前田朗さん、田島直樹さんいいかげんにせんかい。Re: [CML 024296] Re3:「緑茶会」呼び掛け人批判

Yabuta Tohru ynntx at ybb.ne.jp
2013年 5月 17日 (金) 18:36:47 JST


藪田です。

ニューヨーク科学アカデミーは、100数十年の歴史を持つ、現代科学の啓蒙を目的とした団体です。非科学的なこととは、無縁の自然科学から宇宙、医学、先端工学など、幅広い領域のことがらに関しイベント、シンポジュウム、出版、他を行っています。

詳しくは、こちらを見てください。

THE New York Academy of Sciennces

http://www.nyas.org/default.aspx


さて、ニューヨーク科学アカデミーが、その内容に問題があるため、再販を止めたのことは、ニューヨーク科学アカデミーのホームページに書いてあります。

以下をお読みいただけば明々白々です。

http://www.nyas.org/Publications/Annals/Detail.aspx?cid=f3f3bd16-51ba-4d7b-a086-753f44b3bfc1

HPの一番上の右に

This volume is out of stock and will not be reprinted by the Academy

「この冊子の在庫はありません。ニューヨーク科学アカデミーでは、再出版はしません。」 


と書いてあるだろう。

また、下の長文のところでは、

The expressed views of the authors, or by advocacy groups or individuals 
with specific opinions about the Chernobyl volume, are their own.

「(冊子「チェルノブイリ」の内容は、)
著者ら、個別意見を持った冊子「チェルノブイリ」の内容を支持するグループか個人による表現された見解で、彼らのみのものです。」


The Academy is committed to publishing content deemed scientifically valid 
by the general scientific community, from whom the Academy carefully 
monitors feedback.


「ニューヨーク科学アカデミーは、科学的に認められた、一般的な科学界(ニューヨーク科学アカデミーは、科学界における人々から注意深くフィードバックをモニターする)によって有効とした内容を、出版(発表)に関与していきます。」


となって、この手の団体が出してしまった出版物に関しめずらしく、

「チェルノブイリ――大惨事が人びとと環境におよぼした影響」は、科学的裏付けに乏しく、内容は、アレクセイ・V.ヤブロコフらの個人的見解にすぎず、

ニューヨーク科学アカデミーでは、再出版はしませんとの趣旨が、書かれているだろうが。

100万人もチェルノブイリ原発事故で、死んだというのが信頼性の高い事実なら、今ごろ世界中のマスコミが、大々的に報道しているはずですが、どこも話題になっていないのが何よりの証拠です。





-----Original Message----- 
From: higashimoto takashi
Sent: Friday, May 17, 2013 3:34 PM
To: 市民のML
Subject: [CML 024296] Re3:「緑茶会」呼び掛け人批判

> ただ、元々の東本さんの文章に根拠があるのかどうかが問われています。

私の「元々の文章」ではありません。

> > ▼This volume is out of stock and will not be reprinted by the Academy

> この文章の前段は現在形isで、and以下の後段は未来形will not beで す。
> 「本書は在庫なし。アカデミーは再版しないだろう」、つまり、「本書(の初
> 版)は(現在)在庫なし。アカデ ミーが再犯する予定はない」ということです。

その程度の中学英語なら説明されるまでもなく私も理解しています。


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/


From: Maeda Akira
Sent: Friday, May 17, 2013 1:35 PM
To: 市民のML
Subject: Re: [CML 024291] Re2:「緑茶会」呼び掛け人批判
前田 朗です。

5月17日

東本さん

お返事ありがとうございます。

田島さんと議論するつもりはないとのこと、了解しました。

ただ、元々の東本さんの文章に根拠があるのかどうかが問われています。


田島さんが何を書いたかとは関係ありません。

東本さんは、「提出できなかったらしい。そこで廃版とした」と主張されたので
すから、「らしい」の根拠 と、「そこで」の根拠を示せなければ、二重に虚偽
の主張をしたことになってしまいます。

私はこの件について関心がないので、別にその根拠を知りたいと思っているわけ
ではありませんが。

それから、オマケですが、


>
>> > ▼This volume is out of stock and will not be reprinted by the Academy
>

この文章の前段は現在形isで、and以下の後段は未来形will not beで す。

「本書は在庫なし。アカデミーは再版しないだろう」、つまり、「本書(の初
版)は(現在)在庫なし。アカデ ミーが再犯する予定はない」ということです。



>
>
> 「再版はないため品切れ」(絶版)と訳すべきところ


と訳すべき特別の理由があるとは思えません。

いずれにせよ、本件に関心があるわけではありませんので、私もこれまでとします。

横やり失礼いたしました。




>
>
> ポイントは、「(1)当該書物には科学的根拠がない。(2)そこで廃版にし
> た」という趣旨の主張が事実かどう かです。
>
> 東本さんが、田島さんに反論するのであれば、
>
> (1)「出してこなかった」というのが、事実なのか、それとも、「らしい」と
> あるように、単なる推測なのか (誰の推測なのか)、を明らかにすること。
>
> (2)「そこで廃版にした」というのが、事実なのかを明らかにすること。「そ
> こで」と明言した根拠を示すこ と。
>
> この2点で反論すれば、みな納得するでしょう。
>
>
> この2点について答えないと、そもそも議論になりません。
>
> アマゾンが「再版されない」と書いていることを、「科学アカデミーが重版を止
> め」と訳し変えて、次に「重版を 止めるのと廃版とは同じだ」といった言葉遊
> びをしても意味がありません。
>
> 上記のことを確定させないと、「「Full Text」 をダウンロードできる」ことを
> どう理解するかについて、議論することができません。
>
>
> 失礼しました。
>
>
>
>
>
> 



CML メーリングリストの案内