[CML 024203] 明日5/15(水) TPP緊急学習会「ペルー交渉へ参加!&米国視察最新報告」@文京区民センター(予約優先)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2013年 5月 14日 (火) 02:27:24 JST


紅林進です。 

明日5月15日(水)に東京・文京区の文京区民センターにおいて開催されます、 
下記TPP緊急学習会のご案内をPARCの会員MLより転載させていただきます。 

※予約優先とのことです。(予約は下記へ) 

■主催・お申込み:アジア太平洋資料センター(PARC)事務局
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 
FAX.03-5209-3453
E-mail: office at parc-jp.org
 


(以下転載) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆様

PARCの主要な取り組みであるTPP交渉参加反対に関して、このたび3月の 
シンガポール交渉会合に続き、事務局長・内田聖子がペルー・リマでのTPP 
交渉会合に国際NGOとして参加することとなりました。
これに伴い、出発直前に、「いま、何が起こっているのか?」「TPP阻止に向け
これから私たちにできることは?」を集中して議論する緊急集会を開催します。
4月下旬の米国視察報告など、どこよりも早くて深い情勢報告をふまえ、ぜひ 
多くの方とともに考えたいと願っています。ぜひご参加ください!
なお文末のとおり、渡航費用を含めTPP反対活動のためのカンパを募っています。
こちらへもご協力を重ねてお願い申し上げます。集会に参加できない方、遠方の
方もご協力いただけると大変ありがたいです。皆様には現地情勢や報告を随時 
会員MLで発信していきます。


【転送・転載歓迎!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ TPPペルー交渉へ参加!&米国視察最新報告 ■□■
  交渉の実態と行方は? 米国議会は日本の参加をどう見ている?
    グローバルな反対運動とつながり、TPPを止めよう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3月15日の安倍首相の「TPP参加表明」後、米国はじめ参加国との「事前協議」が
進められ、4月下旬のAPECでは参加11ヶ国から日本の参加について承認がなされ、
米国USTRは日本の交渉参加について議会への通知を行いました。
このように次々と既成事実がつくられ、マスメディアは「参加決定」といわんば
かりのミスリード記事を垂れ流しています。しかし、自民党政権の「公約破り」
や、事前協議での「完全な敗北」、そしてこれから交渉に参加しても聖域を守る
どころか、日本には何のメリットもないことはすでに明らかです。事実、参加表
明後、全国各地では反対の声はさらに高まっています。
一方、TPP交渉自体は、前回のシンガポール交渉に続き、5月15日〜24日、ペルー
のリマにて開催されます。日本の参加問題も重要な議題になり、10月までに交渉
のほとんどを終えようとするUSTRは、これまで以上に秘密裡の交渉を加速化する
と見られています。
シンガポール交渉会合に続き、18日よりペルー交渉会合にNGOとして参加する内
田聖子(PARC事務局長)が、出発直前のこの日、シンガポール報告とペルーでの
交渉会合の見通し、グローバルなTPP反対運動について語ります。
また4月末に国会議員らと米国を訪問し、各業界団体や国会議員から情報収集と
議論をされてきた首藤信彦さん(TPPを考える国民会議)に、日本参加の最大の
鍵である米国議会、業界団体の動きについて最新の報告をしていただきます。
さらに、日本各地で沸き起こる反対運動の現状を、坂口正明さん(全国食健連事
務局長)にしていただき、これからの運動の方向や具体策についても提案いただ
きます。
「TPPは大問題!」「本当に参加しちゃうの?」と思っている方、まだ日本はTPP
に参加していません。いまから何ができるのか、私たちに何ができるのか、世界
の人びととつながり、TPPを止めるために、どこよりも早く深い最新情報&情勢
分析を共有し、議論しましょう。

■日時:2013年5月15日(水)19:00〜21:00(開場18:30)

■会場:文京区民センター 3A会議室 ※予約優先
    会場案内:http://ow.ly/kOr29 
           http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm
■スピーカー:
★「TPP交渉を牛耳る多国籍大企業と―シンガポール、ペルー交渉徹底分析」
  内田聖子(アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長)

★「米国視察報告 米国は日本の参加をどう受け止めている? 議会承認の行方は?」
  首藤信彦(TPPを考える国民会議)

★「日本各地に広がるSTOP 
TPP!の声をさらに高めよう」
  坂口正明(全国食健連事務局長)

■参加費:500円
※可能な方は、会場で呼びかける「PARC TPP交渉会合参加支援カンパ」
にぜひご協力ください(詳細下記)

■主催・お申込み:アジア太平洋資料センター(PARC)事務局
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 
FAX.03-5209-3453
E-mail: office at parc-jp.org
HP http://www.parc-jp.org/
Twitter:http://twitter.com/parc_jp

◆*◆*◆*◆*◆*◆◆*◆*◆*◆*◆*◆◆*◆*◆*◆◆*◆*◆*◆
 PARC TPP交渉会合参加支援カンパ ご協力のお願い
◆*◆*◆*◆*◆*◆◆*◆*◆*◆*◆*◆◆*◆*◆*◆◆*◆*◆*◆

PARCは国際NGOとして、これまでMAI(多国間投資協定)やWTO(世界貿易機関)
など自由貿易の推進に反対をしてきました。TPP反対もその流れの上にあります。
また「いのちより利潤の追求」にまい進する多国籍企業研究・批判にも取り組ん
でいます。
このたび、秘密裡のTPP交渉の実態をさらに把握し国内に伝えること、またグロー
バルな反TPP運動との連帯を強化することを目的に、PARCはシンガポール交渉に
続き、事務局長・内田聖子をペルー現地に派遣することにいたしました。
長年交流のある米国パブリックシチズンの協力を得て、国際NGOメンバーとして
ステークホルダー会議にも参加資格を得ています。さらには今後も日本が参加す
るという最悪のシナリオも想定しつつ、7月マレーシア、9月米国の交渉会合にも
可能な限りスタッフを派遣する方針です。
しかし限られた財政の中にあっては、十分な活動資金がまかなえない状態です。
このたび恐縮ながら、皆様にはPARCの国際的なTPP反対運動へのカンパ(渡航 
費用・情報発信経費・印刷媒体の実費など)をお願いいたします。
必要な費用はおおよそ60万円。この間のTPP関連の講演などでいただいた謝礼で
約25万円はまかなえますが、残りの約35万円をぜひカンパで賄えたらと考えてい
ます。カンパをいただいた方には、現地からの発信やその後のご報告なども改め
てさせていただきます。多くの方のご助力を得ながら、TPPの問題をさらに広く
訴え、止めるための運動をつくりたいと願っています。よろしくお願いいたしま
す!

■カンパお振込先■

●ゆうちょ銀行 
〇一九支店(019) 当座口座 0163403
 名義: 
アジア太平洋資料センター
※お名前の前に「TPPカンパ」と入れてください。またご住所、メールアドレス
等をぜひ事務局(office at parc-jp.org)にお知らせください。後日報告などをお
送り差し上げます。

●郵便振替口座:00160-4-163403 
 名義: 
アジア太平洋資料センター
※通信欄に「TPPカンパ」、お名前、ご住所、メールアドレスなどぜひお書きく
ださい。後日ご報告などお送り差し上げます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


=========================================
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC) 
PARC自由学校
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL: 
03-5209-3455 FAX: 03-5209-3453
E-mail: office at parc-jp.org
Web: http://www.parc-jp.org/
Facebook: http://www.facebook.com/parcfs
Twitter: http://twitter.com/parc_jp
=========================================       


CML メーリングリストの案内