[CML 024286] 【報告】第758日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 5月 17日 (金) 06:53:11 JST


青柳行信です。 5月17日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第758日目報告☆
   呼びかけ人賛同者5月15日2832名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月16日1名。
      今村保光
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
もんじゅが止まります。
敦賀2号も廃炉の模様です。
ひとつずつ、一つずつ 止めていきましょう。
あんくるトム工房  
もんじゅ再開中止  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2433

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆規制委が「もんじゅ」再開中止指示・敦賀2号機廃炉濃厚に(左門 5・17−294)
※ついに!原子力規制委員会が科学と民主主義に則って判断し、決断することを選びました。
「原発ゼロ」をめざして、果敢に・粘り強く・科学と民主主義を大切にして監視し、
意見を具申してきた全国の皆さんの実践の賜物です。
「ゼロ」への大きな第一歩です。
さらに前進しましょう!
座り込みの皆様ごくろうさま!ありがとう!

★ 田中輝子 さんから:
こんにちは。
西岡由香 さんすごいですね!!
マンガ『さよならアトミック・ドラゴン』を読んでみたら、
放射能や原発・原爆のしくみ、いのちへの影響、広島・長崎・チェルノブイリ、
そして福島後のさよなら原発アクションまで盛り込まれているのに、
一気に読めるわかりやすいストーリーで驚きました。
それだけでなく、憲法をこんなふうに書き表せるなんて素晴らしいです。
これはぜひ広めていきたいと考えます。

> 「66年目の手紙〜日本国憲法からあなたへ〜」
>
(毎回西岡さんへのコメントでごめんなさい。すっかりファンになってしまったようです。)

★ 舩津康幸 さんから: 
おはようございます。
今朝も敦賀、もんじゅの続報が続きます。先に福島第一の記事、東電社長が会見で発表を先に紹介します。

1.「東電『汚染水30リットル漏出』=貯水槽外『ごく少量』―福島第1原発」時事通信 5月16日(木)20時39分配信
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051601004
記事「東京電力の広瀬直己社長は16日、福島県楢葉町の東電福島復興本社で記者会見し、福島第1原発の地下貯水槽から漏れた放射能汚染水の量は計20〜30リットルとの推計を明らか
にした。ほとんどは貯水槽下側の溝にとどまり、土壌に流出したのは「極めて少量」としている。東電は当初、漏出量を120トン(12万リットル)と推計したが、貯水槽周辺の地下水
から検出される放射能濃度が低いことなどから見直した。広瀬社長は『地下貯水槽から漏れた事実は変わらない。周辺への影響の監視を続け、原因を究明したい』と話した。」
・・・数字の差がおおきいですね、信用してよいものか、これもあくまで推計です。

敦賀の続報、
2.「<敦賀原発>原電は徹底抗戦 2号機活断層認定で」毎日新聞 5月15日(水)23時23分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130515-00000123-mai-bus_all
記事「日本原子力発電の浜田康男社長は15日、東京都内で記者会見し「結論ありきで、公権力の行使に携わる規制当局として誠に不適切。容認できない」と徹底抗戦する構えを見
せた。」
3.「敦賀2号機廃炉濃厚 地元は反発 『3000人の仕事消えた』」産経新聞 5月16日(木)7時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130516-00000093-san-soci
記事「原子力規制委員会の専門家調査団が日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県敦賀市)直下に「活断層がある」と評価した15日、地元では「拙速な判断だ」と反発の声が上
がった。廃炉を迫られる可能性も高まり、原発敷地内を走る断層が活断層である可能性が指摘されている他の5原発の地元でも「人ごとではない」と衝撃が広がっている。
東北電力東通(ひがしどおり)原発(青森県東通村)、北陸電力志賀原発(石川県)
4.「敦賀原発、安全を最優先=菅官房長官」時事通信05/1612:19 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051600436
原発再稼働に関しては『姿勢ははっきりしている。安全基準を踏まえ、政府が粛々と判断することに尽きる』と重ねて強調した。」
・・・あくまで再稼動・・。

もんじゅ続報、
5.「もんじゅ再開準備凍結、命令内容を説明 規制庁 」日経5/16 13:34
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1601T_W3A510C1CR0000/
記事「・・・高速増殖炉原型炉「もんじゅ」で機器の点検漏れが発覚した問題で、原子力規制庁の池田克彦長官は16日、運営主体である日本原子力研究開発機構の鈴木篤之理事長を
呼び、管理体制の見直しを求める処分の内容を説明した。処分に不服があれば、機構側に弁明の機会を与えることも伝えた。機構側による弁明の期限は23日。規制庁は文書で提出す
るよう求めている。機構側の回答を待って、原子力規制委員会は月内にも原子炉等規制法に基づく正式な体制見直しの命令を出す方針だ。命令が出れば、同機構は再発防止策が整う
まではもんじゅの運転再開に向けた準備作業ができなくなる。」
6.「再発防止体制の整備指示=もんじゅ点検漏れ−文科省 」時事通信05/1614:45
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051600563
7.「機構理事長「猛省」=もんじゅ再開、年度内困難」時事通信05/1612:52 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051600464

他の原発施設、
8.「東海原発の廃炉作業公開=原電、20年度までに終了−茨城」時事通05/1620:13 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051600981
記事「日本原子力発電は16日、廃炉作業を進めている東海原発(茨城県東海村)の解体工事を報道陣に公開した。原子炉本体の解体は来年4月に始まり、2020年度までに全工
程を終える予定。東海原発は1966年、国内初の商用炉として営業運転を開始した。燃料に天然ウランを使うなど経済効率が悪く、98年に運転を停止。01年から廃炉作業に着
手した。解体で発生する低レベル放射性廃棄物は敷地内に置いているが、最終的な保管場所は決まっていない。廃炉費用は総額885億円に上る。」
・・・・事故でない施設でもこれだけの時間と手間がかかる。

9.「原発再稼働、公約明記へ=10年で農家所得倍増−自民」時事通信 05/1619:02
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051600899
記事「自民党の参院選公約は、総合政策集から重点政策として抜き出される。原案は、原発再稼働の可否について『全ての原発で3年以内の結論を目指す』とした上で、原子力規制
委員会が安全と判断した原発に関しては「地元の理解を得つつ、国が責任を持って再稼働を行う」と記した。」

10.「企業の半数、価格転嫁せず=電気料金値上げ−帝国データ調査 」時事通信05/1615:41
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051600643
記事「・・調査によると、「ほぼ全額転嫁する」と答えた企業はわずか2.4%にとどまった。「一部しか転嫁しない」は34.0%、それ以外は「分からない」だった。理由につ
いて尋ねたところ『価格競争が厳しく、価格転嫁できる環境にない』などと答える企業が多かったまた、電気料金値上げにより業績に「悪影響」と答えた割合は、農林水産業や製造
業を中心に59.8%に上った。」

被災地フクシマでは、
11.「一般車両に拡大へ 帰還困難区域の幹線道路通過」福島民報(05/16 09:27)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305168450
記事「・・政府は15日までに、市町村職員や復旧作業員らに限定していた帰還困難区域(双葉町は警戒区域)の幹線道路の特別通過交通を、条件付きで一般車両にも拡大する方向
で最終調整に入った。近く関係市町村と協議し、詳細を詰める。 関係者によると、双葉町が28日に区域再編され、警戒区域がなくなることに伴って実施する。対象を通勤者などに
絞り、浜通りを縦断する6号国道を中心に複数ルートの通行を認める方向で検討しているもようだ。」 
農漁業は、
12.「相馬のコシアブラから5400ベクレル 山菜16点で基準値超」福島民友(05/16 09:30) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0516/news2.html
記事「・・県は15日、25市町村で採取したキノコと山菜13品目63点の放射性物質検査結果を発表、11市町村の山菜6品目16点から食品の基準値(1キロ当たり100ベ
クレル)を上回る放射性セシウムが検出された。最大値は、相馬市で採取した野生のコシアブラから検出された1キロ当たり5400ベクレル。」
その一方で、
13.「20戸増え377戸 今年耕作する県内葉タバコ農家」福島民報(05/16 09:27)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305168449
記事「・・・日本たばこ産業(JT)が葉タバコ購買の際の放射性物質の畑の基準値を、前年の土壌1キロ当たり1157ベクレルから2226ベクレルに緩和したため耕作農家が
増えた。乾燥済みの葉を対象に行う購入前検査のセシウムの基準値は引き続き、1キロ当たり100ベクレルとする。・・・」
14.「漁の自粛要請を解除 久慈川のウグイで県」福島民友(05/16 09:30)
http://www.minyu-net.com/news/news/0516/news3.html
記事「県が昨年10月から今月までの間、久慈川のウグイ18点の放射性物質検査を続けた結果、最大で1キロ当たり49ベクレルの放射性セシウムが検出されたが、全てが食品の
基準値を下回った。このため県は、久慈川のウグイは基準値以下の状態が安定して確認されていると判断、自粛要請の解除に踏み切った。」
15.「放射性物質分析棟が開所 福島、農業放射線研究センター内」福島民報(05/16 09:26
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305168448
記事「・・・東京電力福島第一原発事故に伴う農作物の放射性物質対策のうち、農地の除染技術確立、水稲、大豆、ソバなど農作物への放射性物質の移行低減技術の開発を進める。
土壌や農作物に含まれる放射性物質の分析も行う。 ・・・総工費は約5億1000万円。ゲルマニウム半導体検出器4台、エックス線解析装置などを配備した。職員は10人体制と
なる。 ・・・」

反原発行動は、
16.「国の撤去提訴に抗議 脱原発テント村 ハンスト」東京新聞5月16日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013051602100013.html
記事「東京・霞が関の経済産業省前にテントを張って脱原発を訴えている市民団体メンバーらが十六日朝、テント撤去を求めて提訴した国に抗議して、一週間のハンガーストライキ
に入った。撤去訴訟の第一回口頭弁論が東京地裁で開かれる今月二十三日の前日まで続ける。・・・国内外でハンストを繰り広げる。テントは一昨年九月に設けられ、六百十四日続
いている。」

西日本新聞ネットにあった記事、
17.「風力と潮流の複合実証実験 佐賀県など、唐津沖で今秋開始を発表 」5月17日 00:03
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/364100
記事「佐賀県と、海上設備大手の三井海洋開発(東京)は16日、佐賀県唐津市沖の玄界灘で、洋上風力発電と潮流発電を組み合わせた世界初の複合型発電装置の実証実験を、今年
秋から始めると正式発表した。出力500キロワットの複合発電装置を1基設置し、一般家庭約300世帯分の電力を賄う計画。将来は離島などでの活用を目指す。装置は全長約
63メートル。羽根が海面に対して垂直に立つ縦軸型風車と、中央部に浮体と発電機、水面下に潮流発電用水車を組み合わせている。一般的なプロペラ型風車と比べ、縦軸型は風を
受ける面積が大きく、2倍の発電量が得られるという。」
18.「EU内、石炭発電1万8千人死亡 汚染物質が原因」5月16日 05:41
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/363925
記事「・・石炭火力発電所が排出する大気汚染物質で、欧州連合(EU)では年間約1万8200人が死亡するなど極めて大きな健康影響が出たとする報告書を、欧州の医療や環境
の専門家でつくる非営利組織が16日までにまとめた。」
・・・調査の意図は・・・。
19.「自然エネ導入目標、国の計画に設定を 協議会が提言」05月17日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17451/1/
記事「ソフトバンクと36道府県で構成する「自然エネルギー協議会」の総会が16日、都内であり、国が策定を進めるエネルギー基本計画に、自然エネルギーの導入目標設定と、
実現に向けた工程表作成を求める提言をまとめた。提言は同日、経済産業省などに提出された。」
20.「【人事】九州電力」05月17日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/17434/1/
21.「住民へ原発情報提供強化 鹿児島県「活用を」 5月17日 00:31
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/364144
記事「鹿児島県は、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の原子力防災対策に関する住民への情報提供を強化している。インターネットを活用し24時間、同時進行で公表する放射
線観測地点を3倍に大幅拡充したほか、原発の運転状況などを知らせる広報紙を7月から原発30キロ圏の全9万7千世帯に配る。福島第1原発事故後、住民の原発防災への関心が
高まっていることに対応した。・・・・」

今朝の西日本新聞紙面では、5面に17.と19.の記事、6面に社説、
22.「敦賀原発 難しい事業者の意識改革」
12面に、20.の記事と、
23.「九電と大阪ガスが共同輸送 豪州調達LNG]
31面社会欄に、1.東電の記事、そのすぐ横に、
24.「脱原発の会が役員削減要求、九電 株主総会議案」
・・・23.と24.の記事はネットには見当たりませんでした。

★ 筒井(福岡地区合同労組)さんから:
昨日の > 経産省前【テントひろばスタッフ逮捕に関する経緯報告】
記事の中にある5月10日の刑事弾圧に関し、

> 12日(日)の段階で、東京地検が器物損壊と経産省職員2名に
> 対する暴力行為で、Bさんを起訴し、裁判所が接見禁止つきで、
> 10日間の拘留を認めたため、

という部分は、誤りだと思います。
未だ、起訴されたわけではありません。
被疑事実に加わったにすぎません。
誤解のないように。

★ 木村(雅)さんから:
経産省前テントひろば 日誌 特別版 <フランスからのメッセージ>
フランスからテントひろばのみなさまへのメッセージ  5月16日(木)

 福島第一原発事故発生以来、危険を過小評価し、事実の隠蔽や歪曲と虚偽に終始する東電と国・自治体によって、市民は知る権利と「安全に生きて子どもを育てる」という基本的
な人権を踏みにじられました。しかし、多くの市民が抗議の声を上げ、住民の健康と命を守るためにさまざまな行動を起こし、脱原発を要求しつづけています。
2011年9月11日から経産省前につくられた「テントひろば」は、原発事故による被害と苦悩を強いられた福島の人々と彼らを支援する市民が出会い、連帯し、自由に語り合い、行動と
時間を共にする真に民主的な場となっています。この創造的な抗議と連帯の場が生まれ、存続しているのは、日本の市民運動のなかでもめざましいことであり、海外からも注目さ
れ、支援されてきました。

 わたしたち「よそものネット・フランス」(在外邦人の脱原発ネットワーク・フランス部)と「脱原発パリSortir du nucl?aire Paris(SNP)」のメンバーもテントひろばを支援
し、フランスの市民やメディアに向けて、その存在の重要さを強調してきました。よそもののメンバーの何人かは日本を訪れた際にテントひろばに立ち寄り、そこでの新たな出会い
によってネットワークを広げてきました。
今回、日本政府がテントひろばに対して撤去・土地明け渡しの請求訴訟を起こしたことや不当逮捕があったことに、わたしたちは大きな怒りを感じています。ハンストなどみなさん
の訴訟取り下げ要求の行動を支持し、フランスから支援の声を送ります。また、何らかのかたちで現地の連帯行動をおこしたいと考えています。よそものネットを通じて、フランス
だけでなく世界各地のメンバーに署名や支援行動の要請を発信したので、各地からも支援メッセージが集まると思います。

 日本は安倍政権になって脱原発とは逆方向へ舵がとられ、人々の健康と命を守ろうとする活動や脱・反原発運動への風当たりが強くなっているようです。この状況において、持続
するレジスタンス(抵抗)の象徴であるテントひろばの存在は非常に重要だと思います。日本国内のみならず、世界各地で原子力・核の廃絶を願う市民にとって、テントひろばは希
望をもたらすアゴラ(広場)です。みなさんのご健闘を心からお祈りします。わたしたちも支援の輪が広がるよう、努めていきます。 
 2013年5月16日  よそものネット・フランス Sortir du nucl?aire Paris(SNP 脱原発パリ)

経産省前テントひろば 613日目 テント日誌 5月15日(水) 
裁判も近づいてきている

政治は参院選挙に向かって動き始めている。アベノミクスと憲法96条の改憲がその争点になるようだが、原発問題も忘れてもらっては困る。安倍政権は今回の選挙では原発再稼働を
公約に掲げるようだが、前回の衆院選挙のような「三年間後に判断する」という詐欺まがいの公約は政治的信義にもとる。原発再稼働という鎧の下に、こうした衣をまとって登場し
たことを我々は忘れてはならない。今回の選挙公約でまた曖昧にしたとしても、我々はその欺瞞性を今回の選挙では見抜かなければならない。依然として原発問題は現在の政治の中
心的な課題である。
アベノミクスや憲法96条の改憲についての考えは私にもあるが、それはいずれ別の機会に語るとして、原発の是非が今回の選挙でも中心的課題であることを主張するし、選挙の過程
でもその意思表示を続けたい。テント前に座りながら外を眺めていると、いろいろの光景に出会う。というよりは目に飛び込んでくる。
播磨屋という菓子屋の車は皇太子に思いれした宣伝を書きなぐって走りまわっているが、軍服姿のおっさんが自転車でやってくる。世の中が右傾化と呼ばれる風潮にある一端が見え
てきているといえるかもしれないが、見通しがつかないという心的不安が人々にあるのだと思う。誰も不安を吹きはらってくれるような見通しのある言葉を提示できてはいない。
アベノミクスは先行き波乱を抱えた政策であり、その兆候は見えてきている。これで未来が開けたなんて思っている人は誰もいない。安倍首相の自信の背後には不安の影がちらつい
ている。それは透かし絵のように見える人には見えている。
 原発の廃棄と社会の転換は見通しを与えるビジョンであるが、それは分かっていても電力独占体などの既得権益がこれを拒んでおり、安倍政権は原発再稼働という見通しもない方向
へ歩を進めようとしているのだ。我々は権力―体制側の動きに異議申し立てをして行く日々の行為の中で、見通しを明瞭にして行くほかない。誰かが道を付けてくれるのではない。
徒労に似た行為とその中での自己問答の中にしか道はない。テント前ひろばを保持する中に、あるいは官邸前抗議行動などの行動の中でしか見えてこないのである。
どこにいようと同じかもしれないが徒労感の中で問い続けるしか道のないことも確かだ。メディアの垂れ流し的な情報にも、識者とやらの怪しげなコメントでも何かが見えてくるこ
とはない。権力―体制と確執を続けることの中にしか、その徒労に似た行為の中に未来は見えてこないし、開けはしない。風に吹かれて今日もテント前でそんな思いにとらわれてい
た。
国側からの『明け渡し請求訴訟』裁判の口頭弁論(第一回公判)が5月23日にはじまる。それを前にしての抗弁書提出と抗議のハンガーストライキがはじまる。5月16日から22日まで
だが、テントに足を運び可能な人は参加して欲しい。(M/O)

◇◆◇◆ 「脱原発テントといのちを守る闘い」今後の日程 ◇◆◇◆
5月16日(木)「明け渡し請求訴訟」抗弁書提出 テント前のハンガーストライキの開始日(5月22日まで)。参加希望者はテント受付まで。
5月23日(木)「明け渡し請求訴訟」第一回公判
◇◆◇◆「脱原発テントといのちを守る闘い」テントからのお願い ◇◆◇◆

☆「土地明け渡し請求訴訟取り下げ署名」への協力・拡散のお願い>
現在、テントひろばでは、「土地明け渡し請求訴訟の取り下げを求めるための署名」を経産省前テントひろば受付と、インターネットでお願いしております。
「土地明け渡し請求訴訟」取り下げを求める請願署名 
http://tentohiroba.tumblr.com/post/48968694817
署名への協力、ツイッター、フェイスブック、メーリングリスト、ブログ
などでの拡散も宜しくお願いします。

☆「かんぱ」のお願い
裁判にかかる費用を捻出するためにカンパへの協力をお願いしています。
以下の口座まで、皆様のお気持ちをお寄せ下さい。
郵便振替口座 00160−3−267170
ゆうちょ銀行 【店名】〇〇八【店番】008(普)5289163
【口座名義】経済産業省前テントひろば

★ 中條千尋(フィリピンAKAYプロジェクトを共に創る会・略称AKAY)さんから:
市役所、維新の会に抗議文送りました。英訳して海外にも発信するつもりです。

    5月13日橋下発言に対する抗議声明
5月13日の橋下徹大阪市長・日本維新の会共同代表の一連の発言、及びその後のツ
イッターなどでの発言について、フィリピンAKAYプロジェクトを共に創る会(略称
AKAY)は、強く抗議する。
AKAYは、貧しさのない豊かな世界で人々が暮らせることをめざし、フィリピンの女
性・子どもの教育、生活自立を支援してきた。また、アジア太平洋戦争で、性奴隷と
して旧日本軍の犠牲になったフィリピン女性を支援する団体、リラ・ピリピーナを通
じ、ロラ(おばあさん)たちの支援もしてきた。
旧日本軍が犯した性犯罪は、軍が組織として実行したという意味で極めて特異なもの
である。このことは国連人権委員会でも何度となく確認され、世界の知るところであ
る。
思い出すと、気を失うほどの怒りに身を震わせながら、旧日本軍の蛮行を語るロラた
ちは、戦争時であれ平時であれ、女性が犠牲にされることが二度と起きないようにと
いう願いから、今の世代に体験を伝えようとしてきた。彼女たちの屈辱、未来への希
望を思うと、橋下市長の発言は看過することができない。
5月13日、「慰安婦制度が必要なのは誰だってわかる」「海兵隊の性的なエネルギー
を解消するためにもっと風俗業を活用してほしい」等の橋下発言は、女性を、尊厳を
持った人間として見ていないことを示すものである。
また、この発言で、男性とは「慰安婦制度が必要」「性的エネルギーを解消するため
にもっと風俗業を活用」することが必要な存在、とするなら、それは男性に対する冒
涜でもある。
更には、「風俗業活用」発言に至っては、性的エネルギーのためとして売買春行為を
進めているに等しく、罪を犯せと言っていることとなんら変わらない。売買春は違法
行為である。
基地周辺の性犯罪を減らそうという意図だと釈明したとしても、勘違いも甚だしい。
戦争は人殺しである。戦争という名がつけば人を殺しても犯罪とはみなされない。戦
場と非戦場のはざまにある基地で暮らす兵士が精神のバランスを欠き、犯罪に及んで
いる現実がある。であるならば、その根源である戦争をなくすこと、基地をなくすこ
とでしか、犯罪はなくならない。
橋下発言は、戦争、軍隊、基地の存在を否定しないという前提の上に成り立ってい
る。
貧しさのない平和な世界の実現を目指すAKAYとしてはこの点についても強く抗議す
る。
AKAYは 橋下氏の発言に対し
 .▲献太平洋戦争時の歴史的事実を捻じ曲げるものであり
◆―性の人権を著しく侵害・冒涜するものであり、
 男性の人権をも著しく侵害・冒涜するものであり
ぁ\鐐茵Ψ蛎癲Υ霖呂鮃猟蠅垢襪發里任△襦
として強く抗議する。さらに大阪市長という、市民の人権を擁護すべき立場にある公
人の発言として決して許されるものではなく、発言の撤回、謝罪、辞任を要求する。
  フィリピンAKAYプロジェクトを共に創る会  代表 古武家育子

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発!福岡
5月18日(土)懇談会 午後2時〜6時 懇親会6時〜8時
福岡市農民会館 中央区今泉1丁目

●  原発労働裁判・梅田隆亮さん第6回口頭弁論 ●
日 時:7月17日(水)11:00 (301号大法廷)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
裁判終了後 弁護士会館3階ホールで報告集会
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第5回口頭弁論期日 5/31(金)佐賀地裁
    原告総数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内