層』を対象
とした地質構造調査の一環として、半島西部の陸奥湾でも新たに調査すると発表した。」

福島第一の汚染水保管および地下水のこと、
6.「国が県民向け説明会 第一原発地下水放出 『できる限り早い時期』」福島民報(05/17 09:00)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305178452
記事「・・経済産業省資源エネルギー庁は、原子炉建屋に流れ込む前の地下水を海洋放出する計画について、県民向け説明会を開く。同庁は地下水と汚染水の違いなど県民に十分な
理解が得られていないとして、国としても説明する必要があると判断した。」
・・・いつも上から目線での決定・・・・。
7.「あすから汚染水移送 抜本的対策示せず陳謝 第一原発3、6号地下貯水槽 東電社長会見 」」福島民報05/17 11:30
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305178470
記事「報道陣からは、抜本的な汚染水対策についても質問が飛んだ。広瀬社長は“今の時点で、『こうやります』という策を示せないのは、大変申し訳ない”と述べた。」 
8.「複数抑制策を検討 第一原発 汚染水処理対策委 廃炉ロードマップに反映」」福島民報05/17 11:30
h⇒ttp://www.minpo.jp/news/detail/201305178471
記事「・・・政府の汚染水処理対策委員会は『遮水壁の設置』や『建屋間貫通口の止水』など複数の地下水流入抑制策を組み合わせ抜本的な対策を講じる。16日、経済産業省で開
かれた会合で検討の方向性を確認した。同委員会は今月末の会合で報告書をまとめ、6月に改定が予定されている同原発の廃炉ロードマップに反映させる。」 

国会では、
9.「原発、国会事故調 参考人招致できず 不利だから?自民拒否」東京新聞5月17日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013051702100004.html
記事「国会が設置した東京電力福島第一原発事故調査委員会(国会事故調、解散)の元委員に国会が意見を聞く「参考人質疑」を開けない状況が続いている。自民党が元委員の招致
を拒否しているからだ。国会事故調の報告書は、過去の自民党政権の原子力政策を批判しており、野党側は自民党が元委員の発言で原発再稼働などに水を差されるのを嫌っていると
の見方を強め、反発している。・・・(報告書は)直接の事故原因も、津波ではなく地震である可能性が否定できないとし、政府とは異なる見解を示している。」
10.「電力会社擁護 ― 懲りない原子力ムラ議員と民主党 」HUNTER2013年5月14日 10:45
⇒http://hunter-investigate.jp/news/2013/05/-2223-542030656590-39-392111002220015022-223000232000650-39.html
記事「・・与党であろうと野党であろうと、原子力ムラの送り出した国会議員は、やはり大手電力会社の声を代弁する存在に過ぎない。・・・13日、参議院予算委員会の集中審議で
登場した民主党議員が、電力自由化や発送電分離について懸念を示す質問を連発。さらに、原発再稼働を促し、電力会社擁護の姿勢を露わにした。・・質問者は電力労組が丸抱えで
国会に送り込んだ参院議員。これまでも露骨な原発推進発言を行なってきた人物である。・・・・・・」
・・・対応する“野党”側も情けない実態・・・・・。

被災地フクシマ、
11.「原発事故ADR 宮城・丸森698人が21日申し立て」河北新報(5/17 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130517t13022.htm
記事「福島第1原発事故で精神的苦痛を受け続けているとして、宮城県丸森町筆甫地区の住民らが東電に慰謝料の増額などを求め、21日に裁判外紛争解決手続き(ADR)を原子
力損害賠償センターに申し立てることが16日、分かった。・・・住民自治組織「筆甫地区振興連絡協議会」によると、集団申し立ての参加者は272世帯698人。隣接する相馬
市など福島県内23市町村の『自主的避難対象区域』と同程度の放射線量などの被害を受けたとして、・・・・・同協議会の引地武男会長は『原発事故で地域が受けた被害は同等な
のに、県境で対応を線引きされるのは納得できない』と話している。」
12.「双葉町民の本賠償未請求900人 消滅時効排除町が国に要望」福島民報05/17 11:30
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305178469
記事「政府は4月23日に、時効が過ぎても東電に賠償を求められるようにする特例法案を閣議決定した。しかし、被災者が国の原子力損害賠償紛争解決センターに申し立て、東電
と和解交渉をしているケースが対象で、本賠償を請求せず、センターへの申し立てもしていない場合は対象にはならない方向だ。 ・・・・町によると、本賠償を請求していない理由
は『精神的賠償の金額に納得できない』『あとでまとめて請求したい』『請求の手続きが煩雑』などが考えられるという。仮払い請求もしていない町民がいる可能性がある。」
・・・・なんで被害者がいつも泣き寝入りすることになる・・・・。 
13.「心のケア相談窓口開設 福(島)大と大熊町、避難の子ども支援」福島民友(05/17 10:25)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0517/news10.html
記事「・・・会津若松市の同町役場会津若松出張所内に、子どもたちの心のケアを支援する相談窓口「ほっとルーム」を設置した。・・・・・・」
14.「山菜4品目が出荷停止 相馬や須賀川で基準値超え」福島民友(05/17 09:25)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0517/news4.html
記事「・・相馬市のコシアブラや須賀川市のゼンマイなど10市町村で採取した山菜4品目について、県に出荷停止を指示した。」
15.「県産野菜をタイで販売へ ミニトマトとアスパラ初輸出」福島民友(05/17 09:50)
http://www.minyu-net.com/news/news/0517/news6.html
記事「・・・・県や市町村、県内企業でつくる県貿易促進協議会は、・・・県産モモとリンゴの売れ行きが好調だった実績を好感、タイへの輸出拡大に向け販売促進活動を本格化さ
せる足掛かりにしたい考えだ。」
16.「大熊町でボーリング調査着手=中間貯蔵施設建設で−環境省 」時事通信05/1716:17 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051700626

電力会社、
17.「原発1.7%、過去最低=12年度の電源別発電量 」時事通信05/1712:44 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051700415
記事「・・・・電力10社の2012年度の電源別発電電力量構成比を発表した。東京電力福島第1原発事故を受けた原発停止の影響で、原発が発電電力量(9408億キロワット
時)全体に占める割合は前年度比9.0ポイント減の1.7%に低下し、比較可能な1975年度以降で最低となった。」
・・・動かさなくてもよい大飯が動いているから、こういう統計データになってしまう。
18.「九電が『地熱センター』設置 大分・平治岳周辺で新規調査へ」西日本電子版05月18日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17502/1/
記事「・・九州電力は17日、地熱発電への取り組みを強化するため、7月1日に発電本部内に地熱センターを設置すると発表した。・・・6月から大分県の由布市と竹田市、九重
町にまたがる平治岳の北側で新たに地熱調査を始める。・・・」

さて、次に朝日新聞に次のような指摘をする記事が二つ、
19.「(社説)脱原発と地元 敦賀をモデルケースに」朝日新聞5月17日
⇒http://digital.asahi.com/articles/TKY201305160550.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201305160550
記事「現状維持はもはや夢物語だ。・・・・・」 
20.「(声)被災者を愚弄する原子力政策」朝日新聞5月17日
⇒http://digital.asahi.com/articles/TKY201305160513.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201305160513
記事「・・・・・東京電力福島第一原発事故により福島県浪江町から避難して2年2カ月が経つ。避難の地の生活は、表向きには落ち着き始めている。しかし、心はますます鬱屈
(うっくつ)の度合いを深めている。・・・・ 一時帰宅の度に荒廃を増している我が家。この家屋敷と土地の維持のためにどれほどの思いと労力が代々、費やされてきたことか。本
来なら今頃は孫娘が無邪気な声をあげながら緑が多い庭を駆け回っていたはず。受け継がれてきた地での生活、味わうことができたはずの子や孫たちの故郷での生活の醍醐味(だい
ごみ)。その喪失はいかなる賠償によっても取り戻すことはできない。
 ・・・さらに鬱屈に拍車をかけているのは、国のエネルギー政策が、原発事故によって受けた我々の苦しみを忘れたかのような方向に進みつつあることへの恐れである。原発のトル
コへの輸出決定は、今なお苦難の中にいる被災者の心を愚弄(ぐろう)している。・・・・」
・・・・まったく、同感です。

こんな記事もあります、興味と時間のある方は検索してみてください。
21.「南日本新聞への警鐘」HUNTER5月10日 10:10
⇒http://hunter-investigate.jp/news/2013/05/3948.html
記事「・・・・ぼやける「原発」に対する姿勢・・・ゴールデンウィーク明けの6日、『南日本新聞』朝刊1面のトップに、『川内原発再稼働賛成39%』という大見出しが踊った。
脇には『前年比4.8ポイント増』。・・・・」
22.「呆れた屁理屈 南日本新聞のお粗末」HUNTER5月13日10:10
⇒http://hunter-investigate.jp/news/2013/05/423130510-hunter-hunter23hunter1256-423hunter2381307-1340-1434.html

今朝の西日本新聞朝刊では、15面経済欄に、18.の地熱の記事、その下に、
22.「『玄海も再稼働申請準備』 九電・瓜生社長が表明」05月18日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17504/1/
記事「九州電力の瓜生道明社長は17日、東京の電気事業連合会で記者会見し、原子力規制委員会が新安全基準を施行する7月に再稼働を申請予定の川内原発1、2号機(鹿児島県
薩摩川内市)に加え、玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)についても『(川内と)申請をそろえられるように、6月末までに準備だけは整えておきたい』と述べた。・・・規制委
は事業者からの申請を受け、最大3チームで審査にあたる方針。九電以外にも関西電力が高浜3、4号機(福井県)、四国電力が伊方3号機(愛媛県)の再稼働を、それぞれ7月に
申請する見込み。瓜生社長は「同じタイプの原子炉はまとめて審査するなど、柔軟な対応を検討していただければ」と要望。その場合は同時申請もあり得るとの認識を示した。
」
・・・あいかわらず、とんでもない。
そのすぐ下に、
23.「大和ハウスが福岡にメガソーラー 宮若市の旧貝島炭鉱跡地」05月18日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17503/1/
記事「・・・6月に着工し、再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」に基づき、10月から九州電力へ売電する計画。・・・」
14面には、
24.「消費厳しく転嫁できず、電力値上げ収益圧迫」
・・・・九州の地場企業の業績を伝える記事の中です。
きょうもこれだけです。

★ 黒木 さんから:
たんぽぽ舎です。【TMM:No1837】2013年5月17日(金)午後 7:54より転載

┏┓
┗■1.2013福島県郡山市と会津の桜の花の調査結果
 |  昨年よりも空間放射線量が下がったのに、調査結果は2倍以上に悪化
 |  年間放射線量が減ってきても、放射線の影響は段々多くなって
 |  きている事実
 └──── 近藤恭彦(たんぽぽ舎会員、福島県)

 昨年に引き続き、桜の一種であるソメイヨシノの花の異常花調査を、郡山市と
会津で行いました。ソメイヨシノで調べる理由は、全国に分布している事も大き
な理由ですが、もう一つ重要なことは、ソメイヨシノは基本的に接ぎと挿し木で
増えるので、日本全国のソメイヨシノが基本的に同じ遺伝子を持ったクローンと
考えられるからです。

 調べた場所は、福島第一原発から直線距離でおよそ60kmの郡山市開成山公園
で、北、南、西側の3か所、それから福島第一原発からの距離が100km前後の
福島県の西部、会津地方の、会津若松市、喜多方市、磐梯町です。会津地方は、
郡山市のある中通地方との間に山脈があり、中通地方と比べると、土壌の放射性
物質の量も空間放射線量も郡山市よりはずっと低い値です。(数分の一レベル)
 全て昨年と同じ木で調査しました。有為の調査になるように、高校生や大学生
と共に、人海戦術で、毎回8人くらいで調査しました。各地点の木1本につき、
800〜2500の花を調査しました。

 昨年の異常花率は、郡山市で1.6から2.6%、会津で1.6から2.2%で、意外に大き
な違いはありませんでした。今年は昨年よりも空間放射線量が下がったので、昨
年よりも低い値ではないかと予想して、調査しましたが、予想外の結果となりま
した。

 異常花率は磐梯町慧日寺の一か所で1.1%と昨年(1.8%)よりも減りましたが、
他の調査7地点では全て増えていました。
 会津では、会津若松市鶴ヶ城で3.4%(昨年2.2%)、喜多方市熊野神社長床で4.
1%(昨年1.9%)と、それぞれ昨年の1.5倍、2倍となりました。
 郡山市の調査結果は更に極端で、空間放射線量が最も低い[0.28μSv]西口の
老木でも3.4%(昨年1.6%)で、北側[0.34μSv]で9.4%(昨年1.6%)、南側[0.
42μSv]で13.3%(昨年2.6%)と、大幅に増えました。どの地点も2倍以上に増
え、北側と南側では、共に5倍以上になりました。

 異常花率が高くなったばかりではなく、1つとカウントする異常花1つあたり、
複数(多くて5種類)の異常を持った花が沢山観測されました。例えば、花弁の
数もがくの数も通常の5枚ではなく、さらに一部の花弁が重なっていて、異様に
小さい花弁が1つ2つ混ざっていて、更に雄しべやがくが花弁化していたりと、
極端な異常花が、郡山市で沢山見つかりました。
 郡山市を含む中通り地方は、まだまだ住むのには危険ではないか?と再認識致
するとともに、空間放射線量が減ってきても、放射線の影響は段々多くなってき
ている事実もわかりました。

☆[地震と原発事故情報]編集部注:たんぽぽ舎は、2004年以来、毎年、『サクラ
と環境・原発−異変桜見つかる−環境悪化・原発放射能か?』の調査をしてきて、
その報告集(1から9集)を発行してきました。今年は10年目の調査です。その調
査結果の一部分(福島県の場合)の報告です。
 全体の調査報告は、5月下旬の北海道の調査報告を待って、6月にたんぽぽ舎
のホームページで発表する予定です。(今年は印刷物の調査報告集は財政上、人
手上の理由で発行しませんのでご了承ください)

★ 吉田典子 さんから:
私は、珍しく本気で、怒ってます。
弁護士あがりとも思えない橋下氏のマヌケぶりにも腹が立ちますが、それを非難している方も抜け作加減じゃ五十歩百歩です。
橋下発言以来、四紙に目を通してますが、的を外した似たような意見ばかりが、ズラズラ!
私は、橋下氏の支持者じゃありません。
『原発は全廃が正しい!!』と思ってます。
でも、自分と意見が違うからといって、橋下氏の言う事する事、何でもかんでも否定するほど、狭量じゃありません。
私が、右にも左にも共感できない理由は、私の目には、どちらも自分に都合の悪い部分は隠して、相手の痛いとこを突ついている、と見えるからです。
本当にその通りなら、どっちも陰険で姑息で、私の好みじゃありません。
私は意見の違う相手だって、長所や正しい部分があれば、認めます。
もっとも…。
『言い負かしてやったぜ!ザマーミロ!!』
と、鼻高々な顔してる相手を見たら、
「言い分は認めるけど気に喰わねぇ!」
と、顔の真ん中を殴りたくなるでしょうが…。

新聞に
「橋下氏の在日米軍幹部に対する『風俗業活用発言』は、米軍の規律に対する無理解であり、侮辱とも受け止められたのではないか」
とあるのを読みました。
問題にすべき一番肝心なところは
『アメリカ軍には自国の兵士に規律を守らせる能力がない』
というとこです。
どんな立派な規律でも、それを持ってるだけのアメリカ軍に、侮辱されたと橋下氏を怒る資格なんて、私は認めません。
規律を守らせる事も出来ない管理者としての無能ぶりを恥じるのが先でしょう。
そもそも、アメリカ軍が自国の兵士にキチンと規律を守らせられるのなら、橋下氏の進言も必要なかった筈。
日本の政治家達のするべき事は、敗戦以後68年分の米兵による性犯罪リストを、オバマ大統領に突き付けて
「改まるのを68年、待ちました。規律を守らせられないなら、守れる兵士を派遣して下さい!!」
と要請する事です。
抗議は再三したけど改まらないから、ああいう進言が飛び出したという事を、皆、本当に解ってないんじゃないかと、思います。
政治家として失脚するリスクを冒しても、これは言わない訳にはいかない、というほど酷い現実があるからこその、発言だったんです。
今まで、沖縄の女性を守れそうな具体的な速効性のある提案をした人は、私の知る限りでは誰もいません。
話の持っていき方次第では、効果的な何らかの手立てを皆で考え、沖縄女性にとって耐え難い現実を変えるきっかけに、出来たかもしれないのに!
私が今回、もっとも苦々しく思っているのは、今まで沖縄女性を守る為に何もしないでいた男達が
「やった!
橋下のバカがドジ踏みやがった♪
引き摺り下ろしてやるいい機会だぜ!」
と、ほくそ笑んでいる事です。
米兵の性犯罪から自国の女性を守ろうとする人間に手を貸そうと思うより、邪魔なライバルを消せるチャンスを得た事に小躍りしてる奴らこそ、真の意味で女性の人権を犬の糞ほど
にも考えていない!!
そいつらは、自身の利益を守る為なら、自国の女性がどんな目に遭わされ続けようが、知ったこっちゃないんです。
まったく!
橋下氏一人失脚させたところで、お仲間の中に後釜は、いくらでもいるというのに!
私は、今回の事で、昭和52年に出版されて映画化された森村誠一の『人間の証明』を、思い出してしまいました。
米兵達に輪姦されかかっていた女性を助けた男性は、一人息子の目の前で殴り殺されます。
一人息子は、父親を助けてくれようともせず、倒れて米兵に尿を浴びせられている父親を見て、笑っている周囲の人々の方を、米兵よりも憎いと思うのです。
朝日も西日本も読売も毎日も、大きく見出しに掲げる言葉を、選んで欲しかったです。
新聞の取り上げ方次第では、世間の反応の仕方は、全く違った筈です。
そして、私は、自分の意見を発信する先が、青柳さんとこくらいしかないのを、今回ほど残念に思った事はなかったです。
性犯罪が、どれほど女性の人生に、大きな影を落とすものか、私にはよく解っているのに…。
本当に、これほど無念を感じた事は、ないです。

★ 木村幸雄 さんから:
以下の抗議文を、今回の「橋下差別発言」とこれに対する動きを通して、さまざまな人権問題(反戦や反原発や歴史認識問題や身近な差別やもちろん女性差別も)に取り組む私たち自
身が学ぶためにも、転送します。もちろん第一義的には橋下発言の問題性を明らかにし抗議するためですが。
/////
橋下発言に対し、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動から抗議文を送りました。 

*****
橋下市長の破廉恥な暴言に断固抗議します

「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、精神的にも高ぶっている猛者集団をどこかで休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要なのは誰だってわ
かる」

これほど非常識で人権感覚のかけらも見当たらない考え方を「誰だってわかる」という根拠は一体なんなのでしょうか。
どう考えても「慰安婦制度が必要だ」などとは理解できない私たちは、橋下市長、あなたから見たら「誰だって」に入らない、つまり「人」の範疇にも入らないのでしょうか。

改めて伺います。
「慰安婦」制度はなぜ「必要」なのですか。戦争に駆り出された男たちを「休息」させるため、とあなたは言うでしょう。
では、なぜ男たちを「休息」させなければならないのですか。「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて」いるから、とあなたは言うでしょう。
では、なぜ彼らは「命をかけ」なければならないのですか。

結局、あなたの論は、侵略戦争の肯定から始まっているのです。戦争を否定するならば、男たちが「命をかける」必要も、「慰安婦」制度も必要ないことが分かるはずです。
私たちは、他国を侵略し殺し奪うこと、そのような戦争に男性たちを駆り出すこと、そしてその兵士たちに「休息」を与えるために女性を性奴隷にすること、それらすべてを徹底的
に否定し、拒否します。人が人として生きていくことを守りたいと願う私たちには、あなたの言っていることの意味が全く分かりません。

これに止まらず、あなたは「普天間に行った時に、沖縄の海兵隊の司令官にもっと風俗業を活用して欲しいと言った」と臆面もなく述べています。「凍り付いたように苦笑いになっ
てしまった」司令官に対して「性的なエネルギーをある意味合法的に解消できる場所が日本にあるわけですから、もっと真っ正面からそういうとこを活用してもらわないと、海兵隊
の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできないじゃないですか、と。建前論じゃなくてもっとそういうところを活用してくださいよ」とさらに食い下がり、「もうこの
話はこれ以上やめようと打ち切られた」と、恥ずかし気もなく公表するあなたの厚顔無恥さには開いた口が塞がりません。

あなたは「なぜ日本が世界から非難されているかを日本国民は知らなければならない」と繰り返し述べています。
なぜ非難されるのか。あなたのような為政者がいるからです。
女性の人権を一顧だにせず、21世紀に生きる多くの人々が共有する人権感覚も共有できずに、女性を戦争の具として蹂躙することをよしとする立ち後れた認識が「誰にでも」共有さ
れると信じている幼稚な為政者がいるからです。

あなたは「無理矢理、強制的に、意に反して、慰安婦を拉致して、そういう職業につかせた、レイプ国家だということで世界は日本を非難している」とし、日本だけではない、世界
中のどこの国にも「慰安所」制度はあったし、「強制連行」した証拠はないと繰り返しています。
このような言説こそが、世界の人権感覚から非難されているのだという事実に、そろそろ気づいてもいいのではないですか。世界は「強制連行」を問題にしているのではありませ
ん。女性たちが「意に反して」慰安所に捕らわれ、居住の自由、外出の自由、廃業の自由、拒否する自由もない中で兵隊の性処理の相手を強要されたこと、そのような制度を軍が主
導して、軍が管理統制していたこと、そしてその事実に対して未だに日本の為政者が「官憲が暴力的に連行」していないと弁明すれば国家の威信が保たれると勘違いしている、その
人権感覚の低劣さと現状認識のお粗末さを非難しているのです。

橋下市長に要求します。
―再び日本軍「慰安婦」被害者を傷つけ、癒しがたい傷を負わせたことに対し謝罪すること
―沖縄を貶め、大阪市民ならびに日本国民が世界に対して恥をかくような発言をしたことに対し謝罪すること
―人権無視の暴言の責任をとって直ちに退陣すること

日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
共同代表  梁澄子 渡辺美奈

////////////
橋下大阪市長への抗議先
自分の行動として、みなさんも抗議の声を大阪市役所に届けてください! まだの方は今からでも。             
○大阪市HPから、「ご意見・ご要望」にアクセス
 http://www.city.osaka.lg.jp/
オンライン受付から

○秘書部 総務担当 TEL 06-6208-7231  FAX 06-6202-6950

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発!福岡
5月18日(土)懇談会 午後2時〜6時 懇親会6時〜8時
福岡市農民会館 中央区今泉1丁目

●  原発労働裁判・梅田隆亮さん第6回口頭弁論 ●
日 時:7月17日(水)11:00 (301号大法廷)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
裁判終了後 弁護士会館3階ホールで報告集会
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第5回口頭弁論期日 5/31(金)佐賀地裁
    原告総数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内